ホーム2014第4クール(秋)「ガンダム Gのレコンギスタ」>第18話 「三日月に乗れ」

「ガンダム Gのレコンギスタ」 第18話 「三日月に乗れ」

「ガンダム Gのレコンギスタ」第18話。
Gレコ第18話は、ベルリ王子のクレッセント・シップ乗船エピソード。
ベルリ王子が、金星のビーナス・グロゥブへ向かう宇宙船のクレッセント・シップにG-セルフで乗り込むお話の今回です。
そこでレイハントン家のコードに反応したクレッセント・シップが定常運転するという謎展開を見せます。
また、そんなクレッセント・シップを囲んで、G-セルフを狙った各陣営の入り乱れた壮絶バトル展開も登場!
ビーム・マントを使うロックパイとの新型MSとのバトルや、メガファウナがクレッセント・シップに接触しそうになるなどの熱い展開が描かれます。
というわけで、各陣営の壮絶バトルと、クレッセント・シップを巡るG-セルフの謎展開が面白いことになっている今回です。

お話は、ゴミ掃除騒動が終わって、カシーバ・ミコシを見るラライヤのシーンからスタート。
ここで、フォトンバッテリーを金星のビーナス・グロゥブから運んでくるクレッセント・シップの姿も初披露となります。
というわけで、前回アイーダ姫が決断したビーナス・グロゥブ行き展開に突入の今回です。

そんな中、トワサンガ側では、なかなかの荒くれ者のガヴァンがG-セルフを巡る戦いに参戦してきます。

一方、ドレット艦隊のロックパイもビーム・マントを使う新型MSガイトラッシュに乗って出撃します。
そんなロックパイ陣営とガヴァン陣営も対立しているといて、月陣営も枝分かれしているというややこしいことになっていますw

また、メガファウナ側では、会話劇でカシーバ・ミコシやクレッセント・シップについての説明が行われておりました。
ここでリンゴからクレッセント・シップが3日間アイドリングしないとビーナス・グロゥブへ行けないことなどが明かされます。
ベルリ王子がちょちょいと覚醒させるとすぐ動くんですけどw

そんなベルリ王子は、ようやくアイーダ姫が姉さんということを受け入れ始めて穏やかになってきています。

そして、クレッセント・シップをビーム避けに使ってビーナス・グロゥブに行く展開に突入します。

そんな中、マスクとバララが直接メガファウナに乗り込んでくるという、衝撃の展開になります。
マスクがメガファウナに侵入してきたああああああああ!!!

そんな乗り込んで来てG-セルフを狙うマスクとベルリ王子の取っ組み合いの喧嘩が勃発します。
強引に乗り込んできたわりには、取っ組み合いレベルのイザコザしかしない二人でした。
そして、ベルリ王子に蹴り飛ばされて退散することになるマスクですw

一方、ハッチを開ける役目をしたマニィがノレドと再会するシーンも登場。
なんかマニィはこのままメガファウナの乗員になりそうな展開ですw

ここでベルリ王子は、「なにやってんのー!メガファウナのデッキの上でなにやってんですーー!!」と激おこでした。
なんで”なにやってんの”って言い直すのww

そして、メガファウナのデッキの上では天才クリムもやって来て、バララと激闘を繰り広げておりました。
ここで、バララの必殺ロケットキックが炸裂します。
まさかのロケットキックにやられる天才クリムwwwwwwww

そこに天才好きのミック・ジャックさんも参戦して、またもやG-セルフを巡るややこしい戦いが始まります。

一方、メガファウナでは、ベルリとラライヤがダミー隕石を使って艦を守っていました。
でも、クルーたちはその作戦を聞いていなくて、前が見えなくなって大変なことになりますw

そんな中、天才クリムとマスクを守るミック・ジャックさんとバララの熱い女の戦いも描かれます。女の人つええええwww

そして、トワサンガ側も戦闘に加わってくるのですが、なんか月同士でバトルをおっぱじめるロックパイとガヴァンでした。
なんかトワサンガ側も一枚岩ではないようですww
ロックパイはBBAのマッシュナーに可愛がられてるのをバカにされていますw

