ホーム2010第4クール(秋)>「とある魔術の禁書目録Ⅱ」

「とある魔術の禁書目録Ⅱ」感想・レビュー一覧

「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 最終話 「武装集団(スキルアウト)」(4/2)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第23話 「開戦前」(3/26)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第22話 「天罰術式」(3/13)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第21話 「学習装置(テスタメント)」(3/5)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第20話 「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」(2/26)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第19話 「木原数多(けんきゅうしゃ)」(2/19)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第18話 「検体番号(シリアルナンバー)」(2/12)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第17話 「罰ゲーム」(2/5)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第16話 「刻限のロザリオ」(1/29)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第15話 「女王艦隊」(1/22)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第14話 「水の都」(1/15)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第13話 「使徒十字(クローチェディピエトロ)」
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第12話 「天文台(ベルヴェデーレ)」(12/26)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第11話 「刺突抗剣(スタブソード)」(12/18)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第10話 「速記原典(ショートハンド)」(12/11)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第9話 「追跡封じ(ルートディスターブ)」(12/4)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第8話 「大覇星祭」(11/27)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第7話 「座標移動(ムーブポイント)」(11/20)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第6話 「残骸(レムナント)」(11/13)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第5話 「蓮の杖(ロータスワンド)」(11/7)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第4話 「魔滅の声(シェオールフィア)」(10/30)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第3話 「天草式」(レビュー)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第2話 「法の書」(レビュー)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第1話 「8月31日(さいごのひ)」10/9)

(ニュース)
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」のBD&DVD全8巻が2011年1月26日よりリリース決定(10/16)


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 最終話 「武装集団(スキルアウト)」

禁書2期もついに最終話。
そんな最終話は、前回までの展開から予想されていた通りに、物語的に中途半端なところでの締めくくりとなりました。
一応最終回なのでなにか引き的な盛り上げをやるかと思えば、それも予想を越えてなにもせずに普通にスキルアウト編を終了させたといったような貫禄の内容だったわけで、ある意味その図太さに感心しちゃうすごい最終回でしたw
引きは戦争が控えているわけで、禁書にはもはや最終回と言う形式すら必要がない!流石です。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第23話 「開戦前」

放送再開の禁書第23話は、ヴェント、木原数多とのバトルの事後処理話と次の展開への導入エピソード回でした。
最終回前のお話にしては無理に盛り上げる様子もなく、2期では回収できないであろう伏線も張りまくりで原作を淡々と消化する内容だったわけで、綺麗に終わらせる気はさらさらなく俺達の戦いはまだまだ続くぜエンドになりそうな感じです。
人気シリーズの原作モノとしてはかなりアリな終わらせ方ですが、ローマ正教との戦争の行方がかなり気になる展開になっているのですが、それをアニメで観られるのはいつになるのやらw

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第22話 「天罰術式」

禁書第22話は、当麻とアクセラレータのそれぞれのバトルに決着が付く、お約束の説教回でした。
前回までの盛り上がりで期待のバトル決着話となった今回ですが、原作未読のTV版のみの視聴者には事象が理解しにくいシーンがあって、少しドラマの完結に肩透かしをくってしまいました。
説明臭いと言われたり、説明がたりないといわれたりのなにかと難しい完結話です。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第21話 「学習装置(テスタメント)」

禁書第21話は、学園都市VSローマ正教との戦争が佳境展開に突入。
そんな今回は、相変わらずのかなりの詰め込まれた濃い内容でしたが、テンポよく次々登場するキャラたちが見せ場を演じて、それが前回の謎を暴いていく熱い展開の物語とあいまって、非常に勢いのある面白いフィルムになっていました。
特にお姉様とアクセラレータがめちゃかっこ良く描かれていて大興奮です。さらに、最後についに風斬氷華も登場し、違う意味で風斬氷華もすごいことになっていました。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第20話 「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」

第20話は、木原数多ひきいる猟犬部隊(ハウンドドッグ)に追われる一方通行(アクセラレータ)と打ち止め(ラストオーダー)のお話の続き。そこにインデックスと当麻、さらにヴェントがからんで緊迫した展開となっている今回です。
そんな今回の脚本は、水上清資からシリーズ構成の赤星政尚に変わって、どこに向かっているのかわからない原作未読者には謎だらけのいつも禁書が戻ってまいりました。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第19話 「木原数多(けんきゅうしゃ)」

