ホーム2011第2クール(春)>「TIGER&BUNNY(タイガー&バニー)」

「TIGER&BUNNY(タイガー&バニー)」感想・レビュー一覧

「TIGER&BUNNY」 最終話 「Eternal Immortality.(永久不滅)」(9/18)
「TIGER&BUNNY」 第24話 「Nothing ventured,nothing gained.(虎穴に入らずんば虎子を得ず)」(9/11)
「TIGER&BUNNY」 第23話 「Misfortunes never come singky.(不幸は単独では来ない)」(9/4)
「TIGER&BUNNY」 第22話 「Bad luck often brings good luck.(人間万事塞翁が馬)」(8/28)
「TIGER&BUNNY」 第21話 「Heaven helps those who help themselves.(天は自ら助くる者を助く)」(8/21)
「TIGER&BUNNY」 第20話 「Full of courtesy, fukk of craft.(口に蜜あり、腹に剣あり)」(8/14)
「TIGER&BUNNY」 第19話 「There's no way out.(袋の鼠)」(8/7)
「TIGER&BUNNY」 第18話 「Ignorance is bliss.(知らぬが仏)」(7/31)
「TIGER&BUNNY」 第17話 「Blood is thicker than water.(血は水よりも濃い)」(7/24)
「TIGER&BUNNY」 第16話 「Truth lies at the bottom of a well.(真実は井戸の底にある)」(7/17)
「TIGER&BUNNY」 第15話 「The sky's the limit...(限界は空高くに…)」(7/10)
「TIGER&BUNNY」 第14話 「Love is blind.(恋は盲目)」(7/4)
「TIGER&BUNNY」 第13話 「Confidence is a plant of slow growth.」(6/26)
「TIGER&BUNNY」 第12話 「Take heed of the snake in the grass.(草の中にいる蛇に用心せよ)」(6/19)
「TIGER&BUNNY」 第11話 「The die is cast.(賽は投げられた)」(6/12)
「TIGER&BUNNY」 第10話 「The ccalm before the storm.(嵐の前の静けさ)」(6/5)
「TIGER&BUNNY」 第9話 「Spare the rod and spoil the child.(かわいい子には旅をさせよ)」(5/29)
「TIGER&BUNNY」 第8話 「There is always a next time.(必ず機会が来る)」(5/22)
「TIGER&BUNNY」 第7話 「The wolf knows what the ill beast thinks.(蛇の道は蛇)」(5/15)
「TIGER&BUNNY」 第6話 「Fire is a good servant but a bad master.」(5/8)
「TIGER&BUNNY」 第5話 「Go for broke!(当たって砕けろ!)」(5/1)
「TIGER&BUNNY」 第4話 「Fear is often greater than the danger.」(4/24)

(ニュース)
公式サイトにて、NEXT PROJECT始動を発表!最終回アフレコレポートをアップ!(9/18)
「ロックバイソンと振り返るTIGER & BUNNY with USATORA」がTOKYO MX、BS11にて放送決定(9/6)
USTREAMにて、毎週土曜深夜にMBSと同時最速生配信中


「TIGER&BUNNY」 最終話 「Eternal Immortality.(永久不滅)」

「TIGER&BUNNY」最終話。
タイバニ最終回は、実に気持ちいい最終回らしい王道締めくくりエピソード。
前回ラストの虎徹さん死亡展開で斜め上のシリアス最終回になる可能性もありましたが、それもうまいこと?回避することができて、本作らしいヒーロー像が描かれる良い最終回となっていたように思います。
そういうわけで、最終回はシナリオ云々よりも全25話の着地点としの良いところに落とした感があって安心の内容でした。そして、バリバリ次の展開も狙える素晴らしい引きを最後に見せてくれたわけで、まだまだやめへんでーな本作です。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第24話 「Nothing ventured,nothing gained.(虎穴に入らずんば虎子を得ず)」

