ホーム2013第3クール(夏)「たまゆら~hitotose~」>「たまゆら~もあぐれっしぶ~」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」感想・レビュー一覧

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 最終話 「そして…旅立ちの季節、なので」(9/19)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第11話 「今年もありがとう、なので」(9/12)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第10話 「いつかくるその日まで、なので」(9/5)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第9話 「心に灯す竹あかり、なので」(8/29)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第8話 「あの日の遠い約束、なので」(8/22)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第7話 「ついに、みんなで来たよ!なので」(8/15)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第6話 「もう届かない笑顔を訪ねて、なので」(8/8)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第5話 「明日のためにレッツフォト、なので」(8/1)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第4話 「特別な場所 特別な想い、なので」(7/25)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第3話 「写真部 本格始動、なので」(7/18)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第2話 「どきどきの新しい一歩、なので」(7/11)
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第1話 「おかえりなさいの一年に、なので」(7/4)


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 最終話 「そして…旅立ちの季節、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」最終話。
最終話は、かなえ先輩が最後の宣誓をする卒業エピソード。
卒業して行くかなえ先輩が、卒業式で「一生、ぽって部長です!」と宣誓して幕を閉じる今回です。
その他は、ぽってとお母さんによるお父さんへのエピローグ的な「ありがとう」エピソードになっていて、前回が事実上の最終回という感じの本作になっています。というわけで、お父さんとの思い出話以外にほとんどやることがなかった感がある第2期は、エピソードを埋めるのにちょっと苦労しているのが見られる内容だったかと思われます。もう少しタイトルの通り、モアグレッシブにぽって以外の人の物語を動かせなかったものかw
そんな中、2期で新キャラとして一人頑張っていたかなえ先輩が最後に可愛く締めてくれた第2期でした。
そんなわけで、果たしてぽって卒業の第3期は出来るのか否か。3年目はやることがいっぱいでネタ切れはなさそうですが・・・

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第11話 「今年もありがとう、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第11話。
第11話は、かなえ先輩の涙の写真部卒業エピソード。
この一年、ぽって部長と一緒に写真部活動をしてきたかなえ先輩が、ついに写真部を卒業してしまう今回です。
そのかなえ先輩の写真部でのタイムリミットが年内一杯というわけで、大晦日恒例の私達展が最後の先輩の部活動となってしまいました。
そして、ぽって達と一緒に見た初日の出シーンで、ついにかなえ先輩が号泣してしまう涙のお別れエピソードとなっています。
そんなぽって部長とかなえ先輩の出会いと別れの一年を見守った、ぽって冷やかし部の人達の涙も禁じ得ない感動ストーリーとなっている今回です。

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第10話 「いつかくるその日まで、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第10話。
第10話は、かなえ先輩の大崎下島卒業旅行エピソード。
卒業を控えたかなえ先輩が、将来の自分の進む道へのきっかけを探して大崎下島を旅するええお話の今回です。
というわけで、前作に続いて麻音たんの実家の大崎下島が登場の今回ですが、下島では麻音たんが昔乙女座でコンサートを聴いた、アーティストのマーブルの人達がまさかのゲスト出演!そして、かなりの美形のアーティストに盛られたマーブルの乙女座コンサートも描かれる今回です。
そんなわけで、気付けばかなえ先輩も卒業間近の第10話となっていて、そろそろぽって達の2年目も佳境を迎えようとしている本作です。
また、今回はサンフレッチェ広島とのコラボシーンも登場。

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第9話 「心に灯す竹あかり、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第9話。
第9話は、竹原での秋の恒例行事の憧憬の路エピソード。
前作でも描かれた憧憬の路ですが、竹原2年目でお客さんではなくなったぽっての憧憬の路での姿が描かれる今回です。
そんな今年は、お父さんの高校時代の噂の友人の夏目望さんが憧憬の路にやって来ます。
緑川光演じるダンディでツンデレなイケメンオヤジの望さんとぽってのお父さんを思い出す過去話が涙を誘う素晴らしいエピソードとなっています。
絵コンテを佐藤順一監督、演出をカサヰケンイチ担当の作画本気回で、久しぶりにこれぞ「たまゆら」な素敵なフィルムとなっている今回です。
夏目望さんにぽっての写真が侮辱されて激おこになるかなえ先輩も最高な今回です。

