ホーム2014第4クール(秋)「ガンダム Gのレコンギスタ」>第10話 「テリトリィ脱出」

「ガンダム Gのレコンギスタ」 第10話 「テリトリィ脱出」

「ガンダム Gのレコンギスタ」第10話。
Gレコ第10話は、ベルリたちのテリトリィ脱出エピソード。
キャピタル・アーミィに狙われるベルリとラライヤたちが、メガファウナへ戻るため脱出するお話の今回です。
そんな第10話は、「進撃の巨人」の荒木哲郎監督&WiT STUDIO制作のグロス回!
荒木哲郎のケレン味あるガンダム演出をWiT STUDIOの高クオリティ作画で描かれるいい感じのエピソードとなっています。
その荒木哲郎演出の新パックを装備したG-セルフとアーミィの新型MSウーシァとのバトルがめちゃ熱いことに!!
また、そんな中描かれるベルリとアイーダ姫さまの恋心物語もいい感じに描かれているいる今回かと思われます。
そして、メガファウナに戻ったベルリたちが、今度こそ本当の宇宙に上がってのマスクたちとの宇宙戦争展開に続く本作です。

お話は、キャピタル・ガードの教官に連れ出されたベルリたちのシーンの続きからスタート。
拉致されるように連れ出されたベルリたちでしたが、教官が気を利かせてアーミィから逃してくれたことが判明します。
というわけで、ラライヤは残念ながらノレドの家にお泊りに行けなくなってしまいましたw

一方、残された大佐やスルガン総監などは、相変わらず噛み合わない会話で相手の腹の中を探っておりました。
この会話の中から世界情勢を読み取ってストーリーを理解するのが相変わらず大変な本作ですw
二人の会話によると、月の裏側にはトワサンガと呼ばれるスペースコロニーがあるとのこと。

そんな中、ベルリ、G-セルフ、ラライヤの奪還を狙うキャピタル・アーミィの新型量産MSウーシァの出陣式シーンが登場!
今回はそのウーシァに乗る好戦的なベッカー大尉が大暴れするお話となっています。

また、教官に軽やかなダンスでお礼を言うアイーダ姫に恋するベルリの姿も描かれる今回です。
何気に教官もアイーダ姫に接近しまくっておりますw

そして今回は、G-セルフがアーミィからパクってきた陸戦用の高トルクパックを装備して戦うことに。
なんか毎回いろんなパックを装備して新たな力を見せるG-セルフですw

そんな中、アイーダ姫が精神年齢が成長しているラライヤを目撃するシーンも登場。
そんな成長しているラライヤは、戦闘が近づいているのを感じて、自分でG-セルフを動かして出撃しようとしています。
しかし、教官に捕まって作戦は失敗となったラライヤでしたw

また、ここでベルリがやって来るのですが、前回のチュチュミに頭をどつかれたのに続いてベルリのヘルメットに頭をぶつけるノレドです。
やたらと頭を狙われるノレドw こんな細かい芝居は必要なのか否かw

一方、キャピタル・アーミィではジュガン司令がベルリ奪還へ向けて気合を入れまくっておりました。ジュガン司令こえええww
また、出撃するベッカー大尉のウーシァ部隊もテンションが高すぎることになっています。テンションたけええww

そんなウーシァに興奮するチア女子たちを馬鹿にするジュガン司令の男尊女卑シーンも描かれます。
また、クンパ大佐はマスクと連絡を取って、次なる宇宙戦争への作戦を進めておりました。

そんなわけで、テンションアゲアゲのベッカー大尉とメガファウナ陣営とのバトルがついに勃発します。
アイーダ姫も艦長に怒られながらも無茶をして戦場に出向きます。

そんなアイーダ姫でしたが、早速ウーシァに蹴飛ばされてピンチとなっておりました。そうやって簡単にやられるアイーダ姫に興奮しますw

一方、ベッカー大尉は、メガファウナの艦橋にライフルを向けて自ら身を乗り出して交渉します。なんなのこの好戦的なオッサンwww
そこに現れたMSに、「人が話し合いをしてるんだから、引っ込んでなさい!!」と豪快に蹴りを入れるところも凄いことにwww
富野節キターーーーーー!!!!

