ホーム2014第2クール(春)「健全ロボ ダイミダラー」>第4話 「Sixの挑戦」

「健全ロボ ダイミダラー」 第4話 「Sixの挑戦」

「健全ロボ ダイミダラー」第4話。(AT-X版)
ダイミダラー第4話は、楚南恭子の禁断のペンギンとの恋エピソード。
ハイエロ粒子から生まれた中村悠一演じるペンギン人間のコマンダー・シックスと楚南恭子の切ない恋話が描かれる今回です。
そんな主人公の真玉橋孝一を裏切る楚南恭子の恋が全編シリアスで描かれて、ギャグなのかええお話なのか判断の難しいお話となっていますw
そして、二人は互いの正体を知ることになってしまった後、切ないロボバトルをしてしまうのでした・・・
また、そんな中でもリッツの全裸ハイエロ粒子シーンや楚南恭子のシャワーシーンなど、お色気シーンも満載の第4話です。

アバンは、コマンダー・シックスとの切ない恋が終った楚南恭子のシーンからスタート。
最初に結末部分を見せるというオシャレ演出の今回です。

そして、Aパートは、前回の続きでハイエロ粒子を搾取されてしまうリッツのシーンから始まります。
やはりペンギン帝国に利用されてしまったリッツです。

そのリッツのハイエロ粒子が中村悠一演じる被験者六号のヘンリーに注がれます。
ペンギンたちにそれぞれ名前がついていて、豪華キャストが演じているのも笑える本作ですw

ハイエロ粒子を吸われるリッツは、何気にペンギンさんに大興奮で乳首が立ちまくっておりました。
乳首が立つ描写を丁寧に描くとかなんというエロアニメw

そして、リッツのハイエロ粒子により、ついにコマンダー・シックスが誕生します。
相変わらず前シッポが卑猥ですw

一方、真玉橋孝一はあらたなエロを楚南恭子に提案するというエロ変態ぶりを見せておりました。
楚南恭子がそんな主人公よりコマンダー・シックスとの禁断の愛に走るのも分かりますw

美容室プリンスでは、ボウリングをしていたそり子博士が何気にポロリをしておりました。
無駄にエロサービスしてくれるそり子ですw

そんな中、コマンダー・シックスが搭乗した偽ダイミダラーとのロボバトルがはじまります。
ここで、何気に街を壊すダイミダラーが住民たちに嫌われていることが判明しますw
何気に街のことを大切に扱ってるのはペンギン帝国の方でした。深いです。

そして、正体を現したシックスとのバトルが始まります。シックスの前シッポがそそり立っていますw

ここで、真玉橋孝一は早速新しい後ろからの乳揉みテクを試しておりました。
乳を揉まれるのが仕事という大変な楚南恭子さんですw

シックスの方も、ハイエロ粒子を満タンにして人間化を起こしています。
もしやエロとは人間の業なのか。深いです。

そして、ハイエロ粒子のぶつかり合いで両機大破してしまうという結末に・・・

その頃、リッツはハイエロ粒子を提供してお疲れなのを考慮されてお休み中です。
流石の勤務待遇も素晴らしいペンギン帝国です。人間社会とは違いますw

戦いの後、楚南恭子はペンギン帝国のティンポダンスのせいで廃人になってしまった父の見舞いに出かけます。
やはり楚南恭子とペンギン帝国は相容れない関係となっています。

そんな楚南恭子が、子供に優しく接するイケメンのコマンダー・シックスと出会ってしまいます。
なんという運命のイタズラw

アイキャッチは、もり子博士のエロ白衣姿が登場。

出会った二人は、橋の上でオサレな詩なんかを語りながら急接近します。なんだこの展開w

コマンダー・シックスも自然と楚南恭子と子作りをしたいと思うようになります。流石鳥類w

そんなわけで、ついに自分がペンギンだということを思い出したシックスでした。

その後、楚南恭子を亡き者にしようと試みるも出来なかったシックスが姿を消します。

楚南恭子も美容室プリンスで、ついに彼の正体を知ってしまいます。なんという切ない恋物語。

辛すぎる運命に打ちひしがれる楚南恭子のシャワーエロシーンも登場。
エロシーンなのにマジシリアスでどうしたらいいのか分からないことにw

そして、禁断の愛の二人が再会して、ロボバトルをしてしまうという悲しい展開になってしまいます。

バトルでは、普通に楚南恭子が乳を揉まれていたりして、シュールなことになっていますw
シックスも前シッポパンチと叫んだりしてアホなバトルが繰り広げられます。
シリアスなのかギャグなのか不思議な気持ちになる今回です。

そして、ペンギンとして許されない過ちを犯してしまったシックスが責任を取ってダイミダラーの前に散ってしまいます。
なんというペンギンのプライド。

というわけで、そんな辛い出会いと別れを経験をした楚南恭子のアバンシーンに繋がる今回です。
何も知らない真玉橋孝一のおっぱい話に少し心が和らぐ恭子さんでした。

乳を揉まれた恭子さんが「バカ!」と言って、切ない恋が終わろうとしています。

最後に、父と面会した楚南恭子が再び美容室プリンスでの任務に戻るというシーンで、ついに楚南恭子の恋が終わります。
ここでの、父親役の小山力也による、「キミの胸は恋にときめくためにあるのではない。思い切り揉みしだかれるためにあるのだ!」というナレーションが酷すぎることになっていますw

一方、ペンギン帝国では、見事な最期を見せたコマンダー・シックスが英雄として祭り上げられておりました。
しかし、コマンダー・シックスは普通に生きていたという、これまた酷いオチで締められる今回でしたw 前髪もポロリと落ちますw
というわけで、敵同士の切ない禁断の恋話を描きつつ、ギャグやお色気も満載な内容で、まあダイミダラーらしい内容になっている第4話でした。

  

©なかま亜咲・eb刊/ペンギン帝国

「健全ロボ ダイミダラー」レビュートップへ


  


健全ロボ ダイミダラー Vol.1(Blu-ray Disc)
第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻 
健全ロボ ダイミダラー Vol.1 [DVD]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻 
(Amazon.co.jp)

inserted by FC2 system