ホーム2011第4クール(秋)「機動戦士ガンダムAGE」>第4話 「白い狼」

「機動戦士ガンダムAGE」 第4話 「白い狼」

「機動戦士ガンダムAGE」第4話。
ディーヴァが出港して新展開となる今回は、新キャラウルフ登場回。
小野大輔演じる女好きで良き兄貴分キャラのウルフが、ファーストのスレッガー・ロウを彷彿させるキャラとなっていて、なかなか楽しめる今回です。お話の方は、軍人になろうとするフリットを心配するエミリーが描かれる中、謎の敵UEの謎に迫りつつあるグルーデック艦長と言う展開で、戦争に巻き込まれていくフリット・アスノの物語が進行中です。

今回は、新キャラのウルフ・エニアクルのシャワーシーンからスタート。
小野大輔イケメンキャラのあざといサービスで視聴者のハートをがっちりゲットです。

一方、今回は正妻エミリーの視点でも物語が描かれて行きます。
軍人気取りのフリットと心配したり、なにやら怪しい雰囲気を醸し出すグルーデック艦長を怪しむエミリーです。
なかなかの感の持ち主のエミリーです。

連邦のエースだと判明したウルフは、ミライさんキャラのミレースさんに色目を使ったり、ガンダムをオレのモノと勝気な性格を見せたりと第一印象はいけ好かない野郎を演じております。
これが意外といい奴だと変わっていくのが今回のお話。スレッガー・ロウを踏襲しております。ミレースさんともエロい関係に?

元エースパイロットのラーガンは一体この船で何をしているのやらw

そして、嫁エミリーはウルフとフリットを勝負させてフリットをガンダムパイロットから降ろす作戦に出ます。
そんなフリットを心配するエミリーがめちゃかわええです。

流石のガンダムのカッコイイ発進シーンでフリットとウルフの模擬戦闘が開始です。

エミリーも心配顔で見守ります。

模擬戦闘は、まさかのエースパイロット越えを見せるフリットに驚きの超展開ですが、そんなことよりUEのおどろおどろしい母艦らしきものに遭遇する緊迫展に突入です。

通信が途絶えて心配のエミリー。

ここでいきなり暴走したフリットを制止して、ガンダムを一旦引かせるウルフが熱い兄貴分キャラに変貌します。

そして、ディーヴァのところに帰ったガンダムがドッズライフルを空中換装!
最終兵器ドッズライフルにすべてがかかっている本作ですw

死亡寸前のエースウルフの元にドッズライフルのガンダムが戻ってきた-!

そして、ドッズライフルを強奪したウルフが隕石を爆破させてUE軍を蹴散らせます。
ドッズライフル様様で、もしドッズライフルがなかったらと考えると悪寒が走りますw
早急にドッズライフルの量産が必須です。

というわけで、なんとかUE母艦はステルス飛行に入って消えてくれました。
相変わらず謎多き敵のUEです。

帰ってきたウルフの損傷した機体を見て、改めて戦争の怖さを実感するエミリーです。
今回は、そんなエミリー目線で戦争の怖ろしさが描かれております。

一方、ドッズライフルで死線を乗り越えたフリットとウルフはなかなかのコンビとなったようで…そんなウルフ登場回の今回でした。

最後に、UEの映像を見て「掴めてきたぞ、UEの正体が」と意味深の発言をするグルーデック艦長。
キャラがまだ全然掴めないこの人が気になります。

次回は、気になる赤髪の「魔少年」が登場。

©創通・サンライズ・毎日放送

「機動戦士ガンダムAGE」 レビュートップへ


inserted by FC2 system