ホーム2011第4クール(秋)>「未来日記」

「未来日記」感想・レビュー一覧

「未来日記」 最終話 「初期化」(4/20)
「未来日記」 第24話 「検索中」(4/5)
「未来日記」 第23話 「契約不履行」(3/29)
「未来日記」 第18話 「混線」(2/17)
「未来日記」 第12話 「受信圏外」(12/30)
「未来日記」 第11話 「サービス終了」(12/24)
「未来日記」 第10話 「家族プラン」(12/15)
「未来日記」 第9話 「着信拒否」(12/7)
「未来日記」 第8話 「新機種」(11/30)
「未来日記」 第7話 「留守応答」(11/24)
「未来日記」 第6話 「マナーモード」(11/17)
「未来日記」 第5話 「ボイスメモ」(11/9)
「未来日記」 第4話 「手書き入力」(11/2)
「未来日記」 第3話 「初期不良」(10/26)
「未来日記」 第2話 「契約条件」(10/20)
「未来日記」 第1話 「サインアップ」(10/12)

(ニュース)
・BS11にて、ラスト3回(第24話、第25話、第26話)のスペシャル放送が決定(3/13)


「未来日記」 最終話 「初期化」

「未来日記」最終話。
ついにサバイバルゲームの決着が描かれる最終回の今回。
ユッキーと由乃のキスで始まった本作ですが、最終回も二人のキスで締められるキスENDとなりました。
アニメの方も細田直人監督コンテ・演出の素晴らしい初回クオリティが戻ってきて、ユッキーが変えた3周目のゲーム参加者達のハッピーエンドが描かれれる素晴らしい最終回になっています。
そして、切なく完結したユッキーと由乃のラブストーリーに続きがあることを匂わせる「NEXT PROJECT」なるものの始動が最後に発表されて、まだまだ終わらへんで~の本作です。

続きを読む


「未来日記」 第24話 「検索中」

「未来日記」第24話。
今回は、雨流みねね様復活&3周目突入回!
前回ついに、由乃が1周目で神となってユッキーと結ばれるべくしてこの2周目やってきたことが明かされた本作ですが、今回はそのラスボス化した由乃&ムルムルと復活した雨流みねね&ユッキーとのサバイバルゲームの最終決戦展開が描かれます。
そして、決戦の舞台が3周目の世界へと移り、再び3周目のサバイバルゲームが開かれようとする中、ユッキーがどのような選択をして物語が締めくくられるのかの残り2話のお話に注目の本作です。

続きを読む


「未来日記」 第23話 「契約不履行」

「未来日記」第23話。
8thや11thやみねね様が脱落してサバイバルゲーム参加者がついにユッキーと由乃っちだけとなり、秋瀬或の正体が観測者であることが明かされるなど絶賛クライマックス展開中の本作ですが、第23話はついにユッキーと由乃っちに予言されていた「HAPPY END」の瞬間が訪れてしまいます。
そして、そこからさらに我妻家にあった3体目の遺体の謎も明かされる展開となって、ついにこの世界の謎と由乃っちの正体が明かされる謎解き重要回となっている今回です。第1話冒頭シーンの意味も分かります。

続きを読む


「未来日記」 第18話 「混線」

「未来日記」第18話。
4th来須圭悟編あたりから大分レビューが飛んじゃってしまいましたが、今回は由乃っちの両親との過去がついに明かされるエピソード。4th来須圭悟編後に拉致事件があったりして一度離れたユッキーと由乃っちでしたが、7thマルコ&愛との戦いで再びコンビが復活した二人というのが後半クールのここまでの大体のお話です。
そして今回、由乃っちの過去が明かされると共にユッキーの両親エピソードが一区切りを見せ、神になりたいと願うユッキーとユッキーがすべての由乃っちの二人の物語がそろそろ佳境展開に入ろうとしている本作です。

続きを読む


「未来日記」 第12話 「受信圏外」

「未来日記」第12話。
今回は、捜査日記所持者の4th来須圭悟編完結話。
息子を救うために神様になろうとする来須圭悟の愛の物語が完結する切ないお話の今回です。
一方、由乃っちとユッキー、雨流みねね様と西島のラブコメも同時展開しており、「輪るピングドラム」ばりの失われた子供たちの愛の物語が描かれている本作です。