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第8話 「あの日の遠い約束、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第8話。
第8話は、竹原での花火大会エピソード。
前回のお話の中でも言っていた通り、ちひろちゃんが竹原にやって来る花火大会エピソードとなった今回です。
というわけで、先週の汐入での花火に続き、今週は竹原での花火大会と2週連続のちひろちゃんエピソードとなっている本作です。
先週と違うのは、質問魔のちひろちゃんの友達のともちゃんが竹原には来なかったということで、ともちゃん抜きでのちひろちゃんとぽっての二人で秘密基地を探す遠い約束の物語が描かれる今回です。
もしかして、ともちゃんが来るとややこしくなるので、先週の内に逆にこちらから会いに行ってともちゃん回を終わらせた?w

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第7話 「ついに、みんなで来たよ!なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第7話。
第7話は、神奈川の汐入エピソード。
ぽっての汐入の友人のちひろちゃんが竹原にくる夏エピソードがそろそろ来るかと思われてましたが、まさかのぽって達が逆に汐入に行くというお話の今回です。その汐入で、ついに噂のちひろちゃんのお友達の質問魔のともちゃんの全貌が明かされます。
というわけで、展開的には面白い流れになっていますが、お話は結局、ぽってのシリアスなお父さんを懐かしむ観光アニメになっていて、前回の繰り返しでちょっとネタ切れ感も感じる2期となっています。作画もグロス回で不安定なのがちょっと気になります。
一方、気になるともちゃんのキャラの方は、なかなかのスイッチが入ると止まらない質問魔の奇行種となっていて、なかなかいいキャラのともちゃんです。
そんな今回の一番のみどころは汐入にやって来て一夜かぎりのアバンチュールを楽しんでブイブイ言わせているももねこ様のような気もしますw

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第6話 「もう届かない笑顔を訪ねて、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第6話。
第6話は、ぽってのお父さんの足跡を訪ねる瀬戸内探訪エピソード。
いきなりお父さんの後輩なる人物が現れて、その後輩に連れられて、ぽってが志保美さんと一緒に瀬戸内の旅をする今回です。
内容は、本当に3人が瀬戸内を旅するだけのものになっていて、何この旅アニメという、旅好きにはたまらない内容になっていますw
そんな瀬戸内探訪の旅で、お父さんの相変わらずの自由な奇行種ぶりが明かされて、知られざるお父さんの足跡に迫るぽってです。
最後には、「~なので」の口癖がお父さん譲りであるという衝撃の事実が明かされて、ますますぽっての奇行種なお父さんが気になる今回でした。

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第5話 「明日のためにレッツフォト、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第5話。
第5話は、三谷かなえのはじめての秘境探検部参加エピソード。
ぽっての写真部に入部したら、当然さよみお姉さんの秘境探検部に強制入部ということで、三谷かなえがはじめての、さよみお姉さんに強制連行されて歩かされまくりの秘境探検部を体験するお話の今回です。
しかし、さよみお姉さまがドヤ顔で案内するだけあって、旅の終着点には素晴らしい景色が用意されていて、何事にもアグレッシブなぽって部長に劣等感を持っていたデジカメ少女の三谷かなえが、その素晴らしい桜の景色と共に悩みを解決するという、ええお話となっています。

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第4話 「特別な場所 特別な想い、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第4話。
第4話は、ぽって&三谷かなえの桜まつりエピソード。
前回、写真部コンビを結成したぽって&三谷かなえが、ついに写真部活動の初イベントとなる桜まつりに挑む今回です。
そのぽって&三谷かなえの写真部コンビがなかなか良いユニットだったわけで、歳上なのに「ぽって部長!」とぽってに心酔する先輩の三谷かなえが、ぽってのもあぐれっしぶな写真部活動のナイスなサポート役となっていますw
そんな二人の頑張りで見事に桜まつりのステージイベントを成功させたり、竹原のヒーローのももねこ様の大活躍があったりと今回もええお話になっています。そんなわけで、ぽって&三谷かなえコンビが結成して、本格的な写真部活動が始まった本作がいい感じに面白くなってきているかと思われます。