第19話は、前回のアクセラレータとラストオーダーのほっこりするエピソードも束の間の学園都市を舞台とする大掛かりなバトル展開に突入するお話でした。
ついに、後期OPに登場している木原数多(きはらあまた)が登場しアクセラレータとの因縁が描かれる中、イギリス編で今後の登場を匂わされていたローマ正教のヴェントも動き出して、学園都市がえらいことになりそうな予感です。
そんな今回は、木原数多役の藤原啓治の迫力演技と水上清資の安定脚本がお話を盛り上げて面白いものになっていました。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第18話 「検体番号(シリアルナンバー)」

第18話は、前回に続いての検体番号10032号の御坂妹と、検体番号20001号の打ち止め(ラストオーダー)エピソード。
今回は、第7話の黒子編完結話と同じくザムド監督の矢島サコ美絵コンテ回で、禁書好きにはたまらない素晴らしい内容になっていたと思います。
お話は、アークビショップ達が登場し次の展開の何かしらの事件が起こる匂いを醸しつつ、今回は、一歩通行と打ち止めの絆のお話が軸に描かれる内容になっていました。そこに御坂妹や当麻とインデックスがおしゃれに交差してくる描写が秀逸なお話でした。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第17話 「罰ゲーム」

前回のイタリア編完結に続いての禁書第17話は、学園都市で繰り広げられる新章の導入エピソード。
ついに、待ちに待った新OPも登場し、新たな気持で禁書2期もクライマックス展開の足音が近づいてきております。
そんな今回は、超電磁砲の脚本家水上清資が脚本担当の御坂美琴と当麻のラブコメを中心に、御坂妹、ラストオーダー、初春飾利、白井黒子、吹寄制理、一方通行、小萌先生、ついでにインさんなどなど、学園都市キャラが勢ぞろいするお楽しみ導入回だったわけで、テンポよく次々と登場するキャラたちの見どころたっぷりの素直に面白い内容になっていたように思います。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第16話 「刻限のロザリオ」

禁書第16話は、イタリア編完結話。
今回は、OP、EDを削ってのオルソラ編完結話にも似たような詰め込み過ぎ内容で、謎解き説明会話多用の完結させるための完結エピソードだったわけで、さすがに今回を面白いというのは少し無理があるような内容になっていたように思います。
しかし、それよりも気になるのが、スケジュールが大丈夫?なのかと心配してしまう統一感のないバラバラ作画。安定していなくて物語にも入り込みにくい原因にもなっていました。作監がすごい人数でしたが全員責任ということですか?
というわけで、最後に次に繋がる展開もみせたわけで、イタリア編の完結話はこんなもんで、さあ次ですw

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第15話 「女王艦隊」

相変わらずOPが変わらない(笑)イタリア編の2話目となる第15話。
前回のラストにアニェーゼが登場したイタリア編ですが、今回はアンジェレネとルチアのローマ正教シスターコンビも登場し、第2期序盤のオルソラ編で気になっていたキャラたちの本格ヒロイン回となっていました。
アニェーゼ、ルチアのお色気シーンにインなんとかさんとはちがうおとなしい腹ペコキャラのアンジェレネ、さらにおしぼり作戦敢行中の天草式の五和と、萌え萌えキュンキュンの萌えアニメないつもの禁書な今回でした。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第14話 「水の都」

前回ついに大覇星祭編が終了し、今回からは新章のイタリア編に突入です。
イタリア編は、ひょんなことからインなんとかさんとイタリア旅行に来ることになった上条当麻が、そこでの再び登場のあのヒロインとのお色気ありバトルありの巻き込まれ系お話が再び展開しておりました。原作未読の者としましては先が気になる非常に楽しいお話に感じたわけで、新章突入エピソードとしてはかなりいい感じの今回だったと思います。
そして、今回から新EDに代わり、コンテ・演出を超電磁砲監督の長井龍雪氏が担当する超電磁砲仕様なEDとなっておりました。OPも代わるはずなのですが、もしやまだ出来ていないとか?w(ただの憶測です)