続きを読む


「未来日記」 第11話 「サービス終了」

「未来日記」第11話。
今回は、捜査日記所持者の4th来須圭悟回。
ユッキーと由乃と共同戦線を張っていた4th来須圭悟の神様になりたい理由が明かされて、ユッキー達とのサバイバルゲームがついに始まる今回です。作画的にはイケテナイ方のグロス回の今回ですが、雨流みねね様とのギャグっぽいやり取りが楽しいシリアスとギャグのバランスがいい感じの今回かと思われます。ムルムル日記もいい感じ。

続きを読む


「未来日記」 第10話 「家族プラン」

「未来日記」第10話。
今回は、雨流みねねの過去回想話と我妻由乃のウェディングドレスエピソード。
前回で10th月島狩人編が終わって、次の展開までの谷間のヒロインの2人の2本立てエピソードの今回です。
雨流みねねのお話は、初登場時のドレスを着ていた理由が明かされる乙女話、由乃っちの方はユッキーとのブライダルデートが描かれて、ヒロイン2人の魅力溢れるかわええところが満載の今回です。

続きを読む


「未来日記」 第9話 「着信拒否」

「未来日記」第9話。
今回は、10th月島狩人編完結エピソード。
今までのシリーズと違って日記所有者ではなく、サバイバルゲームに巻き込まれる周りの人達のドラマが中心に描かれて完結となるええ話の今回です。日向、まお、秋瀬或達が良いキャラクターでした。
そんな中、ユッキー&由乃っちカップルもさらに戻れない破滅への道を進める内容になっていて、アニメのデキもお話もいい感じの今回だったかと思われます。

続きを読む


「未来日記」 第8話 「新機種」

「未来日記」第8話。
今回は、日記所有者が残り8人となって迎える新章突入エピソード。
前の学校があんなことになったため転校したユッキーと由乃っちが、新たなクラスメイトの新キャラとお友達になるお話の今回です。そこで登場したいきなりパンツを披露の松岡由貴演じる大阪弁スポーツ少女に、そのお友達のゆかなキャラのまお、そして、石田彰演じる秋瀬或達がなかなかの良キャラで、安心のベテラン声優で楽しませてくれる今回です。

続きを読む


「未来日記」 第7話 「留守応答」

「未来日記」第7話。
今回は、5th豊穣礼佑(ほうじょうれいすけ)編の完結エピソード。
御目方教信者の両親の仇討ちのためにユッキーらの前に現われた豊穣礼佑でしたが、実際は両親に愛されていなくて遊び相手を求めていた寂しいお子様だったわけで、その死に場所を求めるような屈折したエリート思考が切ないことになっている今回です。
一方、ユッキー&由乃のストーカーカップルもその歪んだ愛情で互いを助けあいながら破滅へ向かおうとしている姿が描かれていて、お話、演出共に重めの内容となっている今回かと思われます。

続きを読む


「未来日記」 第6話 「マナーモード」

「未来日記」第6話。
今回は、我妻由乃の押しかけ女房エピソード。
ユッキーママに気に入られようと家宅侵入をして押しかけ女房をする我妻由乃のストーカーっぷりが、めちゃ可愛くて怖いことになっているストーカーコメディな今回です。
後半には5thも登場して、由乃とユッキーの7月28日の「Happy End」への物語がますます面白い展開を見せている本作です。

続きを読む


「未来日記」 第5話 「ボイスメモ」

「未来日記」第5話。
第5話は、細田直人監督コンテ、渡辺るりこ作監回で面白くて由乃っちが可愛すぎる「未来日記」が戻ってまいりました。
お話は、千里眼日記所持者・6th春日野椿と正義日記所持者・12th平坂黄泉編クライマックス。
シリアスとギャグがうまく融合した大変面白い内容となっています。そして、なんと言っても今回の見所はユッキーを守るために頑張る我妻由乃です。怖いけど身を委ねたくなるその可愛さとユッキーへの一途な想いがたまらない今回です。サービスシーンもあります。

