ホーム2013第2クール(春)「進撃の巨人」>第13話 「原初的欲求」

「進撃の巨人」 第13話 「原初的欲求」

「進撃の巨人」第13話。
第13話は、トロスト区攻防戦クライマックスエピソード。
ついに自我を得たエレンゲリオンが壁の穴を塞ぐべく、作戦実行を試みるトロスト区攻防戦のクライマックスが描かれる今回です。
そのエレンゲリオンを守る犠牲者続出の兵士たちの戦いが熱すぎるわけで、巨人に無残に食われる阿鼻叫喚のシーンや、ミカサの華麗な剣撃シーン、ジャンが必死で生き延びるシーンなど、作画も最高な熱くて切なすぎるシーンの連続の素晴らしい内容になっています。
そして、攻防戦のラストには最強兵士のリヴァイさんも緊急参戦で盛り上がりまくる神回となっています。リヴァイ兵長がかっこ良すぎますw
というわけで、前代未聞の前回の振り返り3分以上(笑)というのをあっさりと忘れさせる、濃すぎる内容のトロスト区攻防戦クライマックス回の今回でした。
途中、アニのシーンなど作画が間に合っていないところも見られましたが、それらのシーンを振り返り部分にあてるのでしょうか?
てなわけで、そんな作画スケジュールの遅れを取り戻すべく、次週は総集編となる第13.5話を放送の本作です。

お話は、唯一の希望のエレンを守るために兵士たちが巨人と戦い続けるトロスト区攻防戦の続きからスタート。
エレン救出に反対していたリコの班が、犠牲者を出しまくって残り二人になっているという辛い展開になっています。
ここまで犠牲を出して失敗に終わるわけにはいかないトロスト区攻防戦です。

一方、民家に逃げ込んだジャンの脱出劇も登場。
死亡した兵士から立体機動装置を拝借して脱出を試みるジャンの後ろに、例のキンタローみたいな巨人がキターーー!ジャン逃げてーー!
そんなジャンのピンチを助けたのは親友のマルコでした。
ジャン&マルコの熱い友情が今回も描かれていますが、まさかのマルコ死亡回となってしまう今回です。ヤメテーw

そんなジャンのピンチを救うのは、アニ・レオンハート!アニきたあああーー!
しかし、アニの活躍シーンが背景だけになってないんですけど。あちゃー、作画が間に合っていないようですw
そんな感じで今回は数箇所そういう違和感があるシーンが見られたのですが、前振りの長さはそういうところでの尺不足ということでしょうかw
まあ、数箇所シーンが欠けていても上手いこと誤魔化していたり、他のシーンの凄さに圧倒されてそれほど気にはならない今回です。
次回の総集編で作画スケジュールを取り戻して、なんとか頑張ってもらいたい本作です。

そして、ジャンのめちゃかっけー立体機動装置脱出アクションシーンが登場!
そらこんだけ動画枚数を使っていたらスケジュールもやばくなりますw 

そんな中、エレンゲリオンが自我を持って大岩を運んでいるという、ミカサ歓喜のシーンが登場!
ついにエレンが巨人をコントロールすることに成功です。
涙を浮かべながらその光景を見守っているミカサの笑顔がハジケテおります。あら、ミカサちゃん。

今回は、ミカサ達のメインキャラ以外の人達にも見せ場がありまくりとなっています。その一人が、精鋭部隊の現場指揮官のイアンです。
エレンの復活を確認すると、アルミンとミカサをエレンの元へ行かせて、自分は囮になるために巨人達の元へ。
なんという勇敢で部下の配慮もできる優秀な男です。

他の兵士たちも、ビビりながらも巨人を挑発してエレンから気をそらします。なんというビビりながらの勇気。
しかし、この人は巨人の平手でペチャンコにされちゃっておりました。ぎゃあああああw
その他の兵士たちも巨人酷い食われ方をしちゃっております。女兵士の悲鳴が・・・
そんな、ニンゲンの原初的欲求の「自由」を取り戻すために犠牲になっていく兵士達の戦いが熱く切なく描かれる今回です。

そして、仲間を助けるために、ついに現場指揮官が巨人に食われてしまうという衝撃のシーンも登場。
あなたも死んでしまうのかーーーw

エレンを助ける手助けをしてもらった恩人の目の前の死に、ショックを隠し切れないミカサです。

そして、エレンゲリオンのピンチを救うリコさんのめちゃかっけーアクションシーンも登場。
エレン救出に反対していたリコさんですが、やる時はやる女です。

ミカサさんも、もちろん活躍する今回です。
巨人の後ろに回ってからの美しすぎる斬撃を披露するミカサさんがかっこ良すぎます。守ってもらいたい。

そんな中、ついにエレンゲリオンが大岩で壁の穴を塞ぐことに成功!
エレンゲリオンの迫力描写も素晴らしいことになっている今回です。

エレンゲリオンの作戦成功の光景を見守るアルミンとミカサのシーンもいい感じです。

そこで、「みんな死んだ甲斐があったな」と、作戦成功の号砲を上げるリコさんです。
「人類が今日、はじめて巨人に勝ったよ」と、死んだ仲間に報告するリコさんが熱すぎます(涙
そんな作戦成功までの道のりを根気よく我慢して導いたピクシス司令の勝利とも言える作戦です。このハゲおっさんすげーw

トロスト区攻防戦のラストは、ついにあの人が緊急参戦します。
エレンを助けだそうとしているアルミンを2体の巨人が襲おうと・・・

そこに謎のカリアゲ飛行物体が現れて、めちゃ回転しまくりながら、2体の巨人を瞬殺しちゃいます。
リヴァイ兵士長がきたーーー!強すぎるーーーww

巨人の上で夕日をバックに自由の翼の調査兵団のマントをなびかせながら振り返るカリアゲ最強兵士のリヴァイさんがかっこ良すぎますw
「おい、ガキども、これはどういう状況だ!」
と、神谷浩史イケメンボイスも最高すぎるリヴァイさんです。

そして、巨人から奪還したトロスト区では、親友マルコの無残な死体を発見してしまう、ジャンの衝撃のシーンも登場。
あんなにジャンのことを評価していたマルコがこんなことになってしまうなんて・・・

しかし、死者の確認をしている女の人も目が完全にイッちゃっているわけで・・・
誰もがこの犠牲者を出しすぎた戦いでショックを受けていることが表現されたシーンでした。

そして、最後に牢屋に入れたれてしまったエレンの調査兵団入隊シーンで終了となる今回です。
そこで調査兵団の第13代団長のエルヴィン(CV.小野大輔)と話をするエレンです。ここにはリヴァイ兵士長も来ています。

巨人の謎の鍵を握るエレンの自宅の地下室の話をしながら、今後の意思を尋ねられるエレンです。
そこでエレンが「調査兵団に入って、とにかく巨人をぶっ殺したいです」と答えます。
その返答には、リヴァイさんがめちゃ目を光らせて食いついておりました。リヴァイさんも巨人に恨みが?

そして、エレンを気に入ったリヴァイさんがお世話役となって、「調査兵団」への入隊が認められたエレンでした。
というわけで、途中で巨人になったりと大変なことになりましたが、ついに念願の調査兵団の入隊が決まったところで次回に続く本作です。

その次回の前に、次週は総集編の第13.5話「あの日から」を放送。
スケジュール遅れで総集編が入るという情報があった本作ですがこのタイミングでとなりました。
新番が続々スタートする週に総集編が入るのは視聴者的にはちょっとありがたいかもw



©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「進撃の巨人」レビュートップへ





inserted by FC2 system