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第13話 「使徒十字(クローチェディピエトロ)」

長かった大覇星祭編の完結エピソードの今回。
その注目の決着のつき方は、禁書らしく?予想の斜め上をいくとんでもない茶番決着でしたw
マジメに観ていた人がある意味ひどい目にあうあアニメ、それが禁書。レベルが高すぎて困ります。
そんな今回は、福田道生コンテのかっちょいいバトルシーンと上々の作画の数々で当麻が熱く活躍しているように見せかけて、実は茶番解決で、ヒロインたちは当麻をべた褒めな感じのいい話なのかグダグダなのかギャグなのかさえ判別しかねる凄い話。凄いのか?w
凄いはずです。きっとギャグアニメなのですから。たぶん。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第12話 「天文台(ベルヴェデーレ)」

オリアナ姉さんとの追っかけっこの大覇星祭編もそろそろクライマックスに入ってきた今回。
そんな今回はやたらと携帯電話での会話が多い内容で、その会話劇で使徒十字(クローチェディピエトロ)の謎に迫り、オリアナ&リドヴィアを追い詰めて行くというお話でした。あとは、決着がどうなるかを待つだけですが、テレビ放送はお正月で1週お休みで決着は2週間お預けです。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第11話 「刺突抗剣(スタブソード)」

大覇星祭編4話目の今回も、オリアナ姉さんとの追っかけっこ話。
前回からのランチ休憩は一体なんだったのか(笑)と感じさせるように普通に追跡が再開となりました。
そんな今回の主役ヒロインは、姫神秋沙(ひめがみあいさ)さん。1期に当麻に助けられた吸血殺しの能力者さんですが、ほぼこの追いかけっこ無関係の彼女がオリアナにえらい目にあわされてしまいます。
今回は、姫神秋沙が襲われたことと、土御門とオリアナのはったりバトルくらいでお話がさほど進まない重要ではないエピソードかもしれませんが、その今回のデキが作画を中心によろしくないところが少し目立っていたのが残念です。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第10話 「速記原典(ショートハンド)」

今回は、前回に続いてのオリアナ=トムソンとの追いかけっこ回Part2。
オリアナのショートハンドで傷ついてしまった吹寄制理のために走る当麻と、柚木涼香がエロエロなオリアナとの熱いバトルが展開した今回です。そんな中、禁書お得意の取り引きアイテムがスタブソードじゃなかったみたいな話の腰折りで、イギリス清教ピンチの話が学園都市の崩壊および世界の危機に繋がるような大きな取り引き話になり、当麻らがそれを阻止できるのかと熱い展開に。
しかし、そんな大事件の中、当麻は父母とのランチのゆるいお話になった終盤。
短髪とインデックスが直接対決する面白い掛け合いなど、どうなっちゃうのとそちらの戦いもなんか面白くなってきております。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第9話 「追跡封じ(ルートディスターブ)」

大覇星祭編2話目の今回は、運び屋の魔術師オリアナ=トムソンと当麻、ステイル、土御門3人との追いかけっこ話。
またもやややこしい専門用語が連発する、厄介な魔術師のオリアナとの知的バトルなような展開を見せておりましたが、結局その条件で行き着いた道は、常盤台中学との玉入れ合戦に紛れ込んでの御坂美琴お姉様とのラブコメ話に。
シリアスなバトルと思わせつつ、結局はギャグ展開の見所が御坂美琴だったという今回でした。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第8話 「大覇星祭」

今回から、学園都市での大覇星祭編に突入。
今回は、当麻がありえない頻度でヒロインたちと不幸ハプニングを見せるエピソードでした。
美琴お姉様、小萌先生、インデックス達とそんな展開を見せる中、新キャラのクラスメイト・吹寄制理(ふきよせせいり)がこれまた良いキャラクターで、エッチでキュンキュンなシーンを見せまくってくれた新ヒロインでした。最後には、エロキャラのオリアナも登場し、エロ方面が充実しまくりの新章突入となった今回です。
さらに、美琴母が登場したり、刺突杭剣(スタブソード)をめぐるお話も展開する、前回の妹編の勢いを維持したかなり面白いエピソードとなっておりました。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第7話 「座標移動(ムーブポイント)」

今回は、美琴&黒子編完結話。
濃密に詰め込まれたインデックス以外の登場人物に見せ場がありまくりの熱い30分の物語が最高でした。秀逸なエピソードだったと思います。特に、いろんな表情を見せてくれたお姉様と、かっこ良すぎたアクセラレータが鳥肌モノでした。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第6話 「残骸(レムナント)」