続きを読む


「未来日記」 第4話 「手書き入力」

「未来日記」第4話。
今回は、千里眼日記の持ち主の6th春日野椿登場回。
ついに狂気のストーカーぶりを発揮してきた我妻由乃が描かれる中、新たな日記所有者も登場してきて、「Fate/Zero」ではありませんが、こちらも個性あふれる日記所有者達の生き残りサバイバルゲームが激しく入り組んできている本作です。
アニメのデキ的には、本編の面白さや由乃っちのヤンデレブヒ要素が3話までより少し落ちている今回かと思われます。

続きを読む


「未来日記」 第3話 「初期不良」

「未来日記」第3話。
第3話は、ついにユッキーと結ばれるという予言が出た我妻由乃とのラブラブデート回。
遊園地にお化け屋敷、プールで見せる我妻由乃の可愛すぎる普通の女の子なところにユッキーが惹かれていくところがたまんない今回です。そして、ストーカー我妻由乃の初期不良っぷりがついに明かされはじめ…そんな我妻由乃から目が離せない面白さが今回も継続中の本作です。

続きを読む


「未来日記」 第2話 「契約条件」

「未来日記」第2話。
12人の未来日記所有者によるサバイバルゲームアニメ「未来日記」第2話は、前回の3rdの強襲に続いて、9thの雨流みねねに主人公の1stこと天野雪輝が狙われるというお話。
いきなり命を狙われることによってストーカーの2nd我妻由乃に頼ってしまう雪輝の弱さや、ちょっと怖いながらもユッキー一直線の我妻由乃のデレシーンがめちゃかわゆいことになっている今回です。
第1話に続いて非常に出来の良い内容になっていて、物語に引き込まれる展開も継続中で第2話もよい感じの本作です。

続きを読む


「未来日記」 第1話 「サインアップ」

月刊少年エースに連載され完結したサバイバルゲーム漫画「未来日記」のTVアニメ化作品の本作。
原作モノとしては珍しく?2クールでがっつり完結までが描かれることになる本作です。
そんなアニメ版第1話は、物語にスッと入っていける素晴らしい導入エピソードとなっていて、サバイバルゲームに巻き込まれていく主人公の天野雪輝とヒロイン・我妻由乃の物語が面白く描かれておりました。
アニメ的にも細田直人監督のかっこいい画と時間とお金がかけられた絵作りになっていて、今後に期待が持てる角川の本気アニメを感じる本作となっています。

続きを読む


「未来日記」放送前基本情報


月刊少年エース連載されたえすのサカエによる漫画「未来日記」が2011年秋よりテレビアニメスタート。
監督は細田直人でアニメーション制作はアスリードが担当。(全26話)
原作は2011年4月26日発売の第12巻で完結。

■BS11にて、ラスト3回(第24話、第25話、第26話)のスペシャル放送が決定(3/13)
4月27日より放送開始の次番組「氷菓」までの穴埋めスペシャル放送です。
放送の日程
第24話 4月6日  深夜3:00~
第25話 4月13日 深夜3:00~
第26話 4月20日 深夜3:00~

TVアニメ「未来日記」オフィシャルサイト
未来日記「角川書店」
未来日記 (漫画) - Wikipedia


Blu-ray&DVD
第1巻は、12月22日発売。第1巻を除き各巻3話収録。
Blu-ray限定版&通常版、DVD版を用意。


未来日記 Blu-ray限定版 第1巻
第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻
未来日記 DVD第1巻第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻
(Amazon.co.jp)

■各局放送開始日時
◯チバテレビ 10月9日(日)より毎週日曜日24:00~
◯テレ玉 10月9日(日)より毎週日曜日25:05~
◯tvk 10月10日(月)より毎週月曜日25:15~
◯KBS京都 10月10日(月)より毎週月曜日25:00~
◯サンテレビ 10月11日(火)毎週火曜日24:00~
◯TOKYO MX 10月12日(水)より毎週水曜日25:30~
◯岐阜放送 10月12日(水)より毎週水曜日24:15~
◯三重テレビ 10月14日(金)より毎週金曜日25:50~
ネット配信
ニコニコチャンネル 10月9日(日)より毎週日曜日23:00~23:30
 (ニコニコ生放送、生放送の後は通常配信の予定) 