その頃、艦内では、まだG-セルフに乗りたがっているライフルをノレドが必死に制止しておりました。
そこにラライヤの宇宙服を持ってくるクルーがなんか面白いことになっています。なんなのこいつwww 胸をポリポリ掻くなwww

そして、再びアイーダ姫がベッカー大尉を止めようをするのですが、またもや蹴り飛ばされてしまいます。
ここでエアバッグに持ち上げられるアイーダ姫のおっぱいがエロスなことになっています。荒木哲郎おっぱい演出最高www

そんな愛しのアイーダ姫の大ピンチ展開に、ベルリが謎の本気を出して、調整中の高トルクパックを正常起動させます。
なにそのメカまで調整してしまう謎のニュータイプ能力w

というわけで、ついに高トルクパックを背負ったG-セルフが出撃することになります。
高トルクパックの加速がめちゃ凄すぎてハッパさんがヤバイことになっていますww

一方、アイーダ姫さまは、ベッカー大尉に放り投げのバックドロップをくらうなど酷い目にあっていますw 

そんなアイーダ姫の元に向かうベルリは、ますます上達した腕になったMS操縦能力で、敵を不殺で倒していきます。
そんなニュータイプ化していくベルリのG-セルフバトル描写がかっけーことに!!!

そして、ピンチのアイーダ姫を救うために高トルクパックを囮に飛ばす作戦を考えるベルリです。
泥でMSが汚れる描写なども入る荒木哲郎コンテのバトル演出がいい感じです。

その後、高トルクパックの陰に隠れたベルリのG-セルフがお姫様の前に颯爽登場します!!王子様のベルリキターーー!!!!

そして、「行っちゃえええええええ!!!!!」と、ベッカー大尉のウーシァをぶっ飛ばすベルリでした。
G-セルフパンチキターーーーーーー!!!!!

ベルリにぶっ飛ばされてエアバッグに埋もれるベッカー大尉のやられっぷりがいい感じですw

さらに、ぶっ飛ばされるとこに先回りしたG-セルフにカウンターで蹴られて、さらに酷い無様な格好で敗れるベッカー大尉ですw

そんなわけで、お姫さまを助けにきたベルリとアイーダ姫がいい感じの雰囲気になります。

一方、ベッカー大尉は救助のMSの爆風に押されてワニのいる池に落ちそうになってヤバイことになっていました。ベッカー大尉ピンチww

そんな中、ベルリとアイーダ姫は、ラブラブのおんぶでメガファウナまで一緒に戻るということになります。あら素敵な恋の雰囲気が。

というわけで、ちょっとデッキの着陸に失敗するなどラブラブランデブーで戻ってくるベルリたちでした。
そんな戻ってきたG-セルフにすがりつくラライヤの姿も描かれます。なんというG-セルフ好きww

そして、G-アルケインから降りてきたエロすぎるアイーダ姫にベルリが見惚れてしまうシーンも描かれます。
スーツのチャックを股間まで下ろしてアンニュイな表情をしているアイーダ姫がエロかわいすぎて最高すぎます。
これはベルリが惚れてしまうのも仕方がない。

一方、キャピタル・タワーを上がっていたスルガン総監は、大気圏グライダーに乗って自国へ帰ることになっていました。
自分が一回体験して、この帰り方に味をしめたベルリママでしたww

そんな中、同じく紛れ込んで上がってきていたクンパ大佐が、マスクとバララと合流するというシーンも登場します。マスクカップルも来てたーー!!!

そんなマスクカップルの新型MSもタワーで持ってきていたことも明かされます。

一方、メガファウナも宇宙に上がってきて、ついに今度こそ正真正銘の宇宙展開に突入の本作です。

そして、キャピタル・アーミィの青い木馬のガランデンも、ついにマスクのいる宇宙へ出撃するところで次回に続く本作です。
というわけで、自ら富野由悠季作品に参加したいと立候補して絵コンテ演出を担当した荒木哲郎回の今回でしたが、ケレン味あふれるガンダム戦闘や、古きよき楽しい演出満載で面白い内容になっていたかと思われます。




©創通・サンライズ・MBS

「ガンダム Gのレコンギスタ」レビュートップへ




【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]

ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻 
ガンダム Gのレコンギスタ 1 [DVD]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻 

inserted by FC2 system