ホーム2018第1クール(冬)「ゆるキャン△」>第1話 「ふじさんとカレーめん」

「ゆるキャン△」 第1話 「ふじさんとカレーめん」

まんがタイムきららフォワード連載のキャンプ漫画原作TVアニメ「ゆるキャン△」。
「ヤマノススメ」の登山のようなキャンプを題材にしたゆるいキャンプアニメの本作です。
そんなゆるキャン第1話は、”各務原なでしこ”と”しまりん”の出会いエピソード!
本栖湖のキャンプ場にやってきたしまりんが、引っ越してきたばっかりのなでしこと出会います。
アニメの内容は、しまりんが美しい景色の中でひとりキャンプを満喫する癒されるキャンプアニメとなっています。
そこに行き倒れのなでしこがやってきて、カレーめんを食べさせてキャンプの醍醐味を教えます。
というわけで、なでしこがしまりんとキャンプと出会うめちゃいい感じの第1話で開幕のゆるキャンです。
続く第2話では、しまりんの学校の野クル(野外活動サークル)になでしこが参加することに。
第1話で少し登場していた野クルの2人や斎藤さんが本格登場して、メインキャラも揃ってしまりんの次なるキャンプが描かれる第2話です。

お話は、焚き火でマシュマロを焼くキャンプシーンからスタート。
第2話まで観ていると、斎藤さん、野クルの2人、しまりんのキャラがよくわかることに!
焚き火台で薪をくべているキャンプ知識もバッチリですw

その4人と一緒に本作主人公の各務原(かがみはら)なでしこも当然一緒にいます!

そんなわけで、軽快なOPとともにキャンプアニメの「ゆるキャン△」が開幕!

第1話は、しまりんが自転車で本栖湖のキャンプ場へ向かう自然シーンから。
自然の景色の美術もいいかんじな癒し系なアニメの本作です。

まだ雲でよく見えない富士山はおあずけです。

ここで、なぜか爆睡している本作主人公の各務原なでしことしまりんとの邂逅が!

でも、しまりんはスルーしてキャンプ場に到着します。
しまりんと愛称みたいに呼ばれているしまりんですが、志磨リンというフルネームが判明w
中の人は東山奈央で、テンションの低さの演技がいい感じ。

冬のキャンプ場で富士山を独り占めするという、なかなかのキャンプ通のしまりん。

準備運動をして、一人でたくましくテントを張ってい行くしまりん。
石でペグを打つなどかなりの慣れた手つきを見せてくれます。

準備する手順もしっかり描かれて、これはキャンプをしたくなるいいアニメとなっています。

焚き火をせずにカイロで済まそうとするなど、キャンプ通ならではのひとりがたりシーンが描かれます。

流石に、昼間でも5度の屋外キャンプは焚き火なしではヤバそうですw

そんなわけで、重い腰を上げて焚き火の準備をすることにしたしまりん。
松ぼっくりが着火剤になるとキャンプ知識を教えてくれます。
ナレーターがまさかの大塚明夫で豪華すぎw

めちゃ綺麗な焚き火セットを用意するしまりんが流石!
おトイレに行きたくなるなどトイレからも逃げない本作です。

そのトイレで少し移動したなでしこを発見のしまりん。移動しているw

慣れた手つきで火をおこす様子もいい感じに描かれます。
風を送って火が強くなるところが気持ちいい!

焚き火の暖かさもいい感じに表現!

まったり出来たところで、お友達のりえりーキャラの斎藤さんから連絡が!
第2話で明らかになるチワワのちくわの写真が!

その後、夕方まで優雅に読書のしまりんです。

なでしこの家では、まだ帰ってこないなでしこを心配する井上麻里奈お姉ちゃん。

そして、日が落ちておトイレに行ったしまりんが、帰れなくなったなでしこと遭遇!
知らない土地で行き倒れのアホの子きたああああああwwww
逃げるしまりんを追いかけるも鎖に引っかかってこけるなでしこwwwww

そんなわけで、引っ越してきて調子に乗って遠出をしたアホの子の話を聞くことに。

携帯も持ってきてなくて、カレーめん代も100円しか持っていない可哀想な子のなでしこw
中の人は、あんはぴヒロインやねむりんの花守ゆみり。

そんな迷子のなでしことキャンプで一緒に作ったカレーめんがめちゃ美味しそうなことに!

さらに、めちゃ美味しそうなカレーめんの食べ方を見せてくれるなでしこでした。
なにこの最高に美味しそうに食べる極上なラーメンアニメw

ここで、雲が晴れてお月様が出てくる奇跡が!