「TIGER&BUNNY」第24話。
どのようなヒーロー物語のラストが描かれるかが注目の最終回前の今回は、物議をかもしかねない本作史上最大のシリアス展開での最終回への引きエピソードとなっておりました。
その最後に起きた事件が現実のものになるのか、それとも本作特有の悪ノリギャグなのかの判断はつかず、ひとまず次回最終回の締めくくり方を待つ形となった今回です。それにしても最後まで最近のアニメの常識の裏をついてきてくれる本作です。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第23話 「Misfortunes never come singky.(不幸は単独では来ない)」

「TIGER&BUNNY」第23話。
今回は、ラストバトルへの最終局面突入回。いよいよクライマックスです。
虎徹とバーナビーのガチンコ直接対決から最後の敵にヒーロー達が挑むという本作らしい王道中の王道の展開で来ました。
ということで、ラスト2話の本当の正義の戦いを残すだけとなり、本作らしい熱くて面白くて気持ちいい結末がきっちり描かれることを望むばかりです。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第22話 「Bad luck often brings good luck.(人間万事塞翁が馬)」

「TIGER&BUNNY」第22話。
今回は、鏑木虎徹の反撃開始回。
とは言っても、前回ラストに見せた何か劇的なことをやってくれそうなカッコイイ親父は鳴りを潜め、いつもの運任せな虎徹さんに戻って楓ちゃんのお世話になる父親になっちゃいました。それも虎徹さんらしいところ?
そして、物語はバーナビーと直接対決する展開となり、偽ワイルドタイガーの気になる正体と共にいいところで次回に引っ張られた今回です。ということで、残り三話のタイガー&バニーのクライマックスヒーローバディ物語に期待したいところです。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第21話 「Heaven helps those who help themselves.(天は自ら助くる者を助く)」

「TIGER&BUNNY」第21話。
今回は、鏑木虎徹の逃亡生活回。
前回敵の罠にハマって凶悪殺人NEXTに仕立て上げられてしまった虎徹さんですが、今回はその追い詰められた状態からのアノ人の手伝いもあって逆転劇への道が開けてくるお話でした。アニメのデキも良い感じで虎徹さんがカッコ良すぎる素晴らしい今回です。
そんな中、楓ちゃんに動きがあったりと次の展開へのフリもバッチリでクライマックス展開が俄然盛り上がって来ている本作です。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第20話 「Full of courtesy, fukk of craft.(口に蜜あり、腹に剣あり)」

「TIGER&BUNNY」第20話。
今回は、クライマックスへの展開が見えてくるクライマックス導入エピソード。
前回ついに黒幕の正体が明かされた本作ですが、今回はその黒幕が大暗躍します。それに巻き込まれる虎徹とバーナビーがとんでもなく大変なことになってしまい、それをどう覆してくれるのかが楽しみな非常に面白いクライマックス展開となってきました。
というわけで、犯人が分かった状態でのサスペンス展開でのクライマックスを選んだ本作。残り5話(全25話)のヒーロードラマに超期待です。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第19話 「There's no way out.(袋の鼠)」

「TIGER&BUNNY」第19話。
今回は、ついにバーナビーの両親を殺した真犯人が明かされる本作大重要回。
そんな中展開されるお話は、前回真犯人がいることを知ってショックを受けてしまったバーナビーとなかなか別れ話を切り出せない虎徹さんの痴話喧嘩話でした。バーナビーは号泣しまくってすねてしまい、そんなバーナビーにビンタをする虎徹と、このカップルが大変なことになっていますw そこに真犯人も絡んできて、ぐちゃぐちゃのドロドロ展開で大変面白いことになっている本作です。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第18話 「Ignorance is bliss.(知らぬが仏)」

「TIGER&BUNNY」第18話。
今回は、ジェイクとクリームの過去話回。
ジェイクとバーナビーのバトル決着後ずっと眠っていたクリームが目覚め、ジェイクとの過去を語りだす今回。そのことにより本作クライマックスへ向けたバーナビーとウロボロスの真のお話がついにスタートです。
一方、虎徹のヒーロー引退話も同時展開して、作画は少しイケてない今回ですが、クライマックスへ向けて脚本が面白くなってきている本作です。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第17話 「Blood is thicker than water.(血は水よりも濃い)」

