ホーム2014第4クール(秋)「ガンダム Gのレコンギスタ」>第3話 「モンテーロの圧力」

「ガンダム Gのレコンギスタ」 第3話 「モンテーロの圧力」

「ガンダム Gのレコンギスタ」第3話。
Gレコ第3話は、青いモビルスーツ・モンテーロを操る新キャラのクリム登場エピソード。
アメリア大統領の息子でありながら、モビルスーツ操縦技術の天才という、なかなかの個性溢れる新キャラが登場の今回です。
そんなクリムの乗るこの時代のMSには、ちゃんと便座が付いているという富野由悠季こだわりの設定もついに明かされますw
お話の方は、そんなクリム襲撃の混乱に乗じて、アイーダがキャピタル側からG-セルフに乗って逃亡するという展開になります。
また、アイーダに一目惚れしてしまったベルリや、ベルリに付いて来たノレド、G好きのラライヤまで一緒にアメリア側に行ってしまうという流れになります。
ということで、まさかのベルリが調査部の大佐の策略もあって?アイーダと一緒に旅立つという展開になった本作でした。
そして最後は、G-セルフの中でもよおしてしまったベルリが、女子3人の前で脱糞してしまうという、見事な糞回で締めてくれる第3話でしたww

お話は、アメリア軍の襲撃をなんとか防いだ前回ラストの続きからスタート。
アイーダとG-セルフは突然やって来たキャピタル・ガード調査部の大佐が回収して行くことになりました。
キャピタル・アーミーをでっち上げた黒幕と言われる大佐が、なかなか怪しいタヌキ親父になっています。

そんな中、首席のルインがキャピタル・アーミーの隊長に気に入られるというシーンも描かれます。
これはもしや、キャピタル・アーミーで仮面の男になるフラグが立ったということなのでしょうか。
ルインの彼女の高垣彩陽キャラのマニィとの今後のドラマも気になる展開になっています。

その後、疲れたベルリたちは家路につくことになります。
ここまでずっとG-セルフにすがりついていたラライヤは、ビームライフルを枕にグッスリと眠っておりました。どんだけG-セルフ好きww

そして、自宅に戻ってきたベルリでしたが、家に帰らずにベルリにべったりのノレドの愛も熱いことになっています。
ベルリママは、ベルリがG-セルフを動かせたことについて何か考えておりました。ママは何を知ってるの?

そんな中、ついに青いモビルスーツ・モンテーロに乗る天才操縦者のクリムが登場!
大統領の息子という家柄と長髪が、ちょっとガルマ系のキャラになっているクリムです。
ちなみに、ここでアメリア軍の宇宙艦のメガファウナやその艦長なんかも登場しています。次回からはこのクルーの一員に?

そして、そんなクリムがアイーダ姫奪還の奇襲作戦を実行に移します。

一方、ベルリも一目惚れのアイーダの元へ、朝早く起きて向かいます。
そんなベルリに必死で付いて行くノレドも可愛らしいことになっています。ノレドの寝起きセクシー下着シーンも描かれます。
果たして、ベルリ、アイーダ、ノレドの三角関係の行方はいかに?

その頃、ラライヤはG-セルフから隔離されてしまい、取り乱しておりましたww あかんこの子ww

アイーダさんは、調査部大佐に自由を与えられるという待遇を受けておりました。なんなのこの自由w

そんな中、ついにクリムのモンテーロ内での便座シーンが登場します。まさかの便座がコックピットの下にwww
ということで、生理現象も描く必要があるという富野由悠季こだわりのシーンがついに登場です。
ほか、水分補給するところなどリアルな描写がいろいろと入っている本作です。これぞリアルロボットアニメ?

ベルリの方では、自由なアイーダさんが美しい踊りをしながら現れます。なにその美しい踊りww

一方、Gマニアのラライヤは、狂いそうになりながらベルリを見つけてすがりついておりました。この子大丈夫?w

そんな中、モンテーロがジャングルの中を通って、動物たちが驚くという、なにやらめちゃ懐かしいシーンが描かれますw
なんのオマージュでしたっけこれ? ファーストガンダムのジャブローとかでしたっけ?w

第3話のアイキャッチは、アイーダさんの美しいダンスが登場!美しい!!
前はベルリでしたが、アイーダさんに変わりましたw

Bパートは、アイーダさんとベルリの戦争に対しての論戦が行われます。
一目惚れのアイーダさんの涙の訴えに、反論はしますが段々考えが変わっていくベルリです?