というわけで、富士山を見に来た二人の目的がキャンプとともにここで達成されます。
あら素敵なキャンプの出会い。

その後、お姉さんの携帯番号を覚えていたなでしこが、無事迎えに来てもらいます。
なでしこの頭の上がすごいことにw

別れ際に連絡先を渡されて、またキャンプをしようと誘われたしまりんでした。

ひとりでラーメンキャンプをするしまりんにいい仲間ができる予感が!

そして第1話EDでは、新しい学校に通うなでしこの姿が描かれます。
EDテーマは、プラメモの佐々木英梨が担当!プラメモ懐かしいw

その学校では、まだしまりんとはすれ違ってしまうという終わり方となります。

Cパートの「へやキャン△」コーナーでは、野クルの二人が登場!
よく見ればすでにウナギの寝床の細長い部室にいた二人w
なにげにこの二人でサークルを4月に立ち上げてから11月になってしまったという情報も。

そんなわけで、冬の野外は防寒はしっかりとキャンプの注意もしっかりして締められる第1話です。
キャンプ舐めはいかん!

続く第2話は、カレーめんを卒業しようと考えるしまりんのシーンから。
そこになでしこが通りますが気付かない二人w

そんななでしこが向かったのは、登山部ではなく野外活動サークル!
ハードなヤマノススメ登山よりゆるいキャンプをお望みのなでしこです。

その野外活動サークルの部室がウナギの寝床でひどいww

ついに野クルの二人となでしこの邂逅の時が!

野クルの二人は、メガネの原紗友里キャラの大垣千明と、おっぱいキャラの豊崎愛生演じる犬山あおい。
4人の部に昇格するために歓迎されたなでしこでした。

部室では、テントについて教えてもらうなでしこです。
ネットで買った980円テントも登場w

早速、サークル活動で980円テントを張ってみることにするなでしこたち。
そのポールを持ち上げてるなでしこのアホの子のところをしまりんが発見w
ちなみに、なでしこの髪をいじくるのが斎藤さんの趣味のようです。

テントの方は、いきなりポールを折ってしまうドシロウト軍団ぶりをみせますw

なぜか補修素材を斎藤さんが持っていて、無事テント張り成功!
なにその斎藤さんの打ち解けの速さw

そして、ついに斎藤さんのチクリでしまりんがなでしこに見つかってしまいます。
なにこのガラスにぶつかる動物のようなアホの子のなでしこww

というわけで、ついに同じ学校の生徒として再会したなでしことしまりんでした。

そしてお話は、次なるキャンプ場にやってきたしまりんのシーンへ。
富士山の見える有名キャンプ場で冬でもチラホラほかのキャンパーがいます。

アウトドアめしを作ろうと計画してたしまりんですが、今回もカレーめんで落ち着きますw

どこにいるのかを訪ねる斎藤さんとのいつものやり取りも登場。

芝生のキャンプ場での焚き火ルールなども紹介。焚き火台なるものがあることは初耳。

2000円払った分、きっちり散歩をして景色を堪能のしまりん。

キャンプ場でのトイレトラブルからも逃げない本作w

キャンプ場での犬たちのトラップ攻撃をくらってしまうしまりんwww
なにそのリードの長さのトラップww

聖地巡礼したくなるような、しまりんの楽しそうなキャンプ場探索も描かれます。

家でちくわとぬくぬくする斎藤さんの休日風景も描かれることに。
しまりんの居場所をチクる策士の斎藤さん。

一方、ピンクになった富士山を見るしまりんは、なでしこのことを思い出しておりました。
野クルに入るのを嫌がるしまりんがすぐに顔に出してしまうキャラのようですw

すると、「りんちゃーん」と呼ぶなでしこの声の幻聴を聴いてしまうしまりんでした。

じゃなく本当になでしこが来てたああああああああああああwwww ストーカーwww
そのなでしこが斎藤さんのリークでここまで来たことが判明。
そして、カレーめんを食べようとしてたしまりんのために鍋セットを持ってきたなでしこが、新たなキャンプの楽しみ方をしまりんに教えてあげそうなナイスな展開で次回へと続く本作です。

”へやキャン△”では、桔梗信玄餅の食べ方を紹介!
なでしこ流石に一人で食べ過ぎw

というわけで、メインキャラたちもいい感じに出揃って、これからのなでしこたちのキャンプ模様が楽しみなことになっている「ゆるキャン△」です。



©あfろ・芳文社/野外活動サークル


「ゆるキャン△」レビュートップへ



ゆるキャン△ 第1巻(Blu-ray Disc)第2巻第3巻 

inserted by FC2 system