ホーム2014第4クール(秋)「ガンダム Gのレコンギスタ」>第11話 「突入!宇宙戦争」

「ガンダム Gのレコンギスタ」 第11話 「突入!宇宙戦争」

「ガンダム Gのレコンギスタ」第11話。
Gレコ第11話は、宇宙戦争突入エピソード。
宇宙に上がった各陣営がキャピタル・タワーを巡って宇宙戦争を始めるお話の今回です。
そんな宇宙戦争展開ですが、ベルリのメガファウナ、マスクのガランデン、クリムのサラマンドラ艦が入れ乱れて大変なことに。
さらに、アメリア軍の宇宙艦隊も出撃したり、クンパ大佐の思惑もあったりして、結構ややこしい相関図の戦いとなっていますw
そんな中、ラライヤとG-セルフを狙うマスク部隊とベルリが再びぶつかるというバトル展開が登場!!
そこで生身でヘルメットをぶつけ合った二人がお互いの顔をついに見ることになって、マスクがG-セルフにベルリが乗っていることを知ります。
そして、マスクを撃退後、各陣営がタワーの一番上の神聖なナットのザンクトポルトへ向かうという展開になる本作です。

お話は、宇宙へ上がったメガファウナの修繕をG-セルフを使って行うシーンからスタート。
相変わらず作業中のMSに近づきまくりのハッパさんが危ないことになっていますw

また、ラライヤも作業中のG-セルフに抱きつくと危ないのでアメリア姫さまに縛られておりましたw
そんなアメリア姫さまですが、キャピタル・タワーを占領する作戦反対の意見を述べておりました。

そんな中、キャピタル・タワーに潜んでいたマスクの新型機マックナイフが航宙艦ガランデンへ向かいます。
いきなりベルリママの前を通り過ぎるマックナイフがめちゃ怖いことにw

一方、大気圏グライダーでアメリアへ帰ろうとしているスルガン総監が、宇宙に上がってきたアメリア軍のサラマンドラに襲われるシーンが登場。
いきなり自軍の船に襲われるスルガン総監がめちゃ危ないことにw 
でも匠な操縦で危機を回避するアイーダパパがなかなかのやり手なことになっています。

また、キャピタル・アーミィのマスク部隊の方は、同じく宇宙へ上がってきていた航宙艦ガランデンと合流しています。

そんなガランデン艦で、マスクとマニィが再会するクンタラドラマも描かれます。
そんな二人の愛のドラマに新キャラのバララがついに参戦します。

ここでバララとイチャコラしているルインを見て、ちょっと切ない感情を覚えることになるマニィでした。あら切ないクンタラ三角関係?

一方、アメリア軍のサラマンドラでは、大統領の息子の天才クリムとミック・ジャックが兵士の士気を上げる演説を行っておりました。
そんなわけで、天才クリムがアメリア軍の戦争推進派のトップになるという展開になってきた本作です。

そんな中、スルガン総監が、宇宙艦隊出航式で演説する大統領の前に豪快にパラシュートで着陸するシーンが登場。
見事にええとこに降りてくるスルガン総監がこれまたやり手ですw

そこでカッコ良く勝手に宇宙艦隊を宇宙に出したことを批判するスルガン総監でしたが、あっさりと受け入れてその宇宙艦隊を指揮することにします。
なんだその一瞬の手のひら返しwww
というわけで、スルガン総監は一瞬で切り替えて、宇宙艦隊の指揮権を我が物にしておくことに路線変更したみたいです。流石キレ者w

また、マスク部隊を見届けると言う名目でタワーに上がってきているクンパ大佐の姿も描かれます。
果たしてこのタヌキオヤジは何を企んでいるのでしょうか。

そんな中、ベルリは私が育てたから誰にも渡すもんですか、と謎のセリフを行っているベルリママのシーンも登場。ベルリはやっぱり宇宙の子?

そして、クリムのお父さんの大統領に見送られながら、スルガン総監が宇宙艦隊でついに出航することになりました。
法皇を人質にする計画もあると言われていますがスルガン総監は本当に実行する?

