ホーム2013第2クール(春)「進撃の巨人」>第17話 「女型の巨人」

「進撃の巨人」 第17話 「女型の巨人」

「進撃の巨人」第17話。
第17話は、謎だらけの女型の巨人登場エピソード。
調査兵団に入団したアルミン達が、ついに初の壁外調査に出陣して、そこでめちゃヤバイ女型の巨人と遭遇してしまう今回です。
そんなわけで、久しぶりの巨人満載、立体機動装置アクション満載、阿鼻叫喚満載の巨人アニメが展開するめちゃ面白い神回登場の本作です。
壁外調査のシーンでは、めちゃ怖い巨人に追われるサシャや、エルヴィン団長の見事な陣形システムなどがこれまた面白く描かれます。
そして、そんな中での謎の女型の巨人の登場で、アルミン大ピンチの巨人謎展開がさらに物語にのめり込ませてくれます。
というわけで、女型の巨人がアルミンを殺すのを躊躇したり、切れ者アルミンの謎のセリフが女型の巨人の攻撃を止めたり、仲間になんか怪しい人(笑)がいたりと、巨人の謎展開と恐怖展開がめちゃ面白くて、これまた次回が気になる本作です。

お話は、エルヴィン団長を中心に壁外調査へ出かける調査兵団のシーンから再開!
兵団の進行を妨げる巨人を排除したりする部隊があったり、統率のとれた調査兵団の進撃システムが描かれます。
てなわけで、いきなり巨人との立体機動装置アクションが登場!

そんないきなりの巨人との遭遇でビビリまくりのサシャでしたw
そんなサシャを優しく導く上官がこれまた熱いシーンです。

リヴァイ班のエレンも長距離索敵陣形の一番安全な場所で作戦に参加です。
そこで、カリアゲのオルオさんに陣形の解説を受けるエレンでしたが、ここでもオルオさんの舌噛みギャグが炸裂しますw

そんなオルオさんのギャグで場が和んだところで、エルヴィン団長が作った長距離索敵陣形の説明シーンが登場。
それぞれのキャラがどこらへんに居るのかが、カメラがめちゃカッコよく動いて描かれています。

外側の索敵部隊が巨人を発見して、いち早くエルヴィン団長にその情報が伝えられて陣を動かすという、熱い陣形です。
これを考案したエルヴィン団長が優秀すぎます。

そんな中、索敵漏れの巨人にサシャが出会ってしまいます。
四足歩行の猛スピードでサシャに迫る巨人が怖すぎるんですけど。ギャーー!、サシャ逃げてーーw、
そんなわけで、久しぶりの巨人とのバトル展開で、巨人の恐怖が満載の今回です。

その巨人は上官が惹きつけて木にぶち当ててくれました。上官かっけー!

一方、アルミンの班では、ハゲの班長が奇行種を発見!この奇行種がめちゃキメーw
奇行種はその場で仕留めるのがルールらしいですが、その奇行種を仲間とカッコよく仕留めるハゲの班長です。
アルミンに近づけないようにして戦うところも流石の班長です。

そんな班長の活躍に大喜びのアルミン。てか、アルベルトってアルミンのことだったみたいです。
そして、髪をむしる愛馬も帰って来てくれた順風満帆の班長です。しかし、この人がいきなりあんなことになってしまうとは・・・

というわけで、ハゲの班長の後方からもの凄い勢いで陸上走りで迫ってくる、謎の女型の巨人がついに登場。
なんだこいつーーw めちゃはえーーーW

その女型の巨人を奇行種と判断して、戦いを挑んだ班長コンビでしたが、一人は握り潰され、ハゲの班長はワイヤーを掴まれて地面に叩きつけられてしまいます。ぎゃーーーーーー!!ハゲの班長逝ったーーーー!!www
まさかの、あんなにユーモアたっぷりで強かったハゲの班長がいきなりの退場です。

悲しんでいる暇もなく、次のターゲットはアルミンです。
アルミンが踏まれるーーーーーw

その頃、女型の巨人により連れて来られたとされる巨人達によって索敵班が壊滅状態となっていました。
食べないでーーw

一方、なんとか踏まれなかったアルミンですが、女型の巨人にフードを外されて顔を確認されています。
なんなのこれw 生きた心地がしないアルミンですw

そして、アルミンと確認すると?そそくさと次の現場へ走って行った女型の巨人でした。あら、実は優しい人?
というわけで、女型の巨人とアルミンの謎だらけのシーンが描かれる今回です。

その後、ライナーとジャンが合流して、女型の巨人を追うことにしたアルミンです。
そこで女型の巨人を「いいケツした巨人」と呼ぶライナーがエロいです。確かにいいケツw
そんなライナーですが、女型の巨人がエレンと同じタイプだと言うアルミンの分析に興味を持ったりと、メチャ怪しいことになっている今回です。
ここでエレンが陣形の一番安全な場所にいるという情報もゲットのライナーでした。
ちなみに、こんなライナーみたいな奴が潜んでいることを分かっていたのか、エレンの居場所をはぐらかしているエルヴィン団長がこれまた流石です。

さらに、ここでのジャンが前回に続いて勇敢なわけで、すべきことだと、女型の巨人を仕留めるために挑みます。かなり無謀ですがw
アルミンは、冷静に対抗できるのはリヴァイ兵長とミカサだけだと分析しています。

案の定、無謀な戦いだったわけで、アルミンが女型の巨人の叩かれてしまって大ピンチになります。

助けに入るジャンでしたが、弱点を防御した女型の巨人に手出しが全く出来ません。
ジャンの危機一髪回避アクションも素晴らしいことになっています。

そして、ジャンが絶体絶命のピンチの中、アルミンの叫びに女型の巨人が攻撃をやめる謎の事件が発生!
「ジャン!死に急ぎ野郎の仇を取ってくれ!」と叫ぶアルミンですが、それになんの意味が?
そんなわけで、何かの答えを見つけたらしいアルミンがメめちゃかっけーことになっています。
果たしてアルミンは何が解ったのか。死に急ぎ野郎とは誰? あっ、そういやジャンがエレンのことを死に急ぎ野郎って言ってたっけw

そこで、すかさず怪しいライナーが動きます。なんだその女型の巨人の不敵な笑みはw

そして、女型の巨人に捕まったライナーが握り潰されてしまいます。ライナー逝ったーーーw
完全に親指で頭を潰されているライナーです。

しかし、そのライナーがまさかの脱出劇を演じます。演じてますよねw
ジャンはライナーがミカサに次いで強いと解釈していますが、少し無理がある気がします。

そして、ライナーと接触後、一目散にエレンのいる陣の後方へと向かった女型の巨人でした。
あっ、ライナーは死に急ぎ野郎のエレンが生きていることと居場所を教えやがったなw 頭から変な煙が出てるのもおかしいライナーですw
というわけで、ライナーと女型の巨人がなにか繋がりがある匂いがぷんぷんする謎だらけの展開で次回に続く本作です。
切れ者アルミンがその謎をどのように解いて行ってくれるのか、先がめちゃが気になります。
(ちなみに、原作の5巻の前回のアニメの終わったところまでしか読んでいないので、先は知らずにレビューをしてます。)



©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「進撃の巨人」レビュートップへ





inserted by FC2 system