ホーム2014第4クール(秋)「ガンダム Gのレコンギスタ」>最終話 「大地に立つ」

「ガンダム Gのレコンギスタ」 最終話 「大地に立つ」

「ガンダム Gのレコンギスタ」最終話。
Gレコ最終話は、地球での最終決戦決着エピソード。
地球に降りてきた各陣営の入り乱れたMS&艦隊戦の決着が描かれる最終回の今回です。
そんな最終決戦ですが、流石の最終回ということだけある素晴らしい作画クオリティのMSバトルが描かれます。
そんな中、ファーストガンダムファンには懐かしいジャブローのズゴック残骸サービスシーンも登場します。
そして戦いは、クンパ大佐などの犠牲者を出しながら、ついにベルリとアイーダ姫が戦いを終結させる平和エンドとなりました。
そして最後は、まさかのベルリが日本の大地に立つ世界一周展開になって、富士山の麓で声優デビューの富野総監督キャラも登場しますw
というわけで、最後はガンダムではなく、ベルリが地球の大地に立つという「脱ガンダム」で締められることになったGレコでした。

お話は、ついに大気圏突破をして地球に降りてきた、ベルリたち各陣営のシーンからスタート。
ここで、4本のサーベルを操る天才クリムのダハックの性能が明かされます。

そこに、キア隊長の子を宿しているクンと筋肉女子のジット団組も現れて、三つ巴のMS対決展開になります。

一方、戦争終結を目的とするアイーダ姫率いるメガファウナ陣営は、アメリアが新たな戦艦を出撃させているのを目撃します。

そして、キャピタル・アーミィのジュガン司令もMSの軍隊を派遣して、戦争好きの人類の姿が描かれます。
果たして、アイーダ姫さまはこの戦いを止めることができるのか否か。

その頃、ベルリはマスク厨のマニィに襲われて大変なことになっていました。
この前まで一緒に仲良く金星に行っていたマニィなのに、どうしてこうなったwww

そんな戦争好きな地球人たちにリーゼント諏訪部はちょっと嫌気が差しておりました。

一方、エリートのベルリが許せないクンタラ根性のマスクも、ベルリをこの世から排除すると言って襲ってきます。
マニィと一緒でマスクもややこしいことになっていますw
そんなマスクのヨーヨー攻撃ですが、G-セルフの全方位バケモノ攻撃で見事に回避します。

そんな中、キャピタル・アーミィとアメリア軍がついにMSと宇宙艦でのドンパチを始めてしまいます。

そして、クンパ大佐と一緒に大気圏グライダーで降りてきた、ベルリママの不時着シーンも登場します。
やたらと不時着描写にこだわりがある描写となっています。
クンパ大佐が頭を打ったり、ベルリママに足蹴りを食らったりと小芝居も無駄に凄いことになっていますww

キア隊長厨のクンのビームウィップでの戦い描写も気合いが入りすぎている最終回です。
そんなやたらとキア隊長キア隊長うるさいクンですが、やはりキア隊長とラブラブだったことが判明の今回です。

天才クリムは、ダハックの4本サーベルを見事に操って、最終回もその天才ぶりを存分に見せてくれました。

そして、「大人がおもちゃを貰って浮かれている!」と戦争批判のラライヤが、アメリア艦を撃墜するシーンも登場!
戦争を批判しながらお仕置きで大量殺戮するラライヤが恐ろしいことにwww 
ぎゃああああああああ、アメリア艦がああああああああ!!!!!

その行為に、「よくやってくれました」とラライヤを褒めるアイーダ姫さまの覚悟も凄いことになっています。
争いを止めるためなら自国の艦を落とすことも良しとする答えを出したアイーダ姫さまでした。

一方、バッテリー切れのG-セルフを狙うマスク大尉とベルリ王子とのMS対決はまだ続いておりました。

ここはなんとかマスクの攻撃を回避して、ジャングルの洞窟に逃げ込むベルリでした。

その頃、天才クリム&ミックとジット団の二人との戦いは佳境を迎えておりました。
ここでクンの電撃攻撃を受けてミックさんが大変なことにww

そして、ついにジット団の筋肉女が天才クリムに葬られてしまいます。
筋肉女逝ったあああああああああああ!!!!!
そんなわけで、歴史懐古厨という正体が明かされたジット団メンバーも犠牲者を出すことになってしまいました。

そんな中、「足手まといだ」とミックさんを戦いから離脱させる天才クリムのイケメンシーンも描かれます。
というわけで、天才クリムも戦いよりも守るべき者がなんなのかに気付いていく最終回となっています。

一方、ベルリはフォトンエネルギーの強い機体を探して、不殺で戦闘をやめさせる不殺バトルをはじめることに。

そんなベルリを愛の力で襲ってくるマニィが恐ろしいことにwww
ベルリにジーラッハでは追えない洞窟の中に逃げられて男泣きするマニィでした。マニィこええええwww

ベルリを追うマスクの方は、道路なんかもある洞窟内で懐かしい宇宙世紀時代のMSを発見しておりました。
このズゴック的なものから考えるに、どうやら懐かしいジャブロー基地で戦っていることが判明します。ジャブローキターーーー!!!
というわけで、最終回でガンダム懐古厨に見事なサービスをしている本作ですw

そんな中、戦争好きのジュガン司令の散るシーンも登場します。
ジュガン司令も逝ったあああああああああああ!!!!!!