「TIGER&BUNNY」第17話。
今回は、鏑木虎徹の里帰り回。
能力減退に悩む虎徹がふるさとに帰ってヒーローに引き際について考えるオヤジの哀愁漂うめちゃいいお話の今回です。
今まで出番の少なかったバーナビーファンの娘・楓もバリバリと登場して、ベタで面白い虎徹の家族ドラマが素晴らしかったです。
虎徹さんの今後の展開も気になります。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第16話 「Truth lies at the bottom of a well.(真実は井戸の底にある)」

「TIGER&BUNNY」第16話。
今回は、ついに第2クール目の本編ストーリーが本格的に動き出しました。
ルナティックことユーリの衝撃の過去が明かされ、タイバニ達ヒーローとの本当の正義のお話がスタートです。
そんな中、虎徹の能力減退話もいい感じに絡んできてベンさんの出番も満載な見どころ満載の今回でした。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第15話 「The sky's the limit...(限界は空高くに…)」

「TIGER&BUNNY」第15話。
今回は、キング・オブ・ヒーロー改め、風の魔術師・スカイハイさん回。
ジェイクに敗れて自信を無くし、トップの座も人気もタイバニに奪われたスカイハイさんの切ないラブストーリーが最高の今回です。
そんな切ないお話の中、バーナビーの両親のお話があったり、虎徹の気になる能力の本編ストーリーが展開したりと安定の面白さを見せた今回かと思われます。あと、グラビアシーンはやりすぎですw

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第14話 「Love is blind.(恋は盲目)」

「TIGER&BUNNY」第14話。
今回から新展開で第2クールに突入のタイガー&バニー。
お話の舞台が前回のジェイクと決着から10ヶ月後に移り、ナイスコンビとなったタイガー&バニーの新たなヒーローバディ物語のスタートといったところの今回です。
そんな新展開の始めのお話は、ダメおやじに恋する女子高生ヒーローのブルーローズ回。いまどきこんなベタな脚本はありえないというほどの分りやすくて面白い、実にタイバニらしい第2クールスタートの今回でした。作画は、まあアレです。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第13話 「Confidence is a plant of slow growth.(信頼という木は大きくなるのが遅い木である)」

「TIGER&BUNNY」第13話。
本作折り返しとなる第13話の今回は、バーナビーの復讐の物語が一区切りする前半戦クライマックスエピソード。
序盤から描かれてきたバーナビーの両親復讐物語と虎徹との信頼の物語がついに結実する今回ですが、ジェイクとのバトルも気持よく解決し、完結話はタイバニらしい分かりやすくてポイントを押さえた良いお話でした。
そして、もちろん見所は虎徹とバーナビーのバディ物語だったわけで、バーナビーが萌え萌えです。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第12話 「Take heed of the snake in the grass.(草の中にいる蛇に用心せよ)」

「TIGER&BUNNY」第12話。
今回は、ついにジェイクとヒーロー達の直接対決が始まる本作前半戦のクライマックス展開エピソード。
前回ラストの折紙さんの大ピンチから再開となった今回ですが、超危険人物のジェイクさんはヒーロー達とは遊んでくれちゃったわけで、市民の命を賭けてヒーロー達とのタイマン勝負をやってくれることになりました。まあ、そこはいい意味で嘘があるお約束アニメです。
そんな中、本作前半戦でここまでに描かれてきたタイガー&バニーの信頼の物語がここにきて最悪な方向に向いてしまっております。
ということで、ジェイクとのバトル、タイバニの信頼物語共にどん底を見せて次回の前半戦山場エピソードへの準備は整ったといえる今回かと思われます。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第11話 「The die is cast.(賽は投げられた)」

