ホーム2011第2クール(春)>「Aチャンネル」

「Aチャンネル」感想・レビュー一覧

「Aチャンネル」 最終話 「宇宙人」(6/24)
「Aチャンネル」 第11話 「たんじょうび」(6/18)
「Aチャンネル」 第9話 「プレゼント」(6/3)
「Aチャンネル」 第8話 「新学期」(5/27)
「Aチャンネル」 第7話 「夏祭り」(5/20)
「Aチャンネル」 第6話 「真夏の夜の...」(5/13)
「Aチャンネル」 第5話 「海」(5/6)
「Aチャンネル」 第2話 「雨の日はお風呂」(4/15)
「Aチャンネル」 第1話 「好き An April day」(4/9)

(ニュース)
・OVAの製作が決定して、公式サイトにて発表!(8/22)
「Aチャンネル」Blu-ray&DVD第6巻の予約受付開始(6/19)
ニコニコ動画、Showtimeでの本編配信が決定(Aチャンネル 公式サイト)(4/19)
・キャスト出演の映像コンテンツ『AチャンネルTV』が配信開始(毎週金曜更新)(3/28)


「Aチャンネル」 最終話 「宇宙人」

「Aチャンネル」最終話。
最終回は、実は宇宙人だったるんちゃんがついに宇宙へ帰るお話。ではなくて、最終回らしくいつもどおりの4人の日常ネタが描かれた通常仕様最終回でした。最終回にてようやくるんちゃんの魅力にハマった感があるのですが、こうこれでおしまいなのが少し残念。
締めくくり展開は第1話と対となるようなトオルのるんちゃん大好き展開で、第1話の挿入歌で綺麗に幕を下ろした形となりました。そして、最後のシーンがまさかの4人ジャンプENDだったわけで…けいおん…w

続きを読む


「Aチャンネル」 第11話 「たんじょうび」

「Aチャンネル」第11話。
最終回前となる今回は、過去シーンも登場するトオルのたんじょうびエピソード。
今回は、いつもと違ってトオルの青春メランコリックな視点で描かれるお話で、過去の受験シーンでのるんちゃんとのお話がいい感じでした。Bパートの4人の日常ネタもユー子いじりや、るんちゃんがいい感じで笑いと4人の関係がうまくミックスした、かなりよい青春フィルムになっていたように思います。いままでで一番好きな話数かもしれないです。「けいおん!」やってます。

続きを読む


「Aチャンネル」 第9話 「プレゼント」

「Aチャンネル」第9話。
今回は、ハロウィンエピソード。久しぶりにユー子のお風呂シーンがあったり、ユー子似エロ本が登場したりと、原作準拠なセクシー萌えっ子担当なユー子が見られた今回でした。
その他、笑える4コマ漫画アニメなネタシーンもたくさんあって、序盤の日常アニメはどこへいったのかと言えるほどの原作のイメージが良く出てる4コマアニメになっていました。

続きを読む


「Aチャンネル」 第8話 「新学期」

「Aチャンネル」第8話は新学期エピソード。
夏休みが終わって、順次季節が巡っていく本作です。
そんな今回は今までと少し変わって、いつもの四人視点だけではなく、鬼頭先生とトオルのクラスメイトにユタカとミホからの視点で描かれるシーンがありました。また、お話もはじめて仲良し展開が崩れるケンカ話もあったわけで、少し変化があった今回です。

続きを読む


「Aチャンネル」 第7話 「夏祭り」

「Aチャンネル」第7話は、夏の終わりのお話で、カラオケと夏祭りエピソード。
今回は、字幕付きの歌シーンがついになかったのですが、その分、カラオケシーンがキャラソン三昧となっており、いつもより歌だらけのAチャンネルとなっていました。どないやねんw
後半は、四人が浴衣で夏祭りなお話。いつものノリで夏祭りを堪能して青春を謳歌する4人が描かれていて、いつも通りにむずかゆい内容になっていました。そして、今回も絵作りがいい感じで夏祭りシーンが素晴らしかったです。

続きを読む


「Aチャンネル」 第6話 「真夏の夜の...」

「Aチャンネル」第6話。
今回は、前回の海回に続いての真夏の定番、肝試しエピソード。
内容は相変わらずのフツーの女子高生4人組のキャッキャウフフアニメで、なんか今回は他の先生方のネタや演出までもゆるかったような気がします。そんな楽しそうにしている彼女らを観て、こっちはどうしたらいいんだとツッコミたくもなります。
結局、今回一番の見どころは最後のユー子の就寝シーンだったような気もします。