■作品概要
物語は時空王に選ばれた12人の未来日記の所有者同士のサバイバルゲーム。各人物には序数がつけられており、作中で所有者同士が互いを呼ぶ場合などで、その序数そのままや「○番目の所有者」などと表現される。未来日記を所有しはじめた順番だと推測できるが、作中では明記されていない。

■あらすじ
周囲に関わろうとせず"傍観者"であることを望む中学2年生の少年・天野雪輝は、見聞きした全てを携帯電話の日記に付けていた。友人と呼べるのは、時空王デウス・エクス・マキナと彼の小間使い・ムルムルだけである。もっとも、これらは雪輝の空想のはずだった。ところがある日、自分がまだ体験していないはずの未来が日記に書かれるようになる。それは空想のはずのデウスの仕業だったのだ。未来を知ることで調子に乗り、有頂天になる雪輝。しかしその後、同じように未来日記を持つ人間が自分を含め12人いることと、その12人による次期時空王の座をかけた殺し合いのサバイバルゲームが開かれていることを知る。1stとなった雪輝はクラスメイトの我妻由乃が同じく未来日記所有者の2ndであること、自分に対する異常な偏愛を持ったストーカーであることを知る。彼女の協力を経て、連続殺人犯である日記所有者3rd火山高夫に殺される予知(DEAD END)を覆し撃退するが、この奇跡を超える奇跡により、雪輝は、他の日記所有者から命を狙われる事になる。そして、雪輝は、由乃や他の日記所有者、クラスメイトや警察官西島の協力を受けながら、この殺人ゲームに立ち向かっていく。

■スタッフ
企画:安田猛・武智恒雄・井上俊次・太布尚弘
原作・構成協力:えすのサカエ(少年エース連載/角川コミックス・エース刊)
監督:細田直人
シリーズ構成:高山カツヒコ
キャラクターデザイン:平山英嗣
総作画監督:平山英嗣・岡田万衣子
サブキャラクターデザイン:渡辺るりこ
プロップデザイン:江田恵一
3Dディレクター:石田弘達(アルビオン)
3DCGI:酒井寿一(アルビオン)・原山希(スタジオトゥインクル)
色彩設計:福谷直樹(アルビオン)
美術設定:佐藤正浩(ヘッド・ワークス)
美術監督:徳田俊之(スタジオ・イースター)
撮影監督:藤田智史(スタジオトゥインクル)
編集:伊藤潤一(ジェイ・フィルム)
音響監督:名倉靖
音響効果:倉橋裕宗
音楽:加藤達也
音楽プロデューサー:斎藤滋(ランティス)
企画プロデューサー:伊藤敦
アニメーションプロデューサー:平松巨規
音響制作:楽音舎
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:アスリード
製作:12人の日記所有者たち

■キャスト
天野雪輝(1st):富樫美鈴
我妻由乃(2nd):村田知沙
火山高夫(3rd):土門仁
来須圭悟(4th):田中正彦
豊穣礼佑(5th):真田アサミ
春日野椿(6th):仙台エリ
戦場マルコ(7th):関智一
美神愛(7th):桑谷夏子
上下かまど(8th):今野宏美
雨流みねね(9th):相沢舞
月島狩人(10th):平松広和
ジョン・バックス(11th):土師孝也
平坂黄泉(12th):川原慶久
秋瀬或:石田彰
日野日向:松岡由貴
野々坂まお:ゆかな
高坂王子:白石稔
デウス・エクス・マキナ:若本規夫
ムルムル:本田愛美

■テーマソング
OP:「空想メソロギヰ」歌:妖精帝國
ED:「Blood teller」 歌:飛蘭


■「未来日記」の公式ガイドブックが、9月26日に発売(9/27)
コミックナタリー - 「未来日記」ガイドブック&「花子と寓話の〜」完全版発売

未来日記フラグメンツ 公式ガイドブック

未来日記 (12) (角川コミックス・エース)
(Amazon.co.jp)



inserted by FC2 system