ちなみに、メガファウナの殺したのはリンゴくんですw

続いて、クンのMSに巻き込まれてクンパ大佐も逝ってしまいます。
ここでまさかのクンパ大佐も逝ったあああああああああああwwwww
戦争を企む戦犯たちの唐突の当たり前の死が描かれまくりの最終回です。

一方、最後まで暴れていたクンでしたが、不殺のベルリに拘束されて、ついに戦いを辞めることを受け入れておりました。

そして、バトルの最後は、マスクとベルリの一騎打ち展開が登場!
シャーとアムロの生身での一騎打ちを彷彿とさせる頭のくっつけ合いシーンも描かれます。

そんな二人が、お互いのMSをぶっ潰し合いながら、最後の戦いを繰り広げました。
ベルリはコアファイターで無事脱出です。

そんなわけで、戦いの武力での平和的制圧での終結を見守ったアイーダ姫さまでした。
ベルリママもついに待ちに待った息子を抱擁しちゃいますw

その美しいシーンをクンはキア隊長に見せておりました。またキア隊長写真キターーーー!!!

そして、戦い後のクレッセント・シップで世界巡航の旅に出るエピローグ展開が登場。
ここで、まさかのフラミニアさんがちびっ子だったことが明かされますww 宇宙育ちのちびっ子コンプレックス?
また、すぐに敵味方で仲良くなった女性の強さに感心するベルリの姿も描かれます。

一方、クレッセント・シップの操縦は敏腕操縦士のステアがすることになっておりました。

というわけで、チアリーダーたちに見送られて、ついに世界巡航の旅に出たクレッセント・シップです。
それを見守るマスクとマニィのラブラブクンタラカップルの姿も描かれておりました。
あら、ようやくアイーダ姫が選択した世界を受け入れた?

一方、アメリアに到着したクレッセント・シップは、まさかの戦犯の大統領を襲っちゃいます。
ここでまさかの天才クリムの父殺し展開キターーーーーーーwwwww
戦犯は殺されてもいいというもの凄い毒のあるラストとなっています。

そんな中、クンがキア隊長の子供を宿していたことが明かされる希望の種シーンも登場。
どうやらキア隊長の志を継ぐ子は産まれてくるようです。キア隊長の神格化が凄いことにw

そして、クレッセント・シップでは、ベルリに逃げられた負け組のノレドの姿も描かれます。
あちゃー、ノレドはチュチュミの世話係に最終的に収まってしまいましたw
一方、ラライヤはリンゴと教官とのハーレムを続けておりました。

そして最後に、ベルリがシップを降りて、日本の富士山の麓にやって来ているシーンが登場!
サブタイトルがファーストガンダム第1話「ガンダム大地に立つ!!」オマージュの「大地に立つ」でどうなるかと思いましたが、まさかのベルリが日本の”大地に立つ”というラストが用意されていた本作です。サブタイトルで「脱ガンダム」宣言を見事に達成の富野総監督です。意味が違う?w
また、そんな富野総監督が別名義の井萩翼で、ここの農家のおじいさん役で声優デビュー!!
絵コンテでは斧谷稔名義の富野総監督に新たな別名義が誕生しています。
そんな新人声優の井萩翼でしたが、なかなか違和感のないいい演技をしておりましたw

そして、農家のおじいさんに案内されたベルリが富士登山をして、世界一周の旅に出かける地球賛歌シーンで、ついに幕を閉じるGレコでした。

というわけで、∀ガンダム以来の監督作で脚本・絵コンテ・声優とすべてを出し切った?ファーストガンダムの生みの親の富野由悠季作品のGレコがついに完結ということになりました。
果たして本作が「脱ガンダム」をして、子供たちにメッセージを残す作品になったのかどうか、今後も語り継がれる作品になっているかと思われます。




©創通・サンライズ・MBS

「ガンダム Gのレコンギスタ」レビュートップへ




【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]

ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻 
ガンダム Gのレコンギスタ 1 [DVD]第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻第9巻 

inserted by FC2 system