ホーム2013第2クール(春)「進撃の巨人」>第12話 「傷」

「進撃の巨人」 第12話 「傷」

「進撃の巨人」第12話。
第12話は、ミカサ&アルミンのエレンゲリオン説得エピソード。
前回ラストに暴走してしまったエレンゲリオンをミカサとアルミンが必死に巨人達から守るために頑張る今回です。
そのエレンを守るために本気になるミカサが素晴らしいわけで、エレンを見捨てようとする同じ班の人に本気で怒ってみせたり、エレンの恋人と言われて超かわいく照れてみせたりと、超カッコイイ立体機動装置アクションと共に今回もミカサ回となっています。
お話の方は、そんな暴走エレンをアルミンが必死の説得をする展開となるわけですが、エレンゲリオンが復活しかけるめちゃいいところで、またもや次回に続く本作です。面白いけど話進まね~w 前週の振り返りが長かったり昔のドラゴンボールのアニメみたいな本作です。
そして、ラストには小林ゆう画伯の本編と同じくらい衝撃のエンドカードも登場して、見どころ満載の今回となっています。

お話は、犠牲者を数多く出しているというトロスト区奪還作戦の戦況情報シーンからスタート。
安心の止め絵演出からはじまる本作です。まあ、ウヨウヨいる描き込まれた巨人を全部動かせという方に無理がありますがw
そんな巨人達に殺された部下たちの死の責任を全部背負うピクシス司令の熱いシーンも登場です。

そして、前回ラストのエレンゲリオン暴走の続きの場面も登場。
まさかのミカサにパンチをしたエレンゲリオンでしたが、流石のミカサさんは華麗に攻撃をかわしていました。流石です。

そんなミカサをさらに狙うエレンゲリオン。相変わらずエレンゲリオン描写がかっけー本作です。

そのエレンゲリオンの2発目のパンチも華麗にかわすミカサの動きがこれまた美しいことになっています。

その後、エレンゲリオンの顔の前に張り付いて、エレンに正気を取り戻させようと声をかけるミカサのシーンがこれまた凄いことになっています。
エレンゲリオンに恐れを全く持たずにエレンとして接しているミカサさんの愛が熱すぎます。

そして、精鋭班のメガネのリコさんの無情の作戦失敗の砲があげられてしまいます。

エレンゲリオンの方は、ミカサを排除しようと自分の顔を殴っちゃってます。
拳が潰れるほど殴ったり、顔面を潰したりと筋力のリミッター外しすぎのエレンゲリオンがこれまた凄いことにw

そこでリコさんが、エレンゲリオンを見捨てて撤退することを提案するのですが、当然ミカサさんが激おこです。
本気でリコさんを睨むミカサのエレン愛がこれまた熱すぎることになっています。

そんな中、リコさんと同じように作戦中止を訴える部下を退けるピクシス司令の熱いシーンも登場。
犠牲者を出し続けるのを覚悟で、現場の精鋭班のサポートをしっかりするピクシス司令の有能すぎる理想の上司像が今回もめちゃかっこ良く描かれます。こんなハゲオヤジになりたい。

そのピクシス司令に信頼された精鋭班の班長のエレンを守ると決める決断シーンも熱いことになっています。
単にミカサが暴れたらどんな作戦も失敗すると判断したからかもしれませんがw

そんな上層部の判断をしっかり理解しているジャンも有能な上司になれる器を持っています。
毎回、ジャン視点で描かれるアニメも熱い本作です。

一方、撤退作戦を却下されたリコさんの納得いかないながらも作戦遂行する兵士としての姿もカッコイイことになっています。
そして、班長にエレンの恋人と言われてめちゃ照れて「家族です」と答えるミカサの可愛すぎるシーンも登場。
死ぬほどエレンを愛しているくせに「恋人」と言われると照れちゃうミカサが反則すぎる可愛さです。守ってもらいたい。

そんな中、エレンゲリオン作戦失敗の報を見たアルミンがエレンを救うために動き出します。
アルミン、エレン、ミカサの三角関係も熱いです。

そして、巨人の中で意識朦朧とするエレンのシーンがついに登場。
そこでミカサやお母さん達と幸せに暮らしている過去の夢を見ているエレンですが、これが何を意味するのかも気になる本作です。

そんな中、次々とエレンを狙って現れる巨人を倒していくミカサの立体機動装置アクションシーンも登場。
相変わらず、戦う時は強すぎるミカサさん。

そして、男アルミンの見せ場第2弾シーンも登場。
エレンが巨人の首の部分にいることを推察したアルミンが、そこに刺激を加えてエレンを起こす作戦に出ます。
自分を立体機動装置で固定してから一撃を入れるアルミンがめちゃかっけーことになっています。

そのアルミンの刃に左腕を刺されたエレンゲリオンが暴れるのですが、必死で食らいつくアルミンです。
その状況を見守っているミカサに「エレンはボクに任せて」と言って、戦いに行かせるアルミンがこれまた熱いことに。

精鋭班の巨人との戦闘も壮絶なことになっています。
食われそうな仲間を助ける班長が流石の手練キャラとなっています。

そこにミカサさんも到着して参戦へ。

一方、コニーを助けるジャンの熱いシーンも登場。ジャンが仲間を助ける熱い男にどんどん成長しています。
「俺のせいで誰かが死ぬのはもう御免だ!」

そんなジャンですが、立体機動装置が故障して大ピンチに!
ジャンをものまね芸人のキンタローみたいな巨人がめちゃ怖いんですけどw
そんな巨人からなんとか逃げ切ったジャンですが、どのように民家から脱出するのかの今後の展開も気になります。

そして、最後はアルミンのエレン説得シーンで幕を閉じる今回です。
幸せな家庭にこもるエレンに「外の世界」を夢見ていた話をして刺激するアルミンです。
炎の水、氷の大地、砂の雪原が広がっている「外の世界」。アルミンの語りがこれまた熱いです。
「外の世界」出てーw

その話を聞いたエレンがついに目を覚まして、「外の世界」に出たかった昔の気持ちを思い出します。
「俺がこの世に生まれたからだ!」と、その答えを叫んで、エレンゲリオンがついに復活!
そんな、なぜエレンが生への執念を見せたらエレンゲリオンが復活するのか、復活したエレンゲリオンは操縦可能なのかなど、気になることがいっぱいの引きで次回に続く本作です。面白いですが話進まねーw 巨人の謎が全然解けねーw とますます次回が気になる本作です。
そんな感じで、一週間に一度のお楽しみで盛り上がってまた来週というTVアニメスタイルがいい感じに出来ている本作かと思われます。

そして、最後に衝撃のサシャの中の人の小林ゆう画伯のエンドカードが登場。
こういう絵を描く画伯キャラで有名な小林ゆうさんですが、不意にエンドカードで登場してやられちゃいましたww
ちなみに、この絵の題名は「サシャと芋」らしいです。どこらへんにサシャと芋がいるのかしらw



©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「進撃の巨人」レビュートップへ


inserted by FC2 system