ここで、自分が出て行けばメガファウナは狙われないとニュータイプ能力で察知したベルリ王子が出撃します。

そんな中、マッシュナーが、禁止されているはずのビームをぶっ放すという暴挙に出始めます。
あかん、BBAが暴走しはじめたww 撃ったら軍解体じゃなかったの?ww

そして、各陣営に囲まれたG-セルフが、捕まえたMSをブンブン振り回して暴れるシーンも登場!
なんか皆に狙われて大変なG-セルフですw

そんな中、ついにビーム・マント出力全開のロックパイのガイトラッシュが突っ込んで来てG-セルフを襲います。
マスクや天才クリムをぶっ飛ばして突っ込んでくるガイトラッシュの勢いが凄いことにwww
なんとか防御するG-セルフもバックパックがぶっ飛んでしまっています。

そこでマッシュナーさんは、またもやクレッセント・シップにビームをめちゃ撃っておりましたww

また、G-セルフもビーム・マントの攻撃に押されてクレッセント・シップに突っ込んでしまう展開に。

一方、BBAのマッシュナーは、なんとしてもロックパイの援護をしようとしていますww 艦長が酷い目にww

そして、ビーム・マントで暴走のロックパイは、ついにフォトンシールドを使ったG-セルフにぶっ飛ばされてしまいます。
G-セルフつええええええええええええええええええ!!!!!

そんな中、メガファウナがクレッセント・シップに突っ込んで行ってしまうというピンチ展開が描かれます。
ここはラライヤとアイーダ姫が激突を防ぐためにMSに乗ってサポートします。

というわけで、なんとか激突を回避して、クレッセント・シップの真ん中で停止するというメガファウナの熱い回避ドラマが描かれた今回でした。
褐色運転手さんが流石の技術を見せてくれましたww

一方、ロックパイはBBAとのイチャコラ帰還ドラマを演じておりました。なんだこのBBAカップルww
さらに、メガファウナのダミー隕石が流れてきて大変なことになるというオチもつきますw

そして、クレッセント・シップでは、G-セルフの接近に反応して謎の扉が開くという出来事が起こります。
ベルリ王子の王の帰還展開キターーーーーーー!!!!

その扉の中に入ると、レイハントンコードのキーと同じ紋章の壁を見つけるベルリ王子です。
なんかラピュタ的な過去のテクノロジーとの対面展開です。

ここでベルリ王子がキーを入れると、「定常運転起動スタート」するクレッセント・シップでした。どういうことww

そして、アイーダ姫も現れて、お父さんとお母さんとG-セルフに導かれ、てこういうことになったと笑顔で語るベルリ王子でした。
ちなみに、ここはクレッセント・シップのメインエンジンルームとのこと。

ここで、艦長からアイドリングなしで起動できたことのお礼の連絡がベルリ王子とアイーダ姫に入ります。
なにやら王族以外はフォトンバッテリーと同じく縛りがあることが明かされます。
そんなアイドリングなしで定常運転させることができるベルリ王子は何者ww

そして最後に、無事だったメガファウナもちゃっかりクレッセント・シップに乗っけてもらって、ついにクレッセント・シップが、ヘルメス財団の本拠地がある金星のビーナス・グロゥブへ出航するという展開で次回に続く本作です。
というわけで、ベルリ王子やヘルメス財団の秘密の謎が気になる面白い展開が描かれた今回だったかと思われます。

次回は宇宙船旅行回になるようですが・・・何者かが乗り込んで来てベルリ王子は眠らされるらしいです。




©創通・サンライズ・MBS

「ガンダム Gのレコンギスタ」レビュートップへ




【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]

ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻 
ガンダム Gのレコンギスタ 1 [DVD]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻 

inserted by FC2 system