そんな論戦のいいところでしたが、モンテーロの急襲の報が入って、思想のぶつかり合いの戦いはお流れとなってしまいました。

そして、大佐に促されて、G-セルフの場所へ行かされることになる4人です。大佐の策略が怪しいことに。
一方、Gマニアのラライヤは、G-セルフのところに行けるので笑いが止まらないことになっていますww なにこのG厨ww

キャピタル・ガードの教官も出撃することになるのですが、「動かせるカットシ-とエフラグを出せと言ってんでしょ!!」と、熱いセリフを言っていますw

一方、ベルリたちはG-セルフのところにやって来たのですが、ノレドをエスコートするベルリがお尻を触りまくるというセクハラをしています。
ガールフレンド的ポジションとは言えベルリがエロいことになっていますww 

大佐が見守る中、4人がコックピットに入るわけですが、ラライヤをアイーダが押しのけたりして、微妙な操縦席の争奪戦が行われます。
アイーダさんを逃していいのか、みんながグダグダなことになっていますw

結局、アイーダさんがコックピットをゲットして、ベルリは戦いを止めるために率先してアイーダさんを手伝います。

そして、モンテーロがキャピタル・アーミィのレックスノーを倒していくMSバトルシーンも登場!
流石の天才操縦者のクリムが、足を狙って無駄な戦死者を出さないようにビーム・ジャベリンを使って戦っておりました。

一方、ベルリたちは、コックピット内でごちゃごちゃしながら、ついにG-セルフで出撃します。
前回も思いましたが、コックピットのドアくらい閉めなさいよ!!!

モンテーロの元へ行くG-セルフが美しいことに!!

一方、モンテーロに乗るクリムは、嬉々として教官たちとのMSバトルを繰り広げておりました。
性能差がありそうな機体で互角に戦う教官がなかなかやり手です。

そんな中、G-セルフが撃墜された台座飛行機を機転を利かせて不時着させる人助けシーンも登場。
戦場でも人の命を救おうとする4人の少年少女の戦いが描かれております。

また、狙われる教官の前に入って戦いも止めようとするアイーダさんでした。

そんなアイーダさんがクリムに脱出成功の合図を送りますが、奪還作戦成功の高笑いで拍手するクリムがウザいことになっていますww

そして、アイーダさんは、無駄な戦いを抑えたい気持ちもあって、このままベルリたちを乗せたままアメリアに向かうことを宣言します。
ということで、納得はいかないながらも、流れでアメリア側に行くことになってしまったベルリたちでした。
まあ、ここで姫様を強引に止めようとしたらモンテーロが暴れて面倒臭そうですしw

一方、大佐はいけしゃあしゃあと、姫様が奪還されてしまったことをベルリママに報告しておりました。このタヌキ親父w
さらに、息子のベルリも誘拐されたことを告げて、ママによるフォトンバッテリーの供給停止措置を阻止しようとしていました。
やはり大佐は怪しすぎることになっています。アメリア側の人間?

ということで、ひょんな展開でこの4人がアメリア側に行くことになるという展開になった第3話です。
また、アメリア側がキャピタル・タワーを自軍の宇宙基地にしようとしていることも明かされます。

そして最後は、ベルリのまさかのG-セルフ内での脱糞サプライズで幕を閉じることになります。
モンテーロの機内ビジョンには、お腹痛のベルリがアイーダさんと席を替わる映像が流れます。
状況を察して、嫌々に席を譲るアイーダさんwwww
それを見てクリムが、「奴め、本気かっ!!!」と叫びます。脱糞を察したクリムwwwww

そんなわけで、G-セルフ内で黒いベールをかけられたベルリが脱糞をするという凄いシーンが描かれます。ぎゃあああ脱糞www
また、おトイレの音を隠すために謎の音楽が流れるという設計者の親切設計も明かされますwww なんという細かい設定wwww 
そんなベルリの脱糞に憤慨するアイーダに、楽しそうにするラライヤ、ちょっと気になるノレドの3人の女子のリアクションがこれまた面白いことにw
そんなわけで、まさかの女子3人の前でベルリが脱糞プレイをするはめになるという、富野由悠季が生理現象にまでにこだわった見事なリアルロボットシーンで幕を閉じることになった、これぞ糞回の第3話でした。

ということで、ようやく先行上映で披露された第3話までの区切の展開まで辿り着いた本作です。先行上映がまさかの糞エンドだったことも明かされます。
そして、未知なる展開のTV放送に突入するという、次回からがついに本番となる本作です。
予告でも言われている通り、「観たくなくても観る!!!」と、アニメファンならもちろん強制で富野由悠季作品の続きは観ないといけないみたいですw



©創通・サンライズ・MBS

「ガンダム Gのレコンギスタ」レビュートップへ




【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]

ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻 
ガンダム Gのレコンギスタ 1 [DVD]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻 

inserted by FC2 system