続きを読む


「Aチャンネル」 第5話 「海」

「Aチャンネル」第5話は水着回。
3話以降も毎回、女子高生四人のやまなしオチなしのザ・日常が描かれている本作ですが、今回もご多分にもれずキャラクターをあえて立てすぎず、シナリオも特別なことを避ける徹底した日常っぷりでトオル達に夏の日が描かれている内容でした。
水着回的には半端ない量の水着シーンがある今回ですが、演出的にはエロスや萌に注目は集めない作りをしていて、その面でもサービスをしない苦行をしている本作です。ある意味、そこまで4人の日常にこだわったつくりに漢を感じる本作です。
スクショは相変わらずの神アニメです。

続きを読む


「Aチャンネル」 第2話 「雨の日はお風呂」

デジャヴかもしれない…「Aチャンネル」第2話。
第1話で、やまなしおちなしの仲良し4人組のリアル女子高生描写をやってしまった本作。別路線の通常運転があるかもと少し期待して観た第2話でしたが、第1話と同じけいおんモドキの日常アニメだったわけで、さらに今回も終盤のゆるーい歌2連発をやっちゃっていましたw ということで、この作風は既定路線であることが確定した感じです。
描写的にはお風呂シーンなどのエロを投入してきた今回ですが、青春日常アニメとの相性はあまりよろしくなく、あつかいづらいシーンになっていたように思います。画はいいので、普通にトゲもエロも萌えもある「らき☆すた」方面の作風にしていれば…

続きを読む


「Aチャンネル」 第1話 「好き An April day」

女子高生仲良し四人組の日常系四コマ漫画原作「Aチャンネル」。
そんな「けいおん!」に似た要素もある作品を「ストライクウィッチーズ」1期のスタッフが立ち上げたタジオのStudio五組が手がけるということで注目されていた本作でしたが、立ち上がりの第1話をちょっとやっちゃいました。
どうやっちゃったというと、4人の仲良し関係をフィーチャーしてトオルの心情を掘り下げ、歌もいれたりと全力でぬる~いフィルムにしてしまったことです。こういうのは最終回とか中盤の山場でやれば感動するエピソードに化ける可能性のある内容だと思われ、キャラも分からないうちに1話でやっちゃったのは…残念です。
しかし、見ごたえある映像クオリティーや4人のキャラの潜在能力は十分にあると思われ、第2話以降の通常運転で巻き返しをはかってもらいたいところです。

続きを読む


「Aチャンネル」放送前基本情報

まんがタイムきららキャラット連載の黒田bbによる四コマ漫画「Aチャンネル」のTVアニメ化作品。
新たな日常系4コマ漫画原作のアニメです。

制作会社は、「ストライクウィッチーズ」1期、「咲-Saki-」を手がけた元GONZO第5スタジオのスタッフが立ち上げたStudio五組。監督・シリーズ構成なども、「咲-Saki-」なスタッフとなっており期待です。
Aチャンネル 公式サイト - アニプレックス


■各局放送開始日時
◯MBS 4月7日(木)深夜1時40分~ (※初回深夜1時30分~)
◯TBS 4月8日(金)深夜1時55分~(※初回深夜2時20分~)
◯CBC 4月13日(水)深夜2時~ (※初回深夜2時25分~)
アニマックス 4月18日(月)夜10時~ほか

MBS木曜深夜最速の「魔法少女まどか☆マギカ」のあと番組。CSはアニマックスが放送。


■作品概要
るん、トオル、ユー子、ナギの女子高生4人の日常を描いた作品。天然のるんが放つボケを周囲の人間が突っ込むギャグが主な内容。


Aチャンネル 公式サイト - アニプレックス
Aチャンネル - Wikipedia
まんがタイムきらら - 作品紹介ページ - まんがタイムきららWeb (1巻をちょい読み)


■公式サイトでは、キャスト出演の映像コンテンツ『AチャンネルTV』が配信開始(毎週金曜更新)(3/28)


Aチャンネル番宣:



■スタッフ
原作:黒田bb
監督:小野学
助監督:セトウケンジ
シリーズ構成・脚本:浦畑達彦
キャラクターデザイン&総作画監督:佐々木政勝
音楽:神前暁
アニメーション制作:Studio五組


■キャスト
るん:福原香織
トオル:悠木碧
ユー子:寿美菜子
ナギ:内山夕実
鬼頭先生:茅原実里
鎌手先生:沢城みゆき
佐藤先生:小野大輔
ミホ:斎藤桃子
ユタカ:又吉愛


■テーマソング
OPテーマ:「Morning Arch」/河野マリナ(動画
河野マリナ Kawano Marina official site



■第11話、最終話収録のBlu-ray&DVD第6巻の予約受付がAmazonにて開始(6/19)
Aチャンネル 公式サイト - アニプレックス



Aチャンネル 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

Aチャンネル 1 【完全生産限定版】 [DVD]
Aチャンネル 1 【通常版】 [DVD]
(Amazon)



inserted by FC2 system