ホーム2013第4クール(秋)「機巧少女(マシンドール)は傷つかない」>第10話 「Facing"Elf Speeder"Ⅱ」

「機巧少女(マシンドール)は傷つかない」 第10話 「Facing"Elf Speeder"Ⅱ」

「機巧少女(マシンドール)は傷つかない」第10話。(AT-X版)
第10話は、第3部「Elf Speeder」編2話目エピソード。
地下空洞に落ちた赤羽雷真とシャルの妹・アンリエットが一緒に脱出を試みる今回です。
そんな地下空洞でアンリエットとイチャイチャして、またもやハーレム要員を増やそうとしている赤羽雷真でした。
そんな中、妹・撫子似の花澤香菜ドールも参戦して、マグナスとの因縁のお話も少し進展をみせています。

お話は、シャルの攻撃で地下空洞に落ちてしまった赤羽雷真を心配して駆けつけてくる夜々のシーンからスタート。
そんな夜々をキンバリーさんが引き留めて、ちょっとした赤羽雷真の秘密を明かすために森へ誘います。

一方、絶賛暴走中のシャルは、自動人形に襲われたところを櫻井孝宏キャラのセドリックの執事に助けられておりました。
そんなセドリックと執事が一体何の悪さをしているのかが、徐々に明かされていく展開の第3部です。

その後、シャルはセドリックの元に連れていかれるわけですが、ここで妹ちゃんのアンリエットが人質に取られていることが明かされます。

というわけで、地下で目覚めてプンスカしているアンリエットちゃんは、お姉さまに迷惑をかけないように何回も自殺を試みていたことが判明です。
そんなアンリエットちゃんが赤羽雷真を「いやー」と男嫌いで拒絶するところが、今回もかわええことになっていますw

でも、あっさりお姫様抱っこされたりするアンリエットのチョロインぶりが、ストブラの煌坂紗矢華を属性が似ていますw

その後、地上への道を歩みながら、ホラー話で怖がらせたりしながらイチャイチャしてる二人でした。
赤羽雷真は明らかにハーレム要員を増やそうとしていますw

そんな中、ハーレムヒロインの一員のフレイさんも赤羽雷真が心配で、一人で赤羽雷真探しをしていました。
結局、今回のフレイは赤羽雷真をずっと追っているだけの可哀想な負け組少女となっていますw

一方、夜々は、キンバリーさんとお仲間との連絡ぼ場に連れてこられていて、赤羽雷真がファザーに予見された特別な男の可能性があることを教えてもらっています。ファザーに予見された男って一体何なのw 
のこり2話でそこらへんのことは教えてくれるのかしら。

その頃、赤羽雷真はアンリエットちゃんの手を握ったりして、いい感じの雰囲気になって来ています。
それにしても、相変わらず画面が暗すぎる本作ですw せっかく昼なのに地下に落ちたりして無駄に暗いところを選ぶ本作w

それから、怪我をしてるところを気遣ったり、お菓子を与えてみたり、お姉さまと比べてみたりと、アンリエットをいじり倒す赤羽雷真でしたw

そんな中、マグナスのドールの花澤香菜キャラの火垂(ほたる)が赤羽雷真の前に現れます。
顔も声も妹ちゃんの撫子にそっくりの火垂を通して、過去のお兄さんとの因縁の場面も描かれます。
マグナスって普通に優秀なお兄さんのことでしょ? なんで面倒くさく隠すのでしょうw

そして、火垂がいたということでマグナスもそこに現れます。
また、マグナスが護衛していた学院長が生きていたことがここで判明。
というわけで、シャルさんは辛うじて人殺しの罪は免れておりました。社会復帰の可能性あり?w

そんな中、キンバリーさんがロキに接触して、なにかしらの任務を頼んでおります。
相変わらず伏線ばっかりの本作です。

地下では、セドリックの執事が赤羽雷真を狙って襲ってきたわけですが、火垂が撃退してくれます。
そんな妹ちゃんを改造して作られた?火垂ちゃんが可愛くて最高なんですが、マグナスはいいドールをお持ちで羨ましいことになっていますw
また、襲ってくる櫻井孝宏執事は、なんかデュラララに出てきそうなキャラなのがウケますw

その後、ようやく地上へ帰ってきたのですが、ヤンデレ化して迎えにくる夜々が面倒くさいことになっています。
夜々よりもおとなしい火垂ちゃんが欲しいですw

去っていくアンリエットは赤羽雷真が少し気になる展開に?

そして、自室に帰ると、夜々による赤羽雷真への慰みエロプレイが始まってしまいます。
心配して駆けつけたフレイがその様子を外で聞かされる羽目になり、可哀想な負け組少女になっていますw
ちなみに、ここで赤羽雷真に許嫁がいることも判明。

一方、気になる雷真の部屋では、おっぱいを晒している夜々が嫉妬に狂っていましたw
ちなみに、1カットだけですが久しぶりに夜々の解禁シーンがある今回です。

そんな必死に赤羽雷真にサービスをする夜々ですが、赤羽雷真は全く相手にしませんw

一方、負け組のフレイは一人寂しく帰る途中でシャルさんと遭遇しています。このシーンに何か意味が?

そして、その夜に赤羽雷真がシャル&アンリエット姉妹を助けるために動き出します。
眠っているアンリエットを誘拐して何かを企む雷真でしたが、ストーカーのフレイもしっかりと見張っておりましたw

一方、妹ちゃんを守れないシャルさんは、執事とセドリックにいじめられて可哀想なことになっています。
てか、部屋の中くらい灯をつけたらどうなのw 暗いんですけどw

赤羽雷真の方は、下着姿のまま連れ出されたアンリエットが「野蛮な男にさらわれてめちゃくちゃにされちゃうー!」と暴れておりましたw
いちいち面倒くさく騒ぐアンリエットがなかなか可愛らしくていい感じです。

そんな中、ついにデュラララ櫻井孝宏執事がアンリエットを取り戻しにやって来て、赤羽雷真とのバトル展開になります。

そして、雷真と夜々が執事に前に立ちはだかったところで次回に続く本作です。
残り2話、どのようにして完結するか!2期は出来るのか!クライマックスに注目の本作です。



©2013 海冬レイジ・メディアファクトリー/機巧少女は傷つかない製作委員会

「機巧少女(マシンドール)は傷つかない」レビュートップへ




inserted by FC2 system