ホーム2013第2クール(春)「進撃の巨人」>第16話 「今、何をすべきか」

「進撃の巨人」 第16話 「今、何をすべきか」

「進撃の巨人」第16話。
第16話は、エレンと共に訓練をしてきたジャン達仲間の調査兵団入団エピソード。
訓練兵団入団当初は憲兵団に入る気マンマンだったジャンやコニーが、ついに調査兵団に入ることを決める熱いお話の今回です。
ジャンやコニーだけでなく、サシャやクリスタちゃんまで入団して、主要キャラ達による次なる調査兵団ストーリーが本格的に動きだします。
一方、当然のように調査兵団に入団したミカサは、愛しのエレンと再会しつつ、「あのチビは調子に乗りすぎた」とリヴァイ兵長への激おこぶりを今回も披露してます。狂犬ミカサに目をつけられたリヴァイ兵長がヤバスですw
そして、入団勧誘演説で超かっこいいところを見せたエルヴィン団長のもの凄い形相の中、第57回壁外調査が始まる熱い展開で次回に続く本作です。

お話は、前回ラストの捕獲した巨人が殺された事件で、サシャやクリスタちゃん達訓練兵団のメンバーが犯人ではないかと立体機動装置の使用履歴の調査を受けているところからスタート。
その事件に関して、誰にメリットがあるのかを分析しているアルミンが流石です。

そんな中、調査兵団に入ることを決めているジャンの拳を握りしめている熱いシーンも登場。

親友マルコの遺体を火葬した夜に、自分のすべきことを確信して、仲間に調査兵団に入ることを宣言するジャンがこれまた熱いです。
そんなジャンの気持ちに心が動かされていく仲間達も熱いです。クリスタちゃんまでジャンに心を動かされるとはw
そんなわけで、序盤から描かれてきたジャンの調査兵団入団への熱い物語がついに一区切りする今回です。

そんなジャンを見て、憲兵団に入ることを決めているバカの子のコニーも、頭じゃ分からないけど調査兵団に入ることを体が求めています。
そんなコニーの調査兵団入団展開も熱い今回です。

一方、ジャンには感化されず憲兵団一筋のアニですが、コニーにアドバイスしたりして優しいところを見せています。
しかし、憲兵団一筋なことの理由に歯切れの悪いアニに、何やら伏線を張っている感のあるシーンです。

一足お先に調査兵団に入っているエレンは、リヴァイ兵長と馬でお出かけに。
そこで「オレから2馬身以上遅れるなよ」とエレンに命令するリヴァイ兵長が、これまた無駄にかっけーことになっていますw

そして、訓練兵団兵士が調査兵団入団を決めなければならない夜がやって来ます。
最後の勧誘演説にエルヴィン団長が立ちます。

そこで、いきなりシガンシナ区のエレンの実家の地下室に巨人の秘密を解く鍵があると演説し始めるエルヴィン団長です。

そんな超重要機密情報をここでなぜ語っちゃうのかと、切れ者のアルミンがいち早く反応します。
そんなわけで、エルヴィン団長が密かに巨人の謎を調査している物語も気になる本作です。
そんなエルヴィン団長の有能ぶりがこれまたかっけーことになっている今回です。

そして、新入団兵士がほとんど死ぬ事実を告げたところで、ついに入団希望者以外は解散となります。
アニは一目散に憲兵団へ。

大勢の兵士が立ち去る中、これで本当にいいのかと自問自答しながらその場に残るジャン、サシャ、コニーのシーンが熱いことに。
結局、憲兵団を捨ててその場に残るコニーが熱すぎますw

当然のように残るアルミンとミカサの中、ジャンも咆哮して調査兵団入団に気合を入れました。

そして、英断を下した新兵達と敬礼を交わすエルヴィン団長のシーンがこれまた熱いことになっています。

結局、残っちゃって泣きそうなコニーとサシャw
そして、なにより熱いのが小柄で超かわええのに熱い決断をしたクリスタちゃんです。クリスタちゃん最高。
隣にいるそばかすはクリスタちゃん狙いで調査兵団に残った模様。クリスタちゃん逃げてー。

アルミンやジャンが入団した班の班長が、馬に髪をむしられたハゲだったと明かされる乾いたギャグシーンも登場w

そのハゲの班長から壁外調査についての講義を受けるアルミン達でした。
講義内容よりもハゲが気になりますw

エレンも手厚く自分が保護された壁外調査の作戦内容を聞きます。ペトラさんキャワワ。

そんな中、ついに調査兵団でミカサとエレンが再会します。
エレンがいるのを知ってから、駆け寄って心配するまでの姿がまるでお母さんのミカサです。
ここでエレンがリヴァイ兵長にボコられたことを思い出して「あのチビは調子に乗りすぎた。いつか私がしかるべき報いを」と狂犬ぶりを見せていますw
そこチビも登場するのが笑えます。てか、チビって言うなw
というわけで、ミカサの激おこの対象になってしまったチビ兵長との、人類最強対決の行方もめちゃ気になる本作です。

そこでジャン達とも再会したエレンでしたが、班長のマルコが死んでしまった悲しい事実を知ってしまうことに・・・

そして、そんな一緒に訓練をしてきた仲間が調査兵団の自由の翼の制服をついに着るというかっこいいシーンが登場します。
そこには俺らの班長の亡きマルコの姿もあって(涙
というわけで、仲間達がついに調査兵団に入るという、エレン達の青春の区切りのお話にもなっている今回です。

その夜は、ジャンらしく現実的に戻ってのエレンの巨人化の詰問展開へ。
ミカサを殺そうとしたこと問い詰めるジャンでしたが、「ハエを叩こうとして・・・」とだいぶ無理な弁解をしようとするミカサが可愛すぎますw
頬の傷も必死に隠そうとするミカサのエレン愛が愛おしいです。

そこで事実を認めて巨人をまだ制御しきれていないことを吐露したエレンに、皆の命がエレンにすべてかかっていることを問い詰めるジャンが、ジャンらしくていい感じです。そんな立派な指揮官に成長しそうなジャンの今後も気になる本作です。

そしてお話は、第57回壁外調査へ向かうエレン達調査兵団のシーンへ。
昔、憧れの目で見ていた調査兵団の出陣シーンに、エレンが調査兵団側にいることに感慨を受けるシーンです。

自由の翼に憧れる子どもたちを見るエレンがええ顔をしています。

最後に、兵団の先頭に立つ白馬に乗ったエルヴィン団長が「第57回壁外調査を開始する!前進せよー!」と、飛び出すところで次回に続く本作です。
いつもは紳士なエルヴィン団長が、いざ出陣となるともの凄い形相になるところがめちゃかっけーんすよ。

そして、次回は謎の女型の巨人が登場の新展開となるようで、次回もめちゃ気になる本作です。



©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「進撃の巨人」レビュートップへ





inserted by FC2 system