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第3話 「写真部 本格始動、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第3話。
第3話は、ぽってVS.三谷かなえのガチンコバトルエピソード。
ついにぽっての設立した写真部になにか言いたげだった三谷かなえ(CV.茅野愛衣)とぽってが直接対決する今回です。
そこでのぽってのもあぐれっしぶぷりが凄いわけで、三谷かなえはその姿に「すごーす、すごーす、ぐいぐいくる」と押されてしまいますw
てなわけで、見え見え展開ではありましたが、ぽってに興味津々だった三谷かなえがついに部員となって、写真部が本格始動となった本作です。
そんな美少女先輩キャラの三谷かなえが参戦で今後の展開が楽しみになってきている本作かと思われます。

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第2話 「どきどきの新しい一歩、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第2話。
第2話は、ぽっての写真部部長就任エピソード。
前回、写真部を作ることを決めたぽってが、早速新学期になってもあぐれっしぶに写真部を立ち上げるお話の今回です。
そんなぽってが部長なんか大丈夫なのかという、どんよりとした空模様から始まった今回でしたが、ぽって応援部のかおたん達のサポートもあって、自分の写真部を作ることに自信を持っていくぽっての心が晴れていくほっこりストーリーが描かれております。
そんな中、写真部の顧問を引き受ける新キャラの下上山むつこ先生も登場!中の人はアリア社長の西村ちなみが担当。
ついにアリア社長も登場の本作ですw
というわけで、ぽっての写真ライバル?の2期新キャラの茅野愛衣キャラはまたもやラストに登場するだけとなっていて、まだまだ引っ張る今回です。

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第1話 「おかえりなさいの一年に、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第1話。
広島県の竹原を舞台にした佐藤順一監督による青春ヒーリングストーリーアニメ第2期の「たまゆら~もあぐれっしぶ~」。
「~なので」の口癖で有名な主人公・沢渡楓こと「ぽって」達が織りなす青春フォトアニメがついに戻って参りました。
第1期では、神奈川から竹原に帰ってきたぽっての高校1年生でのアグレッシブな姿が描かれていましたが、第2期はよりアグレッシブにぽってが活躍することを期待して「もあぐれしっぶ」と副題が付けられております。実際のぽっての見た目はゆるくて全然アグレッシブではないですがw
そんな「もあぐれっしぶ」第1話は、「たまゆら」の世界が戻ってきたことを感じさせるおかえりなさいエピソード。
お父さんを亡くしたぽっての竹原に来てからの一年を振り返りつつ、新たな一年のはじまりの序章が描かれる今回です。
その中で、茅野愛衣新キャラが少し登場したり、ほてにょん症候群にかかったぽっての新学期への重大発表があったりと、新たななるぽって達の一年の物語に期待せざるをえないいい感じの再会エピソードになっていた第1話でした。

続きを読む


「たまゆら~もあぐれっしぶ~」

tamayura062.jpg
佐藤順一監督ほか「ARIA」のスタッフが再集結して2010年冬OVA、2011年秋にTVアニメが放送された「たまゆら」のTVアニメ第2期が決定!
2期タイトルは「たまゆら~もあぐれっしぶ~」。
2013年7月よりAT-X、TOKYO MX、テレビ愛知、サンテレビ、NHK広島ほかにて放送スタート。作品の舞台の広島ではNHKで放送。
主題歌は1期と同じくOPを坂本真綾、EDを中島愛が担当。また、2期より新キャラ・三谷かなえ(CV.茅野愛衣)が登場。


