ホーム2013第2クール(春)「銀河機攻戦隊マジェスティックプリンス」>第10話 「狩るもの、狩られるもの」

「銀河機攻戦隊マジェスティックプリンス」 第10話 「狩るもの、狩られるもの」

「銀河機攻戦隊マジェスティックプリンス」第10話。
第10話は、テオーリアから人類の誕生の秘密が明かされるエピソード。
人類が実はウルガルから拡散した原生種族だったという衝撃の事実が明かされる今回です。
そんな、人類が実はウルガルでしたみたいな起源が穢される嫌な情報は知りたくなかったw 
というわけで、ウルガルの進化のために遺伝子回収の標的となってしまったイズル達の戦いが続いていくという流れの本作です。
そんな中、今回はチームラビッツのシャワーシーンが登場。

お話は、イズル達の前にウルガル人の亡命者のテオーリアが姿を表した前回の続きから。
イケメンとの再会に興奮するタマキが今回はうざいだけのキャラになっていますw

そんな中、テオーリアにデレデレのイズルに嫉妬モードのケイさんがいました。
前回あたりからケイさんがラブコメ要員の負け組ヒロインとして躍進中です。やっぱり負けてしまうの?

そして、テオーリアからついに人類がウルガルが進化するためにばら撒かれた原生種族の一つだったことが明かされます。
なんか人類の起源が穢されたみたいで、めちゃ嫌な気分になる真実です。
ガルガンの人類がイカだったより大分マシですがw

そんでもって、ウルガル貴族のテオーリアのお母様がウルガルのやり方を憂いて、人類を助けるためにテオーリアを送って来たというお話でした。

そのテオーリアの持ってきた情報を元にMJP機関が対ウルガル用にジュリアシステムを使って開発したのイズル達のアッシュということでした。
一応これで、アッシュ誕生の秘密が繋がります。

衝撃の事実の説明後は、テオーリアとイズルが幼馴染的関係だったことが明かされます。
これにはまたまたケイさんが食いついて、切ない想いを見せてくれています。
そんなケイを見るアサギもなんか切ない感じになっていますw なんかラブコメが動いて参りました。

てなわけで、テオーリアとイケメンの登場で、俄然やる気になったイズルとタマキです。
ケイさんとアサギとのテンションの差が出てきております。

そんな中、チームラビッツのお色気サービスのシャワーシーンが登場。
湯気がめちゃ濃いのですが、ついにブルーレイでタマキの爆乳とケイさんの貧乳が解禁?

一方、女子達の解禁?に先駆けてスルガとアサギがついに乳首解禁!
うほっ、スルガが顔に似合わずエエからだをしていますw
残念ながら解禁ならずのイズルきゅんもナイスな笑顔を見せてくれています。

そしてお話は、狩りをすることが命のわがまま皇子のジアートが再び登場。
部下をいじめたりとやりたい放題のジアートですw

ウルガル皇帝と軍団長達の会議シーンでは、またまた古臭いノリが描かれています。ワイン的なものをついでもらうおっさんとかw
人類より進化した種族の行く末がこんな奴らというのはちょっとショックですw
てなわけで、こんな奴らには負けたくないという気持ちが沸々と湧いてきます。

そこに乱入してきたわがまま皇子ですが、イズルは俺の獲物とばかりに、イズル情報は隠したままにするジアートでした。
なんというやりたい放題皇子w

そして最後に、ウルガルの船が火星に不時着したという謎情報が司令からテオーリアに明かされたところで次回に続きます。
というわけで、次回は火星での戦闘展開となるようで、バトル回に期待の本作です。



©創通・フィールズ/MJP製作委員会

「銀河機攻戦隊マジェスティックプリンス」レビュートップへ


inserted by FC2 system