ホーム2013第2クール(春)「百花繚乱 サムライブライド」>第11話 「対決の刻」

「百花繚乱 サムライブライド」 第11話 「対決の刻」

「百花繚乱 サムライブライド」第11話。(AT-X版)
第11話は、ついに武蔵と十兵衛ちゃんが剣を交えるクライマックスエピソード。
後半戦を長らくシリアス展開でお送りしていた本作ですが、ついにラスボス登場の最終決戦勃発となる今回です。
真面目にシリアスを長くやっていただけあって、クライマックス突入回の今回は、本気のデキでなかなか熱いバトル展開になっている本作です。
お話は、ついに約束の刻を迎えた武蔵と十兵衛ちゃんが剣を交える中、ラスボスがイン子ちゃんを依り代にその姿をあらわします。
そして、サムライブライド誕生?の次回最終回に続く本作です。

お話は、全員の気を宗朗に集めてサムライブライド誕生の訓練をする柳生道場の人達のシーンからスタート。
サムライブライドになる人も決まっていないのに無茶をする人達ですw
そんな感じで第2期は気がどうたらこうたらのドラゴンボールオマージュアニメになっている本作ですw

一方、鎮護石を襲う佐々木小次郎と荒木又右衛門のシーンでは、ダークサムライの四人がそれぞれ目が見えなかったり、耳が聴こえなかったりのハンデを持って蘇っていたことが明かされます。イン子ちゃんは喋れなかったことが判明。
最終回前の肝回ということで作画も外国作画じゃなく(スタジオ・ファンタジアグロス)ていい感じの今回です。

そして、序盤から約束されていて武蔵と十兵衛ちゃんの対決の刻がついに来ました。
結局、この戦いには武蔵さんしか来なくて、十兵衛ちゃんとの剣士のプライドバトルが繰り広げられるというものなります。

そんな中、鎮護石が傷つけられて世界がついに不安定になってしまいます。
服部半蔵さんは顔面全部に進化したスカウターで調査中。そういやこの人は1期からドラゴンボールをやってますw

しかし、そんな状況などお構いなしにバトルを始める武蔵と十兵衛ちゃん。
赤いオーラを出して戦う十兵衛ちゃんがなかなかカッコいいキャラになっています。

バトルでは十兵衛ちゃんがぶっ飛ばされておっぱいポロリの場面も登場。
今回のポロリはここだけになってます。かろうじてポロリを維持ですw

鎮護石の方では、ピンチのダルタニアンの前に義仙さんが緊急参戦。
ここで義仙さんが復活した魔眼を使って佐々木小次郎達を退けます。
てなわけで、義仙さんも復活の佳境展開です。

真面目な佳境展開でも、ぐつぐつさんだけはギャグ要員として扱いが悪いことになっていますw

そして、ラスボスに操られそうになってピンチの宮本武蔵の前に前田慶次も再び登場!
オールキャストが勢揃いのクライマックス展開です。

その前田慶次の教えにより、呪いを気で払おうとする宗朗です。
あんなに悩まされていた呪いなのに、あっさり気で吹き飛ばした宗朗でした。なんじゃこりゃw
さらに、その気をまるでかめはめ波のように放つ宗朗でした。なんだこのドラゴンボールパクリアニメw
てなわけで、宗朗は完全復活となっています。

そして、イン子ちゃんが予言通りに徳川を憎む人達の魂の依り代となってラスボス化してしまう刻が来ます。
他のダークサムライも吸収されてしまいます。

というわけで、ついにサムライマスター達が倒すべきラスボスがその姿を現しました。
その戦闘能力は服部半蔵さんのスカウターによると測定不能。
さすがに服部半蔵さんのスカウターはぶっ壊れませんでしたw

最後に、ラスボスとの総力戦が始まる中、ラスボスのコアにイン子ちゃんが依り代となっていることを知った十兵衛ちゃんの心配なシーンで次回最終回に続く本作です。
というわけで、クライマックスは今までの伏線が繋がってなかなか熱いお話になっている本作かと思われます。ここまでのフリがだいぶ長かった気もw
誰がなるかは分かりきってる気もしますが、ついにサムライブライド誕生?の締め最終回に注目の本作です。



©2013 すずきあきら・Niθ・ホビージャパン/百花繚乱SBパートナーズ

「百花繚乱 サムライブライド」レビュートップへ


inserted by FC2 system