超電磁砲おもしれー!失礼、禁書目録でした。
今回から、御坂美琴お姉さまと白井黒子登場の妹編再びです。ついに初春飾利も本編に初登場となり、さらに、ラストオーダー、アクセラレータ、ミサカ10032と畳みかけるように一期キャラも登場した、高クオリティのお姉さまと黒子の熱いお話でした。
残念ながら佐天涙子は登場しませんでしたが、やはりこちらが本編と言う事で超電磁砲に擦り寄らずにキャラの基本を示す必要があるため仕方がないような気もしました。本編がブレては外伝も錆びてしまいます。その点今回は本編らしく頑張っていたと思います。
そして、お話が禁書らしくかなりややこしかった今回。うわべだけ見てると何をしてるかも分からないサービスシーンぐらいしか頭に残らない内容で、初見では頭がパンクしちゃいそうな情報量でした。
その上、劇中会話の主語が曖昧で遠まわしな表現が多く、1期の物語と繋がりまくっている上、今回だけ見てる人への説明は一切なしという、レールガンから観始めた人や1期の記憶が曖昧な人には、お姉様は一体誰と戦っているんだ状態の絶望的に意味が分からない内容となっていいました。レベル高すぎですw

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第5話 「蓮の杖(ロータスワンド)」

オルソラ編が完結となった今回。
完結話として盛り上がったかというと、そこまで感じるような熱いバトル展開を見せなかったわけで…詰め込みすぎなのか、やたらと引っ張っていた神裂火織はバトル中は一切登場せず、ゆるキャラのアンジェレネはどこにいったのやら、天草式の人達の出番もほとんどなかったのは気になります。それぞれの心情を入れる尺はなかったのでしょうか。
そんな今回の内容は、3人のヒロインと当麻とのそれぞれの解決話に終始した形となっておりました。
所詮、禁書は当麻とヒロインのハーレム話と、驚きの話のひっくり返しでできております。それをやるための大それた戦争がオルソラ編であったようですが、設定の膨大さと、敵の多さや夜のシーンが続いたことなど映像化には難しい章であったようにも思います。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第4話 「魔滅の声(シェオールフィア)」

オルソラ編3話目の今回。
そろそろ佳境に入ってきている気もしますが、まだねーちんは動かずでクライマックスにどういう結末が待っているのか気になるところです。今回は、オルソラさんが超キュートでした。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第3話 「天草式」

「とある魔術の禁書目録Ⅱ」第3話。
今回はどんでん返しの内容でした。原作未読者は、毎回右往左往させられ騙され、結局どこの終着点に向かっているかは予想もつかないというのが本作の特徴です。そして、サプライズな結末が待っていると…。今回でそれを思い出しましたw
そんなわけで、今回は結末へのタネがまかれているであろうシーンが多々あったのですが、ヘタに予想して外すと恥ずかしいので解決編をおとなしく待った方が無難な気もします。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第2話 「法の書」

「とある魔術の禁書目録Ⅱ」第2話。
前回の作品紹介エピソードを経て、ついに本編再開となった今回。福田道生コンテ回でついに本気モードに突入です。
これぞ禁書目録と云うような今回の内容で、前回の謎のオッサンエピソードは、ちょっとなかった事にしたい気もしましたw
しかし、1期と同じく原作未読者(管理人も)にとっては、1回通して観ただけでは理解するのが大変な詰め込み内容で、本作を楽しむのには少し人物関係や組織名を覚える努力も必要なことも確かかと思われます。
そんな今回は新キャラのローマ正教のシスター達が登場し、見事な萌えアニメぶりを見せてくれました。

続きを読む


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」 第1話 「8月31日(さいごのひ)」

待望の「とある魔術の禁書目録」第2期がスタート。
第1話は、上条当麻の幻想殺し(イマジンブレイカー)とインデックスの10万3000冊の魔道書を説明し直すような、第2期の導入エピソードでした。超電磁砲を意識するような場面もあったり、お姉さまこと御坂美琴の見せ場シーンもばっちりで「とある」の世界が戻ってきたと感じられるような第1話でした。
しかし、万人向けのレールガンと比べると、やはり本作は癖がある作品で、終わってみればギロロのような恥ずかしいギャグキャラだった中田譲治演じる魔術師のストーリー演出など、レールガンよりはちょっと人を選ぶ作品に今期もなりそうです。

