ホーム2013第2クール(春)「進撃の巨人」>第24話 「慈悲」

「進撃の巨人」 第24話 「慈悲」

「進撃の巨人」第24話。
第24話は、続・女型の巨人捕獲作戦エピソード。
前回ついに女型の巨人がアニであることが判明しましたが、今回は再び調査兵団によるアニ捕獲作戦が行われます。
捕獲作戦中には、これまでのアニが疑わしかった場面の謎解き解説シーンもあって、アニの犯人謎解き解決編にもなっている今回です。
そんな中、元仲間のアニに躊躇して巨人になれないエレンにプレッシャーをかけるミカサさんの眼力もすごいことになっていますw
また、最終回前のクライマックスということで、アニメの出来も素晴らしく、カメラを動かしまくりの立体起動バトルも見ものの内容になっています。
そして最後に、「駆逐してやる!」のエレンがついにエレンゲリオンを再起動させてアニに挑むという熱すぎる引きで次回最終回に続く本作です。

お話は、エレンの目の前でアニがついに女型の巨人になってしまうシーンからスタート。
アニがうなじのコックピットに乗って巨人になっていくところがまざまざと描かれて、エレンもアニが犯人であることが認めざる負えないシーンとなっています。

そんな中、数日前の調査兵団による今回の作戦会議シーンも登場します。
エルヴィン団長がミカサやアルミンを連れて来て、アニを疑っていることをここでエレンに明かしておりました。

そして、地下に逃げ込んだエレン達でした、アニがエレンを殺すのも覚悟で襲ってきてだいピンチになります。

しかし、そんな状況でもエレンは元仲間のアニに躊躇して巨人になれません。
そんなアニを気にするエレンに、ミカサさんが嫉妬モードを炸裂させてエレンにプレッシャーをかけます。
そのエレンにプレッシャーをかけるミカサさんがホラーすぎて怖すぎるんですけどw この嫁怖すぎw

ここで、アルミンによるアニを疑っていた過去シーンの解説も入ります。
女型の巨人が「生き急ぎ野郎」という言葉に反応したところや、巨人殺しの犯人がアニであることなどがアルミンから語られます。
というわけで、これまでの謎シーンが解説されるアニの犯人謎解き解決編にもなっている今回です。

さらに、エレンゲリオンとの格闘バトルで、女型の巨人がアニの得意技のハイキックでエレンゲリオンを仕留めていたことが明かされます。
なんの技でやられたのか分からなかったあのシーンでしたが、こういうことが起こっていたのでしたかw 
というわけで、エレン自身もアニが疑わしいという場面に遭遇していたことが判明の今回です。

そして、そんな諦めの悪いエレンに、ミカサさんが再びプレッシャーをかけます。なんという眼力w
そんなミカサさんが去り際に「仕方ないでしょ、世界は残酷なんだから」と言うシーンがめちゃかっけーことになっています。

その後、地上では、ミカサさんとアニとの立体起動バトルが始まります。
最終回前のクライマックスということで、アクション作画も最後のひと踏ん張りの本気回となっている今回です。

一方、ジャンもエレンのヅラを取って、調査兵団の作戦に加わります。
そんな中、エルヴィン団長と睨み合う憲兵団の人達のシーンも登場。
果たして、最終回で憲兵団の人達も目を覚まして一緒に戦うことが出来るのか否か。

立体起動バトルの方は、調査兵団の名も知れぬモブの人達もカッコよく戦います。
しかし、見事にアニの餌食になって死んで逝きましたw

ミカサさんの立体起動アクションも本気度を増してきて、カメラの動きが半端ないことなっていてヌルヌル動くミカサさんです。
ミカサさん超カッケー!

一方、瓦礫に巻き込まれたエレンは、ジャンとアルミンに説得されながら、ラストの復活へ溜めていますw

そんな中、ジャンとアルミンによる誘導の、ハンジさんによるアニ捕獲作戦も発動します。
ハンジさんの変態ぶりが相変わらずヤバイことになっていますw

捕獲したのですが、拘束具が少なすぎて脱出してしまうアニです。
調査兵団の周到に用意した3次作戦まで突破するアニが強すぎる展開です。

そんな調査兵団も八方塞がりの中、ついにエレンが動き始めます。
ペトラさんやお母さんが巨人にやられたところを思い出して、「駆逐してやる、いや殺す!」」と、ついに初心を思い出したエレンです。
胸に杭が突き刺さりながら、血だらけで復活するエレンが熱すぎることになっていますw

そこで、最後まで壮絶に戦っていたミカサさんもアニにふっ飛ばされてしまいます。なんというふっ飛ばされアクション。

そんなミカサさんのリタイアと共に、ついにエレンゲリオンが再起動します!雷キターーーー!!

そのエレンゲリオンの復活を見守るエルヴィン団長がかっけーんすよ。

そして、アニの振り向きざまにエレンゲリオンが渾身のパンチをぶち込みます。
ぶっ飛ばしたエレンゲリオンのアップ顔がこれまた最高です。

ミカサさんもそんなエレンゲリオンの復活を見守ります。

最後に、エレンゲリオンのアニへの猛突進シーンで、次回最終回に続く本作です。
というわけで、数々の阿鼻叫喚の衝撃シーンで楽しませてくれた本作もついに次回が最終回になってしまいました。
原作はまだ継続中の「進撃の巨人」ですが、アニメ第1期をどのように締めてくれるのか、荒木監督コンテの本気の最終回に期待です。



©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「進撃の巨人」レビュートップへ





inserted by FC2 system