「TIGER&BUNNY」第11話。
今回も前回に引き続き、ウロボロスと藤原啓治演じるジェイクの本編ストーリーが淡々と展開する溜め回でした。
作画的にもタイガー&バニーの活躍がない溜め回な今回ですが、代わりにジェイクがヒーロー達のキャラを食ってしまうほどのイカれた良キャラぶりをみせてくれて物語を盛り上げてくれました。
そして、ラストにヒーロー達に大ピンチ展開が訪れ、次回以降の盛り上がりに期待が高まる今回でした。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第10話 「The ccalm before the storm.(嵐の前の静けさ)」

「TIGER&BUNNY」第10話。
今回は、サブタイトルの通り、嵐の前の静けさのタメエピソード。
虎徹達ヒーローの休暇シーンが描かれる中、前回ラストに登場した謎の全裸キャラと、バーナビーの仇の組織ウロボロスの物語がついに動き出そうとしています。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第9話 「Spare the rod and spoil the child.(かわいい子には旅をさせよ)」

「TIGER&BUNNY」第9話は、ドラゴンキッド回。
今回は、久しぶりにツッコミどころ満載なネタがいっぱい詰まった気軽に観られるエピソードでした。
そんな今回の主役は、中国的なところからやって来たヒーローのドラゴンキッド。有能だけどどこか華がないキッドちゃんが、虎徹のおじさんと触れ合うことにより、女の子らしさをちょっと見せちゃうという、ベッタベタだけどめちゃいいお話の今回でした。
そして、最後に本編ストーリーに絡んできそうな、かなりヤバい感じの藤原啓治キャラが登場してネタ的にもすごいことになっている本作ですw

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第8話 「There is always a next time.(必ず機会が来る)」

「TIGER&BUNNY」第8話。
今回は、今まで画面に見切れることが多かった、気になるヒーローの折紙先輩主役回。
クオリティ的には通常回仕様な今回でしたが、折紙先輩の過去とその能力が明かされる男の友情ドラマが熱かった今回です。
でも、今回の見どころは、その友情ドラマを軽く凌ぐルナティックを相手にウロボロスの謎を追うタイガー&バニーのバディドラマだったわけで、回を重ねるごとにかっこ良さが増している虎徹のオヤジにバーナビーがどんどん惹かれて行って大変なことになっていますw

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第7話 「The wolf knows what the ill beast thinks.(蛇の道は蛇)」

「TIGER&BUNNY」第7話。
今回は、前回ラストに登場した謎のNEXTとの続きのお話。バーナビーの両親を殺したとされる組織ウロボロスとその謎のNEXTの関係が描かれる本作本編ストーリーの重要回となっていた今回で、まさに全25話の本作の序盤の山場と言えるエピソードでした。
そんな重要回ということもあり、作画やコンテも本気を出した内容になっていて、大きな作品の流れが見えるストーリーとともに、かなり盛り上がった今回でした。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第6話 「Fire is a good servant but a bad master.(火は従順なしもべだが、悪しき主人でもある)」

「TIGER&BUNNY」第6話。
今回は、一応オカマヒーローのファイヤーエンブレム回となっていますが、内容はバーナビーの過去に迫る本編ストーリーともいえるシリアス回でした。流石にオカマのプライベートを掘り下げてもしょうがないということでしょうかw
そんな今回ですが、いままでの1話完結の分かりやすめな人間ドラマよりも、初めて過去の話数の伏線が飛び交うストーリーものの内容だったわけで、毎週気軽に観ていた方が置いてけぼりになったりやしないかが少し気になるところです。
しかし、いつもよりも濃ゆめの内容は個人的には大歓迎で熱くて楽しめた今回でした。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第5話 「Go for broke!(当たって砕けろ!)」

「TIGER&BUNNY」第5話は、バーナビーの誕生日エピソード。
今回は前回のブルーローズ回と違って、虎と兎が主役の本命エピソードということもありファンにはたまらない話数となっております。
お話は、相変わらずのツッコんだら負けのベッタベタの虎徹のおやじの誕生日プレゼントお探し話でしたが、その誰もが初見で理解できるポイントを押さえた人情ドラマが視聴者を童心に帰らせ(童心のままの厨二病患者も予想外にだいぶハマってるみたいですがw)癒しを与える内容になっておりました。
今回はさらにスカイハイさんやメカニック斎藤も大活躍で脇キャラのスパイスもバッチリでした。