続きを読む



「とある魔術の禁書目録Ⅱ」放送前基本情報

ライトノベル原作「とある魔術の禁書目録(インデックス)」の アニメ第2期。
2008年の第1期TVアニメから、スピンオフ作品「とある科学の超電磁砲」のアニメの大ヒットを経て、満を持しての本編第2期の放送となります。全24話。
■放送スケジュール
○TOKYO MX 10月8日(金)25:30~
○MBS 10月9日(土)25:58~
○テレ玉 10月9日(土)25:30~
○チバテレビ 10月9日(土)25:35~
○tvk 10月9日(土)26:15~
○AT-X 10月8日(金)23:30~
○CBC 10月13日(水)26:30~

MXと同日ですが、AT-Xが最速となった模様。全体的に放送日は固まっております。
※ニコニコ動画他でも配信。詳細こちら

「禁書目録Ⅱ」×「俺妹」コラボCM ver.桐乃

AT-Xにて、コミケPVが放送(8/28)
その初春飾利が確認できるPVはこちら:


とある魔術の禁書目録<インデックス> 公式サイト
とある魔術の禁書目録 - Wikipedia
とある魔術の禁書目録II AT-X ワンランク上のアニメ専門チャンネル
ASCII.jp:期待の秋アニメ「とある魔術の禁書目録」収録直前インタビュー

「とある魔術の禁書目録Ⅱ」
■スタッフ
原作:鎌池和馬
原作イラスト:灰村キヨタカ
監督:錦織博
アニメーションキャラクターデザイン:田中雄一
シリーズ構成:赤星政尚
音響監督:蝦名恭範
音楽:I've sound、井内舞子
アニメーション制作:J.C.STAFF

■キャスト
上条当麻:阿部敦
インデックス:井口裕香
御坂美琴:佐藤利奈
神裂火織:伊藤静
ステイル=マグヌス:谷山紀章
土御門元春:勝杏里
小萌:こやまみきこ
白井黒子:新井里美
アクセラレータ:岡本信彦

オープニング&エンディングテーマリリース決定(9/2)
OPは、1期と同じく川田まみさんが担当。川田まみ GENEON UNIVERSAL OFFICIAL SITE
EDは、「学園黙示録H.O.T.D」でEDテーマを12曲担当することで注目される黒崎真音(まおん)さんに決定。
黒崎真音 GENEON UNIVERSAL OFFICAL SITE
■テーマソング
オープニング:川田まみ/『No buts!
エンディング:黒崎真音/『Magic∞world


「とある魔術の禁書目録Ⅱ」のBD&DVD全8巻が2011年1月26日よりリリース決定。(10/16)
初回限定版には、シリーズ全巻に鎌池和馬書き下ろし小説の電撃GE文庫『とある科学の超電磁砲SS②』が付属。トータルページ数が電撃文庫二冊分というボリュームでお届けするとのこと。
ディスクの詳細は下記公式サイトにて。
禁書目録Ⅱ -とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ> 公式サイト-
Amazonでの予約はこちら。
Amazon.co.jp: とある魔術の禁書目録Ⅱ 第1巻〈初回限定版〉 [Blu-ray]
Amazon.co.jp: とある魔術の禁書目録Ⅱ 第1巻〈初回限定版〉 [DVD]
Amazon.co.jp: とある魔術の禁書目録Ⅱ (初回限定版)Blu-ray&DVD第1~8巻 (1期と注意)

■第1期DVD-BOXが上下巻で発売決定(8/31)
上巻は12月10日発売、下巻は1月26日発売予定。下巻の予約開始!
とある魔術の禁書目録 特装版 BOX1〈初回限定生産〉 [DVD](描き下ろしイラストシーツ(インデックス)付き)
とある魔術の禁書目録 BOX1 〈通常版〉 [DVD]
とある魔術の禁書目録 特装版 BOX2〈初回限定生産〉 [DVD](描き下ろしイラストシーツ(御坂美琴)付き)
とある魔術の禁書目録 BOX2 〈通常版〉 [DVD]
■2期&2010年冬発売のPSP用ゲーム情報はこちら:
アニメ第2期やゲームの画面&特典figmaも!! 『禁書目録』の新展開をチェック! - 電撃オンライン



inserted by FC2 system