ホーム2013第3クール(夏)「Free!」>第4話 「囚われのバタフライ!」

「Free!」 第4話 「囚われのバタフライ!」

「Free!」第4話。
第4話は、メガネ男子怜ちゃんの囚われのバタフライエピソード。
前回、自由を求めて水泳部に入部を決めたカナヅチの怜ちゃんの水泳特訓エピソードの今回です。
そんなわけで、ついにプール解禁の季節となって本格的に水泳部部活ストーリーが始まっている本作です。
水泳解禁ということで、水着サービスも今まで以上にはっちゃけていて、堀口悠紀子作監の女子には嬉しすぎる水着だらけのサービス回になっています。
なぜ京アニさんは女子向けにはここまで露骨なサービスアニメが出来て、男子向けにはたまこなのかw
ほか、ハルちゃんと凛ちゃんのドキドキするホモホモしい金網シーンなど、見どころ満載の内容で面白くなってきている本作です。

お話は、プール解禁シーズン到来で、履いていく水着を厳選しているハルちゃんのテンションアゲアゲシーンからスタート。
どれも同じ水着に見えますが、ハルちゃんだけにしか分からないこだわりが描かれていますw
そのハルちゃんを外で待つマコちゃんは子猫と戯れ中。そんなマコちゃんがめちゃいい感じかと思えば、堀口悠紀子作監回の今回でした。
そんな堀口悠紀子作監で、水着サービス満載の内容でお送りされる第4話です。
あちゃー、萌豚さんは堀口悠紀子さんをコッチ方面に取られてしまいました。

学校では、江ちゃんのトレーニング説明も聞かずにプールへダイブのハルちゃんでした。なんという自由人w

その後は、水泳部アニメらしく、トレーニングメニューと種目についての解説がマコちゃんにより怜ちゃんにされます。

そして、そのメニューが凛ちゃんのやっていたものと知って、めちゃ気にするハルちゃんでした。
そんなわけで、怜ちゃんの水泳特訓ストーリーの中で、ハルちゃんと凛ちゃんとの熱いライバル物語も描かれる今回です。

その怜ちゃんの水泳特訓ストーリーの方は、入念にするストレッチの肉体描写とブーメランパンツで、笑いとサービスのつかみはバッチリですw

江ちゃん注目(筋肉に)の怜ちゃんの初泳ぎシーンですが、結局腹打ちダイブで全然ダメダメの怜ちゃんでした。
沈んで必死で水から上がってくる描写の繰り返しで笑いも取る怜ちゃんです。

基本的なレッスンから始めるのですが、泳ぐ動作をすると沈む怜ちゃん。なぜ沈むw

そんな中、ハルちゃんと凛ちゃんとのそれぞれの水泳に対する目標の違いについても江ちゃんとの会話で描かれます。
自由に泳ぎたいハルちゃんと、オリンピックを目指している凛ちゃん。
そんな二人が昔みたいに笑顔で仲良く泳げる日が来るのか否か。

その凛ちゃんは、打倒ハルちゃんに向けて、ストイックに練習を続けています。
触るものすべてを傷つけそうなギラギラしている凛ちゃんがかっけーです。

一方、ライバルのハルちゃんはジャージのロゴのデザインとなるリアルイワトビちゃんを執筆中。
完成したリアルイワトビちゃんがめちゃリアルw
そんな感じで凛ちゃんとハルちゃんには温度差があるという流れになっています。
ちなみに、今回から制服が夏服になっていて、緑のネクタイがいい感じのハルちゃんです。

