ホーム2016第4クール(秋)「ユーリ!!! on ICE」>最終話 「超超超がんばらんば!!グランプリファイナルFS」

「ユーリ!!! on ICE」 最終話 「超超超がんばらんば!!グランプリファイナルFS」

「ユーリ!!! on ICE」最終話。
ユーリ最終話は、グランプリファイナルフリースケーティングエピソード。
グランプリファイナルフリースケーティングの模様が描かれる最終回の今回です。
滑走はショート失敗のJJからで、意地の200点超えの滑りを披露して3位に食い込むことに。
そして、ヴィクトルに引退を示唆した勇利の出番では、ヴィクトルに喝を入れられた勇利が最高の演技を披露!
ヴィク様をリスペクトする演技内容に変更して、世界最高得点を更新する最終回の滑りを見せます。
続くクリスの演技では、ミナコさんが花冠をかぶせる歓喜の場面もw
そんなわけで、結果は勇利に負けずを頑張ったユリオが優勝して、最後はヴィクトルと勇利のペアダンスで締められた本作です。続編はやりそう?

お話は、前回ラストの勇利の破局発言を受けてのヴィク様の美しい涙のシーンからスタート。
勇利の自分勝手な引退発言にヴィク様も乙女の涙を流します。

そんなヴィク様がおこの流れで、二人の今後がどのようになってしまうのかが気になる最終回が開幕です。

そんな中、テレビ中継演出でグランプリファイナルフリーがついにはじまることに。
最終回ゲストの名選手のステファン・ランビエール本人がまさかの登場!

通訳を介さずランビエールがヴィク様と会話したりしますが、ランビエールを出したかっただけの感もwww

そして、メンタルボロボロのJJのスケーティングから始まるのですが、立ち上がりも最悪の状態となるJJです。
しかし、JJファンたちの涙の応援に応えて巻き返しの演技を披露のJJでした。

得点もあんだけのボロボロで300点超えで、3位に滑り込んだJJです。
これで300点こえてくるとかポテンシャルが高すぎるJJw

続くピチット君は、4回転がトウループの1種類しかないながら、満足の演技を披露することに!
タイでスケートショーを開く夢も披露のピチット君でした。

そして、ついにイチャコラコーチ&選手カップルの勇利の出番がくることに!!!
ギクシャク気味の二人でしたが、ここでヴィク様が自分の選手生命の時間を奪った責任を見せろと熱い喝を入れます。

そんなわけで、最後までどこの恋人描写と思わせる恋愛スケートドラマの本作でしたw

演技の方は、リアルなスケート描写を追求してきた本作の集大成とも言えるステップ描写などにもこだわった演出が描かれることに。
ユリオにサルコウを教わったなど勇利の成長も描かれます。

演技構成もヴィクトルをリスペクトした内容にレベルアップさせて、世界最高得点を狙います!!
最後はヴィクトルの代名詞の4回転フリップを成功させることに!!!

そんなわけで、最終回らしく最後のフリーで最高の演技を披露した勇利でした。
姉も泣いてますがそこまで応援してたんかいw

得点は、ヴィクトルのフリー世界最高を更新する凄い点が出ることに!!
どこがどこにでもいる日本の普通の強化選手が出せる点w

ヴィクトルは、ショートもフリーも記録を更新されて、競技者として復活する意思を固めます。

次のクリスは、イチャコラしているヴィクトルと勇利を見ながらの嫉妬の怒りの演技を披露!!!
演技しながらチラチラヴィク様を見るなwww
そんなクリスが、大人のエロスポーズでファイナルの演技を終えることに。エロクリス。

そして、ミナコさんがクリスに花冠をかけてあげる歓喜の場面も登場!!!
ミナコさん歓喜wwwwwww どんだけクリス好きww

得点の方は、ミスもあって伸びなくて、まだまだクリスのヴィクトル愛の戦いは続きます。

続くオタベックは、レベルの高いジャンプの数々をノーミスで演じるスケーティングを見せます。

そんな中、ヴィクトルがヤコフに現役復帰することを決めたことを告げに行くシーンも登場!
今から演技のユリオに衝撃の情報をここで与えるのはどうなの?w

ちなみに、ノーミスのいい演技をしたオタベックは、180点ほどしか出ずにJJにも抜かれてしまいます。
えー、ショート110点超えで優勝する勢いかと思ったのに点が伸びなかったオタベック。

そして、カツ丼野郎が気になっていたことを明かしながらの、ユリオの最終滑走演技が描かれる時がやって来ます。

転倒などもありながら、手を上げたりする進化したジャンプを次々と披露のユリオ。

勇利も引退撤回の刺激を受けます。

そんなわけで、フリーは豚に負けたと認めながらも、渾身の涙の演技を披露したユリオでした。
そして、結果は僅差でユリオがグランプリファイナル優勝!!!
まだまだ続編を見越してか、勇利には優勝させない本作でした。

表彰式では、まだステファン・ランビエールの出番がありましたw 去年の勇利も見てた設定のランビエールw

表彰式後は、引退撤回の勇利が、来年はヴィクトルと一緒に競技生活しながら金メダルを獲ることを宣言!!
ヴィクトルが勇利のコーチをしながらの競技生活復帰決定キターーーーーーー!!!
その代わりに、来年だけじゃなくもっと競技生活を続けることを約束させられた勇利でした。

そして、勇利のエキシビションが描かれる最終回の特殊エンディングが登場。
ショートフリーショートフリーショートフリーと1年間を全12話に詰め込むのが大変だった本作でしたw

そんな最後のスケート描写ですが、まさかのヴィクトルが乱入してきてペア演技を披露する展開に!
なにこの男同士の最後のサービスの男女ペア滑走ww

そして最後は、勇利とユーリとヴィクトルが待ち合わせをする、俺達の三角関係はまだまだ続くよエンドで締められる本作でした。
「勇利!!!!」
というわけで、スケート描写にもこだわって人気を博した山本沙代作品「ユーリ!!! on ICE」がここで一旦幕を閉じることになります。

再会の言葉で締められましたが、やはり続編はやらざるを得ない?



©はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会


「ユーリ!!! on ICE」レビュートップへ




inserted by FC2 system