その頃、メガファウナではラライヤが束縛を逃れて脱走しておりました。ラライヤもニュータイプ?

そんな中、ついにマスクとバララ、クリムとミック・ジャックがそれぞれに出撃するという宇宙戦争が勃発します。
ちなみに、天才クリムはクリム専用の青い宇宙用ジャハナムに乗って出撃です。

一方、メガファウナでは、アイーダ姫さまを戦わせたくないベルリが説得をして、なんかメガファウナに残ることになっているアイーダ姫さまです。
そんなわけで、ベルリのアイーダ姫さまへの恋話展開も進んでいる本作です。

その頃、天才クリムは、初めての宇宙での戦いで「蝶のように飛び、蜂のように刺す!」と絶好調で戦っておりました。
そんなクリムを「天才クリム!」とはやし立てるミックジャックとクリムがバカップルになっていますww

そして、ラライヤとG-セルフを狙うマスクとバララが、ついにメガファウナを攻めてきます。
ここで、教官を捕まえて盾にするマスクがゲス野郎となっていますw 元教官でしょうが!!!

そんなマスクとベルリが、MSから降りて直接生身で対話するという展開になります。

顔合わせた二人がヘルメットをぶつけ合って肉弾戦闘をするという、ファーストガンダムのシャア・アズナブルとアムロのシーンを思わせるシーンが登場!
殺し合いの決闘ではありませんが、なんか熱いシーンになっていますww
ちなみに、マスクの中の人のルインは、G-セルフに乗っているのが飛び級生のベルリだと当然分かったようでした。

そんな中、メガファウナに取り付いていたバララは油断したところをグリモアにぶっ飛ばされておりました。バララだせえええww

その後、アイーダ姫を襲うバララをベルリのG-セルフが、例の謎の光の技で惑わすシーンが登場!!!
またもやG-セルフの謎の力を使うベルリでした。

そこで隙ができたバララ機をアイーダ姫さまが狙い撃って、ついにバララの撃退に成功します。
バララを撃退するアイーダ姫さまが抜け目がないことにww

そして、バララを引かせたマスクとベルリの一騎打ち展開となります。

一方、ラライヤは自分が狙われている話を聞いて、自分のことだと素の反応をしておりました。ラライヤが素すぎww

ベルリとマスクの直接対決では、ベルリのG-セルフがマスクに見事な股間キックを食らわせて決着を付けます。
マスクがキンテキ攻撃で逝ったあああああああああwwww

というわけで、またもやG-セルフに撃退された引くことになったマスク部隊でした。何気に負け癖が付き過ぎなマスクですw

一方、メガファウナとガランデンの攻防戦を見ていた天才クリムとミックは、初めての宇宙戦争のとっちらかった結果にオオウケしておりました。
なんだこのオオウケバカップルwww

ざまあない帰還をしたマスクには、クンパ大佐から次なる通信が入っておりました。

そのガランデンには、クンパ大佐からタワーの一番上の神聖なナットのザンクトポルトへ上がるように指示が出されておりました。
宇宙からの脅威から法皇を守るためという理由がめちゃ怪しいことに・・・

一方、スルガン総監が指揮するアメリア軍の宇宙艦隊もザンクトポルトへ向かっていることが明かされます。
ちなみに、この宇宙艦隊は宇宙世紀の遺物のテクノロジーの”ヘルメスの薔薇の設計図”を利用していることも総監が語っておりました。
なぜアメリア軍がそのテクノロジーを使っている?

そして最後に、フォトンバッテリーを受けとる神聖なナットのザンクトポルトに軍が近づくと祟られますよと、ベルリが宇宙信仰理論をぶちまけたところで、次回に続く本作です。
というわけで、外宇宙の真実が隠されている?キャピタル・タワーの一番上を巡る攻防戦が熱い展開になって来ている本作かと思われます。




©創通・サンライズ・MBS

「ガンダム Gのレコンギスタ」レビュートップへ




【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]

ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻 
ガンダム Gのレコンギスタ 1 [DVD]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻 

inserted by FC2 system