そんなハルちゃんが描くリアルイワトビちゃんに美しいと惚れ込む怜ちゃんでした。えっw

そこに江ちゃんが現れて、あと7日間で泳ぎをマスターするように怜ちゃんに迫ります。
あら、江ちゃんが着る女子の制服もめちゃいい感じ。

そして、7日間の怜ちゃんの水泳特訓が始まります。
まずは渚の平泳ぎからとなるのですが、その水中アングルはやめいw

渚に手をとられる怜ちゃんがなんかかわええのですが、結局、浮かんで来ない怜ちゃんでしたw

次の日の、マコちゃんとのバックの練習もまったくダメダメな怜ちゃんです。
めちゃええフォームなのになぜ泳げないw ビート板使いなよw

頼みの綱の知識人のアマちゃん先生に教えを請うのですが、結局何も出て来なかったアマちゃんです。
なんも出ないんかいw

ピザを取って、金髪の元コーチにも頼みますがフツーに忙しいと断れれます。
この金髪コーチが岩鳶高校のコーチに就任する日が来るのか否か。

あと四日にして、ブーメランパンツが泳げない原因であることに気付いた怜ちゃんです。
違うと思いますw それとおしりをキュッとさせないでw
ちなみに、4日目はこれだけで終了。

次の日は、水着の購入に行くわけですが、アマちゃんは過去の水着トラウマから同行を拒否ります。
アマちゃんの過去に何があったのかめちゃ気になりますw

水着ショップでは、ついに水着回お約束の試着サービスシーンが登場。
締め付けにこだわりを見せるハルちゃんがええ顔をしていますw
そんな光景に、付き添いで来た江ちゃんも興奮を隠しきれませんw 

渚のボーイッシュビキニにマコちゃんのピッチピチの黒スーツ。
怜ちゃんのバタフライ水着は一体なんなのかw やり過ぎですw
ちなみに、ハルちゃんはずっと同じタイプの水着を着ています。

江ちゃんはますます大満足。可愛すぎる江ちゃんです。
てか、江ちゃんは水着は着ないの?

その後も水着を見させられ続けて流石に疲れた江ちゃんは、鮫柄高校キャプテンとばったり遭遇。
普段着のキャプテンは、水着の時と違って高校生って感じになっています。

そして、鮫柄も着ていたということで、凛ちゃんとハルちゃんがついにバッタリと顔を合わせてしまいます。ドキドキのシーンです。
ふたりとも突然の再会に動揺しちゃってますw

その後、二人でガチで話し合うことになるのですが、「オレのために泳げ」と金網に押し付けて迫る二人のシーンがホモホモしすぎてドキドキしちゃいますw
強気な凛ちゃんに対して、「負けても泣くな」と逆に言い返すハルちゃんが逆に強気返しです。結局、どっちが攻めなのw

というわけで、男同士のすごい気持ちのぶつけ合いを目撃してしまった、衝撃の江ちゃんでした。
これで中学生の時に凛ちゃんに勝って傷ついて水泳を辞めてしまったハルちゃんの新たな戦いがはじまります。

そしてお話は、ビシっと競泳パンツを整えた怜ちゃんに戻るわけでしたが、入水角度は改善されたものの、結局浮かんでこない怜ちゃんです。

そこでついにハルちゃんがコーチとして名乗りを上げます。
自由を求める怜ちゃんに何かを感じたのかしら。

しかし、ハルちゃんの教えでも泳げなかった怜ちゃんに皆さんが失望します。
知識人のアマちゃんもエジソンに例えて、1%の閃きがないと無理と怜ちゃんを完全否定w

そんなプールの隅っこにショボンと座る失望展開の中、1%の閃きが怜ちゃんの前に舞い降ります。
それこそバタフライを表す蝶々そのものだったわけで・・・
共に自由に飛べない仲間となったハルちゃんと怜ちゃんの前に、自由に空を飛ぶ蝶々が現れるというプチ奇跡が起こります。

そして、翌日の特訓最後に日に、鮮やかにバタフライを泳ぐ怜ちゃんの姿が!
ついに理論を超えて自由の感覚を少し手に入れた怜ちゃんです。

その怜ちゃんの視線の先には、蝶々と戯れる同じ自由を求めるハルちゃんがいるわけで・・・
と、最後はバタフライ専門家となる怜ちゃんのオサレで質的な蝶々シナリオで締められる今回でした。
というわけで、水着サービス満点水着回と、凛ちゃんとハルちゃんの熱い男の友情に、怜ちゃんのバタフライストーリーとめちゃ見どころ満載の今回だったかと思われます。



©おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶高校水泳部

「Free!」レビュートップへ





inserted by FC2 system