アニメたまゆら・公式サイト
たまゆら (tamayura_tweet) on Twitter
たまゆら~もあぐれっしぶ~ | 番組 | AT-X ワンランク上のアニメ専門チャンネル 
【NHK広島放送局|「たまゆら」ご当地サイト】 
たまゆら (アニメ) - Wikipedia
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」は7月3日放送スタート  イベントも多数開催 | アニメ!アニメ! 
TVアニメ『たまゆら~もあぐれっしぶ~』は7月3日(水)よりAT-X、TOKYO MXほかにて放送開始。第1話先行上映会... | moca 
TVアニメ『たまゆら』第2期タイトルは『たまゆら~もあぐれっしぶ~』。新キャラクター“三谷かなえ”(CV.茅野愛衣)も登... | moca 


■各局放送開始日時
◯AT-X 7月3日(水) 21:30~(週4回放送)
◯TOKYO MX 7月3日(水) 22:30~
◯テレビ愛知 7月5日(金) 26:35~
◯NHK 広島 7月7日(日) 13:05~
◯テレビ神奈川 7月7日(日) 26:00~
◯サンテレビ 7月9日(火) 23:30~
◯TVQ九州放送 7月9日(火) 27:05~
ニコニコチャンネル、バンダイチャンネル、dアニメストア、ShowTimeにて7月10日より配信スタート


たまゆら~もあぐれっしぶ~ PV2:


■ストーリー
写真が大好きな高校生沢渡楓。高校入学を機に、横須賀市汐入から父親との想い出の町、竹原に引っ越してきてから1年が経ちこの春高校2年生になります。写真は心と心を繋ぐもの。そう教えてくれた父親の形見のカメラで新しく出会った友達やいろんな人たちとたくさんの写真を撮ってきました。そんな写真を通じて、この町で出会った素敵な想い出の数々…、もっともっとそんな想い出を作りたいという思いを胸に、楓は新たなチャレンジを始めます。それは写真部を作ること。古い町並み、美しい海と島々、あたたかな人たちに囲まれた高校生たちの生活を描く心温まる優しい時間が流れる物語。

■スタッフ
原作・監督・シリーズ構成:佐藤順一
脚本:吉田玲子、山田由香、ハラダサヤカ
キャラクターデザイン:飯塚晴子
総作画監督: 橋本和紀・音地正行
美術:田尻健一
色彩設計:川上善美
音楽:中島ノブユキ
音楽製作:フライングドッグ
制作:TYOアニメーションズ
製作:たまゆら製作委員会

■キャスト
沢渡楓:竹達彩奈
塙かおる:阿澄佳奈
岡崎のりえ:井口裕香
桜田麻音:儀武ゆう子
志保美りほ:葉月絵理乃
塙さよみ:大原さやか
沢渡香:宮本佳那子
ももねこ:福井裕佳梨
三次ちひろ:寿美菜子
篠田こまち:広橋涼堂
郷和太郎:間島淳司
沢渡珠恵:緒方恵美
楓の祖母:松尾佳子
八色ちも:松来未祐
マエストロ:中田譲治
三谷かなえ:茅野愛衣

■テーマソング
オープニングテーマ:「はじまりの海」/歌:坂本真綾(作詞・作曲:大貫妙子)
エンディングテーマ:「ありがとう」/歌:中島愛(作詞・作曲:尾崎亜美)


■Blu-ray&DVD
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」Blu-ray&DVD全6巻は10月30日よりリリース開始。
第1巻には1,2話収録で、特典映像でたまゆら進級イベント映像(前編)を収録。
アマゾンでは、公式アートブック付きのアマゾン限定版も発売。


【Amazon.co.jp限定】 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第1巻
第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻 
たまゆら~もあぐれっしぶ~第1巻 [Blu-ray]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻 
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第1巻 [DVD] 第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻 
たまゆら~hitotose~ 全巻セット(第1巻~第7巻) [Blu-ray][DVD] 
たまゆら(OVA) 全巻セット(第1巻、第2巻) [Blu-ray][DVD] 
(Amazon.co.jp)

©佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会


「たまゆら~hitotose~」レビューページはこちら



inserted by FC2 system