続きを読む


「TIGER&BUNNY」 第4話 「Fear is often greater than the danger.(案ずるより産むが易し)」

アメコミ風キャラクターが企業のロゴを背負って戦うヒーロ-アクションアニメ「TIGER&BUNNY」。
企業ロゴの企画の目新しさと昨今のアニメに逆行するようなおっさん臭い王道人間ドラマが逆に新鮮さを醸しだして、事前の期待を越えて人気を博している本作。ということで今回から便乗レビュー開始です。
第4話は、超多忙女子高生ヒーローのブルーローズ回。
お話は、ブルーローズの裏側の顔である女子高生の私生活が明かされ、彼女がヒーローとはなんぞやと葛藤するものでしたが、いつも通りのおっさん臭いドラマで虎徹やお父さんに説教されてヒーローの自覚が生まれる良いお話でした。
というわけで、女子高生回といえどもおっさん臭い女子高生話だったわけで、キャラデザや作画的にも萌え回ではなかった今回です。

続きを読む


「TIGER&BUNNY(タイガー&バニー)」放送前基本情報

桂正和キャラクター原案キャラによる、スポンサーのロゴの入ったスーツを着たスーパーヒーローアニメ「TIGER&BUNNY」が2011年4月より放送スタート。 制作はサンライズが担当。(全25話)
TIGER & BUNNY(タイガーアンドバニー)|MBS、TOKYO MX、BS11デジタルで2011年4月放送スタート予定!!


PV:



■各局放送開始日時
◯MBS 4月2日(土)25:58~
◯TOKYO MX 4月5日(火)23:30~
◯BS11 4月9日(土)24:30~

USTREAMにて、毎週MBSと同時の最速生配信
バンダイチャンネルにて4月7日より毎週水曜最新話無料配信


バンダイチャンネルにて、本編の無料配信がスタート(4/8)
TIGER & BUNNY(タイガーアンドバニー)|MBS、TOKYO MX、BS11デジタルで2011年4月放送スタート予定!!
TIGER & BUNNY - Wikipedia
「TIGER & BUNNY」 BD&DVD発売発表 5月27日から|アニメ!アニメ!


■スタッフ
制作:サンライズ
監督:さとうけいいち
シリーズ構成:西田征史
キャラクター原案:桂正和
キャラクターデザイナー:羽山賢二、山田正樹
デザインワークス:小曽根正美
メカデザイン:安藤賢司
色彩設計:永井留美子
美術設定:松本浩樹、児玉陽平
美術監督:大久保錦一
背景:スタジオ・イースター
3DCGディレクター今義和
3DCGサンジゲン
撮影:旭プロダクション
撮影監督:田中唯
編集:奥田浩史
ビデオ編集:キュー・テック
音楽:池頼広
音響監督:木村絵理子
録音スタジオ:オムニバス・ジャパン 三分坂スタジオ
音響制作担当:大野拓也
音響制作:東北新社
製作:サンライズ、バンダイビジュアル、毎日放送

■キャスト
鏑木・T・虎徹(ワイルドタイガー):平田広明
バーナビー・ブルックスJr.:森田成一
カリーナ・ライル(ブルー・ローズ):寿美菜子
ロックバイソン:楠大典
ドラゴンキッド:伊瀬茉莉也
ファイヤーエンブレム:津田健次郎
スカイハイ:井上剛
折紙サイクロン:岡本信彦


■「TIGER&BUNNY」Blu-ray&DVDが5月27日よりリリース開始。
Blu-rayは初回限定版を用意。特典詳細は下記サイトにて。
PRODUCT|TIGER & BUNNY(タイガー&バニー)


・Amazonにて、Blu-ray&DVD全9巻の 予約受付が開始(4/27)


TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 (初回限定版) [Blu-ray]

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 [DVD]



inserted by FC2 system