ホーム2014第4クール(秋)「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」>第16話 「共鳴戦線」

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」 第16話 「共鳴戦線」

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」第16話。
第16話は、アンジュとサラの地球レクリエーション対決エピソード。
アンジュとサラが地球の古き良きスポーツや遊びで対決するネタ回の今回です。
スポーツ対決では、「エースを狙え!」や「巨人の星」、「プロゴルファー猿」のパロディが登場してネタに走っていますw
また、ツイスターゲームではアンジュとサラが水着でエロバトルを繰り広げてサービスもバッチリの今回です。
そして、エンブリヲが攻めてくるというシリアス展開に突入して、アンジュとサラが共に戦うという流れになります。
そんなわけで、水樹奈々と堀江由衣演じるキングとスタチャの2TOPの二人が、ついに共闘することになるというドラマが描かれる今回でした。

お話は、あちらの世界に潜入しているリィザがアウラの居場所を見つけたと大巫女さまに報告するシーンからスタート。
そんなリィザの報告を受ける阿澄佳奈キャラの大巫女さまの隠されたロリ姿が気になります。

一方、アンジュは、またもやタスクとラッキースケベのエロコントを繰り広げておりました。

そんなエロスな場面を勘違いされて激おこのアンジュでしたw

一方、お母さんさんと再会したヴィヴィアンは、仲良くお母さんさんと朝食を食べておりました。なにこの突然の親子ドラマww

そして、アンジュも正座をして、豪華な朝食をいただくことになります。
なにこの朝から豪華すぎる旅館で出てくるような料理ww
てか、何気に刺し身に醤油をつけて食べる文化を知っているアンジュですw

その後、ヴィヴィアンは親子水入らずでお母さんさんの家へと向かいました。

そんな中、ついにアンジュとサラの地球レクリエーション対決が勃発します。
なにこのラウンドワンのような遊び施設と東京ドームwww

そして、奴隷になって一緒に戦うかどうかの水樹奈々VS.堀江由衣の戦いが始まります。

最初は、テニス対決が勃発します。
テニス衣装まで着ちゃって何してんのこれwww

そのテニス対決でしたが、突然画風が「エースを狙え!」的なものに変わって、ネタに走りだす本作です。
なにこのオッサン向けのネタ展開www

続いて、東京ドームでの野球対決が勃発します。
後ろの看板の「元気のGレコンギスタ」ってのやめてwww

そんな野球対決は、「巨人の星」になって、アンジュの魔球をサラが見事に打ち返しておりましたwww
サラは誰キャラ? 左門豊作?www

さらに、「プロゴルファー猿」の旗包みショットなども登場wwww
なんか、木からくり抜いたドライバーなど芸も細かいことになっていますw

そんなわけで、古き良き地球の遊びをパロディ満載でお送りしている今回です。

そして、古き良きサービスの定番のツイスターゲームでエロ対決もする二人です。
ちょ、何してんのこれwww

そんなくんずほぐれつの女体エロバトルをすることによって、徐々に打ち解け合う二人でした。あら仲良しにw

その後、シャワーでの裸の付き合いをして、お互いの世界のことを語り合う二人でした。

その頃、ヴィヴィアンはお母さんの家で昔の写真などを見て、親子であることを実感し始めておりました。

そんな中、エンブリヲが攻めてくるというシリアス展開に突入します。

そのエンブリヲの攻撃は、あちらの世界とこちらの世界が繋がる謎の次元攻撃となっています。
その攻撃にヴィヴィアン親子が大ピンチ状態となってしまいます。なんで飛んで逃げないw

一方、ヴィヴィアンたちを助けるためにサラとアンジュもロボに乗って出撃します。

そして、ヴィヴィアンママが、あちらの世界のアンジュがスポーツで乗っていた機体の下敷きになってしまいます。
なにこのピンポイントで飛んできた乗り物の下敷きになるベタ展開ww

ここで、ヴィヴィアンが子供を想う親の気持ちを知ることになります。

そして、エンブリヲ対策は、サラとアンジュが協力して必殺技をコントロールして戦うという展開になります。

ここで、整備不良のヴィルキスを気合いと指輪のパワーでアンジュが修復するシーンが登場。
機体の復元までしてしまうヴィルキスが謎機体すぎることになっていますww

そして、二人の活躍でなんとか危機を乗り越えたシーンが登場します。
かなりピンチのヴィヴィアンママでしたが、余裕で生き残っておりましたww なにこの茶番www

一方、アンジュとサラは、共に戦って友人になる展開になっておりました。アンジュがええ顔してますw

そして、奴隷にすると言ったことをサラが謝って、互いにサラ子とアン子と呼び合う仲になるという、友達エンドで終わることになった今回です。
というわけで、ついにキングとスタチャの2TOPが共にエンブリヲを倒すという展開になって、クライマックスへのお膳立てはバッチリとなった本作です。




©SUNRISE/PROJECT ANGE

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」レビュートップへ




クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第1巻(Blu-ray Disc)
第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻 
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第1巻 [DVD]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻 
(Amazon.co.jp)

inserted by FC2 system